螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

久々に読んだらキュン死にや

なんか無性に「ラブ★コン」を読み返したくなって、3年ぶりぐらいに本棚から取り出してみた。

キュン死にやぁぁぁぁぁぁぁ!

ちょ、やっぱラブコンは面白いな!
やっぱコメディテイストで進んでいくのが面白いし、
リサが大谷のことが好きだって気付いてしまった4巻~7巻が神展開すぎる。
「熊カレー」から「友達と思ってるヤツに~」まで長い道のりだったな!ニヤニヤ!

コメディテイストが強いのでついつい忘れがちになりますが、
リサと大谷ってある意味、少女漫画の王道設定なんですよね。
自分否定の傾向がある女の子と、鈍くてわがまま(照れ隠し的な意味で)な男の子っていうね。
漫才のやりとりであまりそんな感じは受けないけど、基本的にはこーゆー性格だよなっと。

少女マンガの要は、いかにヒロインに共感でき、いかに理想的な相手を描くか。これですからね。
これに笑いを足して、バランス良く作られてるのがラブコンだなっと改めて思いました。
あとやっぱ関西弁なのがいいよね。あれ標準語だったらあんなノリにはできない。

いやー一気読み(といっても家には11巻までしかなかったのですが。確かそれ以降は別マ本誌を読んでたのでコミックス買ってなかった気がします)したら、キュン死にですよ。何度、大谷くんにキュン死にさせられたことか。
マイティが現れてからの大谷くんのヤキモチの焼きっぷりはたまらん。あと小堀くんとのバトル?(笑)
何よりリサは少女漫画最大の要、共感しやすいヒロインですからね。(ちょっと妖怪入ってますがw)


ニヤニヤが止まらないです。
やっぱ少女漫画はいいな!


ラブ★コン (1) (マーガレットコミックス (3487))ラブ★コン (1) (マーガレットコミックス (3487))
(2002/03/25)
中原 アヤ

商品詳細を見る

ちょっと12巻以降買ってこようかな・・・(笑)

スポンサーサイト

PageTop

噂ほど当てにならないとはまさにこのこと

噂とは本当に恐ろしいものだと、そして当てにならないものだと改めて痛感しました。

なにやら、ご近所さんの間では、
私は既に「内定」貰ってることになってるらしい(苦笑)

何がどうなったらそうなるんだ?
内定貰うどころか既に2社落ちてんですけど・・・

ご近所のお母様方は「咲希ちゃんは理系だからやっぱ決まるのも早いわねー。うちの子なんか全然活動してないわよ、大丈夫なのかしら」という認識らしい。
どんだけ青田買いwアナウンサーかっ!(笑)
理系でもこんな時期に決まってる人はほとんどいません。てか、普通にアナウンサーか、よほど強力なコネ持ってる人ぐらいしかいないだろ。あとスポーツ選手とかもそうなのかしら?

ご近所の奥様方にそんなカンジで噂が流れてて、先日母の耳にも入ったそうな。
しかし、その噂の発信源がまた不可解で。

なんか、中学時代の同級生の男子の友人が私と同じ大学でそんな話を持って来たとかなんとか・・・

その同級生の男子とほとんどしゃべったことないし、私は顔知ってるけどあっちが私の顔覚えてるか怪しいし、
そもそも同じ大学の知人って誰だよ。普通に考えて私も知ってる人だよな。
他にも色々情報網は考えられるが、大体、同じ大学って言っても、普通は学科が違ったら名前とか分からないものだし・・・そうすると同じ学科に知り合いがいるのか?
一応名簿を見た限り、知り合いはいなかったんだが・・・一人同級生と同姓同名がいたが、顔があまりにも違いすぎたので99%別人だろうし・・・

というかそもそも何がどうなったら「内定もらった」になるのか。

なんかもう、ちょっと気持ち悪い(苦笑)
せめて、情報源の同じ大学のヤツってのが誰なのか教えてくれ。
というか、奥様方の井戸端会議ほど尾ひれが付く話もないとは思いますが。
週刊誌にあることないこと書かれる芸能人もこんな感じなんだろうか。
ほんと、気持ち悪いw


就活ですが、今度、初の面接受けてきます。
急にケータイなるとビビリます。普段、電話なんて滅多に掛かってこないので。
あと、東京03ナンバーだと、妙に構えてしまうクセがついてるし・・・
面接に関してもなんかもう色々準備不足ですが・・・
「練習」だと思って挑戦してきます。

ただ、ここ、労働条件はいいんだよねー。第一志望の業界とはちょっと離れてるんですが。
というか、私が志望してる業界が労働条件悪すぎるから相対的に良いって話ですが。
お給料もいいし、何より人間として生きていける環境なんですよね。
勤務地も文句なし。社風も割とあってそう。将来性も悪くない。
手に職も就く(これは第一志望業界に関しても一緒ですが)
そーゆー意味ではエントリーしてる会社の中ではダントツに魅力があるんだが、
仕事にやりがいを感じられないのが一番のネックw

仕事中心に生きていくなら、今志望してる業界。
仕事はあくまで生活するための手段で、オフの生活を充実させるなら、この会社の属する業界。

そんなの内定貰ってから悩めっと思うんだけど、私の性格上、やっぱ心の中で「目標にする所」が定まってないと、頑張れないんですよ・・・
高校受験と大学受験がいい例でした。
高校受験はもう、第一志望の高校しか行きたくなくて、そこに行くために凄く燃えたけど、
大学受験は受かればいいやみたいな所がちょっとあったので、結果、余裕だと思ってた第一志望に落ちたわけだし。
なんか心の中をスッキリさせないと、面接も通らないと思うんですよね・・・

とにもかくにも、面接日が近いので、今の私の最大限をぶつけてこようと思います。
こうなったら名実ともに内定貰おうじゃないか。噂を実現させてやろうじゃないか!はっはっは!

とりあえず
今の所の第一志望が5、6月まで選考あるんで、どんなに早くてもそこまで就活終わらないわけだし。
半年弱、楽しんでいこうと思います。・・・とか言っていられるのはいつまでなんだろう・・・

さて、忙しくなる前に「消失」見に行かなきゃな・・・
ただ、上映館が少ないから、公開すぐに行くとごった返してそうなのでちょっと気が引けるというか。
せめてエヴァぐらい上映館が多ければ、もうちょっと余裕を持って見れそうなのになぁ・・・
上映館の数的には、マクロフとほぼ同数だと思うんですが、マクロフでの混み具合はどうだったのでしょうか?常に満席?それとも終盤は割と空いていたんですかね?

ちなみに、私が見にいくなら、千葉ローザ、TOHOシネマズ市川、シネマサンシャイン池袋、新宿バルト9のどれかになると思います。
でも、4館とも使ったことないので雰囲気が分からないんですよね・・・どの席が見やすいのかとか。サイドメニューがオイシイとか(笑)でもやっぱ座席が綺麗な映画館がいいですね。
どこかオススメの劇場はありますかね?

PageTop

最終回はどんな話なんだろう?

久々にアニ銀をリアルタイムで見れました。
(やっぱりアナログ3倍録画と地上デジタルじゃ綺麗さが違いすぎる。発色が違うw)

BGMwwwwww
やると思ってたけどBGMwww
「8時だよ全員集合」はさすがに私も生まれてないので見てないですけど、
「ドリフ大爆笑」はよく見てました(笑)ドドドリフの大爆笑~♪

ということで、私はドリフネタ分かりますけど、
世の私と同世代の人はドリフネタ、ほとんど分からないそうです。
アニメ銀魂第一話のあのドリフネタオンパレード回でも、友人達が唯一理解してたのが「高木ブーのウクレレ」ネタだけだったていうね。ヒゲダンスを知らないだとぉ・・・?

原作でも思ってたけど、お妙さんのボケが輝いてる回ですよね。
前半のボケ倒し、後半のカトチャン談義、ツボでしたw
あと、九ちゃんの「CHA」の言い方www


さて、もう毎年恒例(?)のベンジョンソン来ましたね。
・・・さすがに5年目は困難ということか。だって、4年目が決定した時(1年前)も「無理だろwww」って思ったもん。仕方がないよ。むしろ2年で終了だったのをよく4年やったよ!
クオリティも下がるどころが毎回毎回パワーアップしちゃって・・・
料理ももちろん、アニメ制作も愛が大切!スタッフの愛情たっぷりの銀魂、4年間ありがとう!
残り2カ月、銀魂の面白さを噛み締めていこうと思います(陰陽師編は酷いシ●ネタがありますが 苦笑)


それにしても、カウントダウンには気づいてなかったです。
というか、普段アナログ3倍録画を小さなTVで見てるので気付くわけがないw

PageTop

ドラクエプロデューサの来る頃に

玉ニューが凄いことになってますねw
マジモンメールとかwww来週の放送が楽しみですね。ドラクエファンの方は必見(?)

ざんぷ読みました。
銀魂読みました。

「ひぐらし」より怖ぇーよwww

PageTop

乙女座の斬魄刀には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない

村正ぁぁぁぁっぁああああああああああ

アニ鰤の斬魄刀編終わっちゃいましたね~。
一年か半年ぶりぐらいに火曜日の夕方家にいる用事があって、BLEACH見たら、丁度新章第一話でして、
「斬魄刀擬人化とか、凄いオリジナル展開キタァァァァァ\(^o^)/」
っと興奮してから4カ月(かな?)
今日の放送を持って、オリジナル終わっちゃいました。

毎週は見れませんでしたが、ちょいちょい見てました。ワンセグで見ることも多かったですが。
自分の斬魄刀と対峙する死神というスタンスが面白く、終盤はもう村正が可哀想すぎるだろと。
先日も、鰤好きの方とお話したんですが、「今回のオリジナルは面白い!」と話が盛り上がりました(笑)

アニメオリジナル展開って大抵はつまらなくなるものですが、
今回のオリジナルは普通に面白かったです、私は。ついつい気になってしまった。
以前やったオリジナルストーリーであるバウンド編もね、一応面白かったですけどね。
昨日1025さんとも話したんだけど、なんで石田をヒロインにしちゃったんだろうなって(笑)
1025さん的には「チャドをヒロインにすればよかったのに」とか恐ろしいこと言ってたけど(笑)

今回の斬魄刀編。
やっぱ千本桜(技)は美しいっと思った。一番アニメ映えしてる技だと個人的には思ってます。



種デス再放送。

「パトリック・ザラのとった道が唯一正しきものと!」


サトーさんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
どんだけサトーさん好きなのw
でもね!サトーさんの人気を侮っちゃいけないぜ!あれですからね、サトーさん、「連ザ2」でパイロットとして登場ますからね。しかもちゃんとPLUSモードにも出てきます。サトーさんと信頼度MAX出来るんですよ。どんだけ人気w

そしてシンのツンデレ化が始まりました。
「あなたみたいな人がどうしてオーブなんかに」
ま、ここら辺、スペ猿エディションで消えちゃいましたけどね。
なんでも、聞いた話では、プクタンのイメージするシンとアスランの関係は「ただの上司と部下」なんだとか。
で、嫁のイメージする二人の関係がこの「本編」なんですよね。・・・イメージが噛み合ってないじゃないかw

「今は俺が隊長だ!命令するな、民間人がぁー!」
害なるプラスで落胆させられても、やっぱり私はイザークが好きなんだなっということを痛感しました(笑)

そして、今回の最大の目玉、キラ・ヤマト登場!
・・・当時は乱舞したものですが、今となっては・・・・・・(苦笑)


CMでは、ついにDVDBOXのCMが始まりました。
結局買うのは断念したのですが(やっぱ特典なし、BDじゃないっていうのもあるけど、何より「急に見返したくなったな~」っと思ったらツタヤに行けば済むことに気づいてしまった。ドマイナー作品と違い、種デス置いてないツタヤが存在してたらビックリってぐらいメジャー作品ですしw)
きっと再来年、BD(もしくは更なる次世代型記憶媒体)が出るさ!SEED10周年記念で!そう思ってる!



あ、記事タイトルは完全に中の人ネタです(爆)
酷いパロディで申し訳ない。


PageTop

なんか鬱憤が溜まってるみたいだ、毒吐き注意

YAHOO!トップページで「ブロガーの困った」特集やってますね。
(私は未だに検索はgoogleよりYAHOO派ですw)

「ブログの内容真似された」っていう見出しがありますが、その気持ち、ちょっと分かります・・・
私も「あれ?なんかこれちょっと私の書き方に似てるような・・・昔はこの人、こんな書き方してなかったよなー」みたいに、思うことがあります。
私は別に真似されたからと言って嫌だって思う人間ではないですけど、純粋に、人の真似したブログ書いて意味あんのかな?っとか思ってしまいますね。書く意味なくね?自己表現の場なのに、人の真似したら自己表現じゃないじゃん。他人の模写じゃん。
私なりに、オリジナリティ出そうとして始めたことだったり、書き方だったり、一応私なりのスタイルがあるんですけど、それがどうして丸々同じ表現になるのかなーって。インスパイアってレベルじゃねぇーぞっと。
ま、別にいいですけどね。

ただ、私は「人と同じことをする」っていうのが嫌いな人間なので、どうして真似したがるかが理解できないっという話でした。
友達と文房具が被るのも嫌だし、ipod(林檎社)だって、私が欲しかった色を友達が持ってたが故に諦めて、まわりまわってウォークマン(ソ●ー)になっちゃったし(苦笑)
中学生ぐらいの頃までは、数学の解き方も、先生が黒板に書いた解法 じゃない方法 を見つけ出し、ノート取ってたっていうね。どんだけ天の邪鬼(さすがに高校生になったらそんな芸当できるような難易度じゃなったので今は素直にノート写してますけどねw)

もちろん人と同じが嫌だって言っても、素晴らしいものは素直に認めますよ。
で、自分にも取り入れたいと思ったら、「引用」という形をとりますね。
「●●さんに触発された」とか「●●さんの意見と同じで」って、必ず前置きをします。
実際、私のブログでもそーゆー書き方多いと思います。

今やってる脚本企画も、何故読者の方から頂いた案を紹介しているのかっというと、私の案は、皆さんの意見にインスパイアされてできたものだっというのを伝えたいからなんです。
コメントは皆さん読めますけど、メールの形で頂いた文面は私しか読めないじゃないですか。
だからいくらでも皆さんの案を私の手柄にすることはできるんです。
でも、人様の努力を自分の手柄にするのはどうしても私の良心が許さないっていうか。良心っていうか、そんなことしても意味ない、むしろ虚しくなります、私の場合は。


そんな人間なので、ファッションも流行はさすがに意識しつつも、雑誌に載ってる服と同じものは絶対買わないスタンスなので、いつの間にか「独創的」だの「個性的」だの言われるようになってしまったっていうね(苦笑)

ツイッターも、面白そうだと思って、やってみようかな~なんて考えてたら、なんか空前の大ブームになってて、やる気が冷めたっていうか。
つーか、話変わるけど、なんでいきなりツイッターって人気出たの?ツイッターってもう2,3年ぐらい前からあるよね?出始めた頃は「面白そう」って思ってたんだけどねー。どうして急に火が付いた?誰か有名な人が始めたりしたの?
多分、ツイッターの流行が去った後に私は始めると思うよ(笑)
というか、「簡易つぶやき」っていう機能だけなら、旧ブログでやってたけどね(笑)


で、ヤフーのブロガーネタ特集で、「ブログが見つかってしまった」とか「ブログが負担になってきた」とか本当よーく分かるその気持ち。
今でこそ、弱小ブログなのでほとんどありませんが、旧ブログ時代はもう厭らしいメールに悩まされたものですよ(苦笑)
何度ブログを閉鎖しようと考えたことか・・・
私は「自分に厳しく、他人にも厳しい人間」なんですよね、本当損する性格してるよな・・・・・・はぁ。

PageTop

リフレッシュカラオケ

今年に入ってから頂いたメールのお返事、送らせていただきました!
新年のご挨拶がこんな月末になってしまい・・・本当に申し訳ありませんでした!
コメント返しも今週中にはできるかと思います。もうしばらくお待ちくださいませ。
私に時間的、精神的余裕をくれ!(号泣)

これから1025さんとカラオケ行ってきます。
本当はやらなくちゃいけないことが山積みなんですが、今日を逃すと当分リフレッシュできなさそうなので強行突破!
ダラダラES書くより、スカっとストレス発散した方が効率もよさそうだし!多分!
やっぱ1025さんとは小中高と一緒だったので話も合うしね。

おっとそろそろ時間だ。
行ってきます!!!


PageTop

今晩のゲストは梶浦さん

※一部訂正しました。

今晩のアニメギガのゲストは梶浦由記さんです。

アニメ音楽界の天才って言ったら、梶浦さんとやっぱ菅野さんですよね・・・二大天才だと思ってます。
梶浦サウンドは真似できないと思います。コーラスの使い方がこんなに上手い人を私は見た(聴いた)ことないです。
ハーモニーが美しすぎる。先日のMJアニソン特集でKalafina(梶浦プロデュース)のライブを見たけど、あまりの美しさにTVの前なのに鳥肌たったもんなぁ・・・

まぁ、曲が壮大すぎるので、アニメ本編がつまらなすぎると音楽だけ惹き立って作品崩壊しかけた例もいくつか思い当たりますが(爆)
ど●●●●くル●●とか・・・(※コメントでご指摘いただきました。この作品に関しては勘違いだったようで、本当に申し訳ないです)
梶浦サウンド使うならそれなりの作品にしないとね・・・本当、浮くよ。安易に梶浦さん使うのは身の破滅だと思います(辛口コメントですみません)

独特のサウンドの秘密、ヒントが聴けるんじゃないかと、今からワクワクです。
あと、これ、あんま関係ないけど、最近無性にFictionJunction YUUKAの「荒野流転」が脳内エンドレスリピートで困ってます。
荒野流転いいよね!

PageTop

受賞おめでとう

ちょっとネト落ちしてる間に・・・・・・

「SKET DANCE」が小学館漫画賞少年向け部門で受賞したそうですね!

おめでとうございます!
本当、10週で打ち切られなくてよかった!(号泣)
だってさ、私が本誌で読んで第一話を面白いな~っと思った作品で生き残った作品って一つもありませんからね。
コミックスから入った作品で「一話から面白れぇ!」はあるよ、そりゃたくさん。なので私の好みが悪いとかそーゆー問題ではないとは思うんだけどね・・・
そんな死神法則当たりまくりの中で唯一生き残ってるのがスケットですからね。そりゃ思い入れありますよ。熱も入りますよ。


最初こそ、「劣化銀魂」とか言われましたけど、最近は明らかに銀魂とは違う路線を開拓してると思いますよ。
というかそもそも、設定とかは確かに似てるけど、笑いのツボが違うというか。笑いの種類が違うと思います。

最近、読者の方から「スケット読み始めました!」というメールを2通ほどいたり、地味~に浸透している感じが嬉しいです。確かに、好き嫌い分かれる作品だとは思いますが(連載当初は「オッサンホイホイマンガ」とか一部では言われてたしなw)、読まず嫌いな人はまずは一読してみてほしいなっとか思いました!

これからも地味に連載が続いてくれることを願うだけです。おめでとうございました!



※ちなみに、スケットが何かにつけて銀魂と比較される理由(初心者向け解説)
・作者が空知先生(銀魂作者)の元アシスタント
・主人公(スケット団)が三人組(男二人に紅一点)
・ライバル(生徒会執行部)の存在(当初は真選組のメンバーと若干キャラ被りしてた)
・連載当初、打ち切り寸前の所で、新キャラ(生徒会)投入で浮上(この浮上の仕方が、真選組投入で浮上した銀魂によく似ていた)
・実年齢は篠原先生の方が上だが、空知先生は実年齢より若干上世代のネタを使うので、ネタが被る・・・気がする。

とかでしょうか。
確かにスケットと生徒会はあれですけど、他のキャラはまるで被らないというか、
さっきも書いたけど、求める笑いの種類が違うので、被るはずがないというかw




PS
ホント、どーでもいいことですが、最近思ったことなんだけど、
篠原先生と城平先生(スパイラルの原作者)ってちょっと雰囲気似てないか?(爆)
篠原先生に親近感沸くのは、城平先生に似てるからな気がしてきた。


果たして、スケットとスパイラル、両方通じる読者様が何人いることやら・・・(汗)

PageTop

文才が欲しい

CDマガジン ウィーン・フィル魅惑の名曲~小澤征爾/ドヴォルザーク「新世界より」~CDマガジン ウィーン・フィル魅惑の名曲~小澤征爾/ドヴォルザーク「新世界より」~
(2010/01/19)
不明

商品詳細を見る


買ってしまった(笑)
どうも、ご無沙汰しております(?)、時野です。
やっとこさ、ブログ更新できる程度に書類が片付いた。・・・まだ山積みだけど、一息は吐くぐらいなら

たくさんメールを頂いているのに、まだお返しできてなくてすみません・・・
2010年に入ってから頂いたメールは一通も返せてないという酷い状況です・・・
新年のご挨拶が月末とか・・・ほんと申し訳ないです・・・
明日中にはお返しできるかと・・・思います・・・ほんと自分ダメすぎる・・・・・・

ESがホント書けない。大体、学業以外に頑張ったことがO☆TA☆KU活動なんで、ESに書けねぇっていうね。
「趣味を生かした特技を書いてもいいですよ」っていうけど、「声優さんの声を少し聞いただけで当てられる」とか「作画監督さんの名前をある程度当てられる」とかそんなこと書けるわけないじゃないか!アニメ業界志望ならまだしもさ。(まぁ、バ●ダイさんは、ガノタを採らないことで有名ですけがw)
オタクとは程遠い業界を志望しています。
お蔭さまで、いらぬ夜更かしが続いております・・・まぁ、課題に追われてた頃よりは睡眠時間取れてるんで問題ないですけど。よく半年前まであんな生活できたな自分・・・半年前の生活が信じられない。

っと話を本題に戻しましょうか。


オーケストラ好きな私なので、今朝CMでCDマガジンでウィーンフィルの刊行が始まったと聞き、居ても立てもいられず、気付いた時には書店に足を運んでいたという・・・
だって、創刊号がドヴォルザークの「新世界より」ですよ。私が一番好きな曲じゃないか。
ウィーンフィル×小澤征爾+解説付き=創刊号690円って、買わないわけがない(笑)
(小澤さん、早く元気になってほしいですね・・・!)

好きな曲はメジャーですが、好きな楽章は「第三楽章」っという、こっちはちょっとマイナー気味な私。
第二楽章(家路)と第四楽章はあまりにも有名ですが、第三楽章もいい曲ですよねー?私はとにかく第三楽章が好きです。

そういえば、ブログではあんまりオケが好きだって話題は出してない・・・かも?
実は先日もN響の定期演奏会に行ってきたばかりだったりします(笑)
好きな楽器はチェロです。中低音ハァハァ!低音~中低音が好きすぎる。
時間とお金に余裕ができたらチェロ習ってみたいなっとか密かに思い続けて何年になるかな?(苦笑)

しかし、オケ好きのくせに、のだめブームには完全に乗り遅れたっていうね。
ドラマ化する前から漫画の存在は知ってたけど、ずっと読んでなくて、「そろそろ読もうかな~」なんて考えてたら一気にのだめブーム到来で、逆に手が出しにくくなったっていうか(笑)

どうでもいい話ですが、よく「車のハンドルを握るゴツゴツした男の人の手がツボ」とおっしゃる女性が多いですが(まぁ、私もその一人だが)、チェロを弾く男性もポイント高いと思うんだよね!(視点が最低だな!)

PageTop

GW!早く私を楽しませにいらっしゃい

いつまでも辛気臭い話をトップに載せておくのは・・・とは思いつつ、
取り立てブログに書く内容がなく、既に日曜日・・・
書く内容がないっていうか、書けない内容が多いってカンジですが。
就活地味に忙しい。忙しさだけで言ったら課題に追われてた頃の方が断然忙しかったですが、
それなりのゴールがある課題と、いつ終わるか分からない就活では精神的苦痛度が違う。
これは治さなきゃいけないなっと思ってる私の欠点ではあるんだが、心配事が一つあるとそれが解決されるまでずっとモヤモヤしちゃうタイプなんですよね・・・基本人格なので変えようがないっちゃー変えられないのですが、もう少し楽天的とは言わないが、細かいこと気にせず生きたいです。というかそうじゃないと社会で生きていけないよなぁ・・・
分かってはいても、これが私の性格だからな・・・治しようがないですよね、やっぱ。

って、また辛気臭い話になってしまった。

だってさー、明るい話題がないんだもん。感想書きたくなるようなアニメないんだもん。
4月からはバサラ、6月からはハルヒ、10月からはミラトレっとコンスタントにネタにできる作品があったのに、今回マジでいじりようがないです。唯一感想書けそうなのはマクロスFの感想ぐらいですかね。
でも、そこまで大ハマリしてるわけじゃないしな・・・オチが分かっているので、「ああ、これが伏線なのか」っとニヤニヤするぐらいしかできない。
感想は「面白すぎる!!」っていうエネルギーがないと書けないものなのです。

GWはねー面白いとは思うんだけど、ウチの読者様にGW好きが多いのを知った上であえて言う。
どうも私はガンダムW合わないみたいなんですよねー。
まぁ、やっと終盤に差し掛かってきたのでこれからなのかな?っとは思うんですが、どうも中盤までが・・・
面白いけど、なんかパンチが足りないっていうか・・・どうも共感しにくいというか。
戦争に美学美学言われてもな・・・リリーナの反戦美学は共感できるが、トレイズ様レベルまで来ると・・・
美学よりは「死の商人」(種死)とか言われた方が好感持てるなーっと。
15年前の作品だから今と感覚が違うからなのかなっとも考えたが、GWの後放送されたGXはツボストライクだったからな・・・
個人的には

種(無印)>00(1stシーズン)>GX>00(2ndシーズン)>>GW>>>種死

なカンジです。その時の心境で順番は多少入れ替わりますが、今の気分はこんなカンジ?
あくまで時野個人的な心証の話。


GWは乗る機体がなんか結構変わるっていうか。未だに機体名分からないガンダムとかいるんですが。なんかこう、愛着が沸きにくいです。やっぱ自分の機体に愛着持ってるパイロットが好きです。そうゆう点では五飛が一番好きかも知れません。どんだけナタクw
なんかもう「俺がガンダムだ!」とかこれぐらい言ってくれるとスカッとします(笑)
同じ理由で、00が1stより2ndの方が個人的評価が低いのは機体への愛着度の問題かなって。
1stは「俺がガンダムだ!」に始まり、「抱きしめたいなガンダム!」だの「フラッグを駆ってガンダムを倒す」だの「ガンダァァァァァム」だの、愛が重すぎる話だったじゃないですか。でもここが面白かったよなって思います。
2ndでは、ガンダムおよびMSはただの「手段」になってたからな・・・

↑の順位付けですけど、視聴後の爽快感はGXがダントツですけどね。
GXもね、50話やれればもっとよくなっただろうに・・・つか、GXこの間ちょろっと見返したけど、やっぱ面白かったです。どうしてこれ視聴率伸びなかったんだろう・・・確かに地味だけど。

話はさらに飛ぶけど、先日某アニメショップで、ガンダム30周年記念楽曲CDが店内放送で流れてました。
ガンダム主題歌で好きな曲は「嵐の中で輝いて」(第08MS小隊)が個人的ダントツNO1の曲ですが、長期放送された作品で選べって言われれば、GX第二期OPが好きです。好きなアニソントップ5に入るぐらい好きな曲です。
やっぱいいよね、GX。



っと、ここまでGWの愚痴を言ってみたわけですが、
私の法則では、悪口を書いた作品は最終的に良くなるっていうプチ法則がありまして。
ラストクールで、GWが面白くなることを祈願した辛口コメントでした!(笑)

あと、皆さんの評判がいい、劇場版「エンドレスワルツ」が早く見たいっていう。
主題歌いいですよね。やっぱTWO-MIXいいよねー。燃えるよねー。


記事タイトル。
分かりにくいけど「ヒイロ!早く私を殺しにいらっしゃい」が元ネタです。

PageTop

まだエンジンも吹かしてないのに

新年あけてまだ2週間ですけど、既に第一志望の企業に落ちたってどーゆーこと(苦笑)
ちょっぴりお久しぶりです、時野です。

てなわけで、落ちました、さっそく。
なんつーか、採用試験一発目が第一志望ってどーゆーことだ。
よく「一番最初に第一志望は受けるな、その前に経験積んでけ」って言いますけど、あまりにも早すぎて対処のしようがないじゃないか!
だって、年末に説明会に参加したら、「年明けSPIと簡単なES書いてもらいます」って言われてもね!
ま、落ちた理由は分かってるんです。どう考えてもSPIです。というか他に落ちようがないwあんな簡単なESだけで落とされてたまるか!

まぁ、でも、落ちた理由が勉強不足という100%自分に落ち度があるので納得というか。
なんか、就活のエンジン回す前に突き付けられたので、なんか実感わかないっていうか、「あーそうかー」みたいな。逆にさっさと諦めが付いてスッキリした気もする。なんか悶々としてたもん、この会社のことで。
他社ですが、夏のインターンの書類選考落とされた時の方が落ち込んだな、正直。

やっぱ中小企業狙いだと選考時期が早いよなぁ~。一応(倫理憲章守ってる)大手の選考が始まるまでには色々間に合う気がするが、どうも選考スケジュールが早いところは後手に回ってしまうな・・・

しかし、第一志望が既に消えたことで、逆に志望業界が定まったような。なんかホント、モヤモヤしてたものがとれてスッキリしてるのは何なんだろう。
多分、落ちた所は自分に向いてない所なんだと思う。
大学だって、最初は「こんな大学行きたくねぇーよ。なんで滑り止めなんかに」って思ってたけど、3年間過ごして、なんだかんだ言って、今の大学で良かったと思うし、逆にあの頃第一にしてた学校行ってたらもっと酷いことになってた気もする。
うん、なんか落ちたことが分かったら逆にやる気が起きた。
なんか、「私を落としたこと、後悔させてやる」って気分になりました。

っとまだ1社目なので心にゆとりがありますが、これ、3月頃とかどうなってるんだろう・・・怖いよぉ・・・
皆さんに八つ当たりしないかが心配です。心荒んでても温かい目で見守って頂けるとありがたいです。



アニメな話題がありません・・・視聴番組少なすぎるからね・・・
あと、先週、正月ボケにかまけてGW見逃してしまったんですが、今週、その時間にTV付けてもGWやってなかったんですけど。・・・今週だけお休みだったのか、時間帯が変わったのか。
よく分かりません。
先々週(去年の話ですね)の感想だけど、トロワが生きてて良かった。記憶喪失だけど!

あと、種死再放送も楽しいです。
なんだ、序盤の頃は良く戦ってるじゃないか(バンクの素材を作ってる所ですねw)
先週も書いたけど、やっぱブラストインパルスはカッコイイ。もっとブラストの活躍シーンが見たかった。
あとなんだ、まだキャラが定まってないカンジのシン・アスカとレイ・ザ・バレル萌(笑)
シンかわええな。なんだろう、この頃のキャラで突き進んだら、それはそれでまた違った種死になった気がする。
レイも終盤の落ち着いたレイもいいが、なんかこの序盤の「新米パイロット」っぽいカンジがツボ。
ルナマリアもカッコイイしね。これがどうしてあんな面白キャラになってしまったのか(爆)

そうそう。いつも
第一話
「また戦争がしたいのか、アンタ達は!」(俺、超カッコよく決めた!)→「戦争が無くならないから力が必要なのです」(議長ぉぉぉオイシイ所もっていかないでぇぇぇぇ)

第三話
「コア・スプレンダー行きます!」(出撃シーンカッケーじゃん俺!)→「名はその存在を表すものだ。ならばもし、それが偽りだったとしたら・・・アレックス、いやアスラン・ザラ君」(またアスランに最後持って行かれたぁぁぁぁぁ)


みたいなね。カンジで。第二話も確か議長だかアスランだかが締めてたと思います。
で、ようやく第四話!もうEDのイントロ流れている所で、シンの部屋。
4話。放送開始一か月にしてようやくシンで締める時が来た!
妹の形見のケータイを開くシン。

「はいマユでーす。でもマユは今お話しできません!」→遠く離れてるほどに~♪

結局妹に持って行かれた主人公。シンが主人公になる日は・・・一生来ないんじゃないかな!(号泣)
てか、やっと巡ってきたシメがシスコン全開って・・・(っと言ってみましたけど、別にシスコンじゃないというか。家族の形見がコレしかないんだから仕方がないじゃないか)

哀れなシン君に幸あれ!
今のところ、シンにとって良かったことなんて、ラッキースケベぐらいしかないよ(爆)
戦闘能力も、4話を見る限りではやっぱ レイ>シン ですよね。機体スペック的にはシンが上なので活躍してますが、純粋に技量だけ見たらレイの方が上ですよねー(笑)素人目にはそう見えた!
で、この演出が憎い!レイの方が動きが良いからこそ、12話のシン初種割れが活かされるんですよねー。
ホント、序盤の演出は神がかってるのにな。どうしてああなった。


PageTop

「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」アニメ化決定

先日書いた、ファフナー新作の件。
公式サイトで正式に発表されましたね!

「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」

人になりたかった、そう皆城総士という名の人間に

これは総士が帰ってくると考えていんですか?てゆーかもう総士とまた会えるのならそれでいいや。
どーゆー形でのアニメ化は分からないけど、新作見る前に久々にファフナー見なおそうかな!
ところどころ記憶が曖昧だし。

てか、ムービーの後のあの絵(TOPページ)は何www
ちょ、さすがにあれは引きますけど。ファフナーってあくまで私の主観だけど、視聴者の男女比が半々ぐらいなイメージなんですけどね。それであれはいかがなものかと(苦笑)

これだけで誤解されたら損だよな・・・そんな話じゃないんだけどな・・・
「RIGHT OF LEFT」では面白いぐらい号泣したしなぁ・・・


しかし、絵柄もまたちょっと変わって・・・
バックにいるのは、一騎のママなのか、甲洋なのか(爆)
・・・ママだよね?でも一瞬甲洋かと思ったんだよ。



「HEAVEN AND EARTH」どうなるか楽しみです。



PageTop

NHKは天衣無縫の極み

NHK\(^o^)/ハジマタ

ここ、2,3年、色々凄いNHKさんですが、またしてもやってくれた。

「テニスの王子様 OVA 全国大会編」

が放送開始・・・・・
新聞で知ったんですが、目が点になりました。
そりゃ、昔、劇場版テニプリを放送したことはありましたけど、まさかOVA作品を週替わりで放送するとは・・・夏休みの朝一挙放送とかなら前例あるけど、まさかプラネテス枠の後釜がテニプリだとは・・・

で、テニプリも大層気になったのですが、時間が被ってた「MJアニソンSP 2」の方をとりましたw

アニソンSP2、面白かったです。
で、色々序盤も「このチョイスはいいな!」とか考えながら見てたんですけど、そんな感想も吹っ飛んだ。

JAMってだけで燃えるのに、選曲が「SKILL」だとぉ・・・・・・・!

タイトル見ただけで興奮しました。で、サビの辺りはもう完全に痛いオタクでした。
でも、SKILL聞いて燃えない人とかいるの?みたいな(笑)mottomotto!!

やっぱ「アニソン」って言ったら「JAM Project」なんで、私は。
アニソンって言ったら真っ先にJAMが浮かぶな。JAMのライブとか超行ってみたい。でも私はライブは酸欠で倒れるのが分かりきってるので行けないんだけどね。

他のアーティスト紹介。

中島愛
ELISA
May'n
kalafina
妖精帝國
堀江由衣
水樹奈々
JAM Project

ちなみに、まめぐちゃんとMay'nのコラボで「ライオン」も歌ってくれましたよー。
TVでは初お披露目だそうです。
Kalafinaのクオリティはハンパないですよね。さすが梶浦プロデュース。ハーモニーの美しさはハンパねぇ。
今回はそれぞれ一曲ずつでしたが、今度BS2で完全版の放送がありますよねー。こっちも期待。
ほっちゃんの「バニラソルト」は私も結構好きなのでね。(完全版予告で歌ってましたよね?バニラソルト)

第三弾も画策してるようですがw
次に出るとしたら、やっぱ田村ゆかり、平野綾辺りが出るのかなっとか予想中w


それにしてもさすがNHKですね。
NHKじゃなきゃ呼べなさそうなメンツ勢ぞろいですよね。
ホント、NHKのオタク向け番組が本気すぎて困る。
民放のこの手の番組は「にわか」タレント使って濁すけど、NHKはガチな人呼ぶもんね。
こーゆー時、受信料払ってて良かった!オタクで良かった!日本に住んでて良かった!って思います(苦笑)


来週からはテニプリ全国大会篇を見ようと思います(笑)


PageTop

ちょ、お前、焼きそばパン買って来いよ

銀魂新ED見ました。

曲はなかなかいいですね。で、映像。

3Zキタァァァァ!

3Z卒業式風味のEDでしたね。ああ、ホントにアニメ終わっちゃうのかな。
私は正直言うと、小説版銀魂(つまり3Z)はあまり読んでません。
だって、銀魂の面白さは空知先生が書かないと面白くないよ、やっぱ。
ただ、ちょこっと立ち読みとかはしてました。
そんなにわか3Z好きの私が好きな3Zでのキャラは彼です。
そうです






似蔵です(爆)

2巻か3巻か忘れましたが、書き下ろしピンナップでの
「晋ちゃーん!パン買ってきたよ!」
で腹筋崩壊しましたからね。パwシwリwwwww
そのピンナップもEDで再現されてましたよね。似蔵かわいいな!
本編銀魂の鬼兵隊でならダンチでまた子スキーですが、3Zはパシリ似蔵がツボすぎる。
とりあえず、似蔵は銀さんやヅラに嫉妬する前に万斉に嫉妬した方がいいと思うよ(笑)
妙に絵になってたよね、ED画の万斉。
そして3Z仕様の高杉はホント、ギャグキャラにしか見えないですよね!いいぞもっとやれ!(酷)
すみません、鬼兵隊のカットに興奮しすぎた。だってまた子も可愛いし、お気に入りのカットです。

あと、真選組の新撰組風ハッピ噴きました。


しかし、今年の主役(?)の坂本先生(@数学教師)が見当たらなかったです。いました?
「金時!」
「俺今「銀八」なんだけど、一文字も被ってないんだけど」
みたいなやり取りが面白かったなっと記憶している。


なかなか良いEDでした!
OPは外道丸と清明お兄たまに変わりましたね!(笑)
動いてるお兄たまが見れるのですね!嬉しいです!(笑)

本編の猫は、石田さんの暴走が凄かった、なんじゃアレw
にゃん♪の言い方。あと正体明かす前のアレw

そして「なんなのこの子、一体どこから来たの、一体どこまでバカなの」に感動した。
4年やってきて、近藤さんが始めて報われた気がします。ま、ミジンコレベルの話ですが。
良かったね、ゴリラ・ゴリラ・ゴrじゃなくて近藤さん!(泣笑)

そういえば、今週も危ないBGM流れてたけど、あれはゴリラじゃなくて猿だろwwww


コミックスを買ってまだ1週間経ってないんで、つい先日書いたばかりだと思うけど、
土方さんのキャラ崩壊が凄まじいな!
アニメオリジで崩壊は今までにもあったが、原作でここまで痛さ露呈したのは初めてに近いよ。
なんだろう、崩壊するなら崩壊するでさっさと崩壊してくれないかな!中途半端なカンジが一番拷問です。
いっそ、「堅物クソマジメキャラ?そんなのいたっけ?」「九ちゃんのことでしょ?」っと読者おろか作者にも忘れ去られたアイツぐらい壊れればいいのに(苦笑)

原作でも腹筋よじれたのに、アニメで動きと声が付いたらもう呼吸困難www
ベンチの上に立ってマヨチュッチュとか私もちょっとぶん殴りたい気分になったw
面白かったです。


PageTop

横浜-千葉を一本で繋ぐ横須賀線は神。

横浜に小旅行にでも行こうと計画していたのに、結局寝過したっていう・・・

本当、自分のインドア体質というか引きこもり体質をどうにかしたい。
時間さえあれば寝てしまう自分をどうにかしたい。
絶対的に睡眠時間が足りてなかった前期までと違い、今は毎日たっぷり寝てるのに・・・

小旅行は結局つぶれましたが、近々別件で横浜には行きます。(就活ではないですw)
実は下見を兼ねて行こうと計画してたのだが・・・

バイト先にお土産を買っていこうと思うのですが、横浜名物ってなんだろう?
親に言ったら「シュウーマイとかは?」って言われてたんですが、シューマイなんかバイト先に配れるか!
お菓子系がいいです。何かないですかね~。できれば横浜駅で買えるといいかも。あと馬車道駅とか関内駅辺りで。


PageTop

ぼくがかんがえたしーど

随分前の話ですが、
妄想脚本企画のセリフ一部抜粋を載せましたが、「このセリフ誰のセリフなの?」っというご意見があったので、答え合わせ。
前回載せた時は、キャラ毎にまとめつつも、会話の部分はそのまま交互にしゃべらせていたのですが、今回は完璧にキャラ毎に分けました。なので、出てくるセリフの順番は前回の記事とは若干異なります。
一応、こんなカンジで作ってます↓



■シン
「俺の家族はアスハに……オーブの理念に殺された。なら、その犠牲の為にもオーブには理念を守ってもらわないといけないんだよ!それを今更捨てるなんて許せるもんか!」
「アンタ言ったよな、理念なくして国はないって」
「俺はアンタを許さない。でも、理念を捨てるアンタはもっと許さない」
「レイ、お前はお前だろ!?議長だろうが、キラ・ヤマトだって関係ない!そうだろ!?」
「俺の家族は贋物なんかじゃない!」

■カガリ
「私はオーブ連合首長国の長として、この国を取り戻す。いつかお前が帰ってこられるような国をな!」

■キラ
「アスランの言うことは分かる……でも僕はこの戦いを見過ごせないんだ!」
「失った花と同じ花は二度と咲かない。でも、僕は、いくら吹き飛ばされてもまた花を植えるよ……二度と吹き飛ばされることがなくなるまで」
「あなたには戦ってる人たちの叫びが聞こえないのか!」
「赦してもらえるとは思ってないよ。でも僕はいつか彼と握手がしたい、本当に心からのね」

■アスラン
「自分はあくまでザフトの軍人です。だからフェイスのバッジも受け取りました。そんな生半可な気持ちで軍服は着ていません!」
「あいつも分かってはいるんだ、きっと……。ただ、まだ気持ちの整理がついていないだけなんだ」

■ルナマリア
「随分と熱い男になったじゃない。悪くないわよ!でも、どうやら私が好きだったレイ・ザ・バレルはもういないみたいね!」

■レイ
「残念だな、俺が好きだったルナマリア・ホークもいないようだな」
「アンタは行け。ラクス・クラインを助けないといけないだろう?」

■ミーア
「お願い、アスランを信じて。私にはどうしてもアスランがスパイだなんて信じられないの」

■タリアとアーサー(もうどっちがどっちかは分かるよねw)
「……敵に同情しようなんて、こんな甘い考えはいずれ足元を掬われるハメになるわね」
「しかし、艦長。私も艦長の考えに賛同します。……やはり、身の上などを考えると殺せと言われても……」
「私もあなたも指揮官として成ってないわね。アーサー、あなたその分じゃ一生昇進なんてできないわよ」
「えええぇぇぇ……!!」

■ネオ(もしくはイアン、ジブリール)
「違いますな。ここは大西洋連邦ですよ。カガリ・ユラ・アスハ元首長」
「おい、ムウ、見てるか?俺はお前に憧れてたんだぜ?」

■ユウナ
「なんでだ、僕たちはちゃんと地球軍に味方していたのに……なのになんで僕がこんな目に遭わなきゃいけないんだよ!」

■アウル
「お前みたいのがガイアに乗ってたなんてなー」
「ステラかもって、そう思ってお前を助けたんだ。ステラはどうした!?」

■スティング
「俺、すぐ言わなくちゃならねぇーって、お前に今すぐ言わなくちゃって……きっと俺が眠ったらこの事をお前に言えなくなるから。そんな気がするから……」

■ヨウラン
「俺がいつでもラクス・クラインのライブDVD貸してやるぜ!」


多分、ミーアとアウルのセリフは分からなかった方が多いのではないかと。
ここ、完全に妄想も甚だしいので。
最後のヨウランは完全なるギャグです。でも誰からも突っ込んでもらえなかった・・・(苦笑)
今書き終わってる部分でも、9割方ギャグ要員だもんな、整備士コンビ。最後には見せ場作ってあげたい。

この記事をUPしたのは11月でしたが、その後書き足した部分もあるし、↑に載ってるセリフをカットしたりもしました。
書き足した部分だと、ラクスの見せ場を作ったりとか。この私がキララクを書いたんだぜ!褒めて!(爆)
今は、とにもかくにも、矛盾してしまったレイとキラとシンとギルの関係を整理中。
メールでも意見頂いたけど、キラは何でもできるスーパーコーディネイター。シンは戦闘能力に特化した戦士設定が一番無難かもしれないな。ここら辺、調整中です。

あと考えてるのが、ヒビキ博士とギルバートが接点あるっていうのは、4年前から考えてた構想だけど、そこにアスカ研究員も絡ませようかなと。
今までの構想では、アスカ氏はギルとは接点あったけど、ヒビキ博士との関係は特に考えてなかったのです。
でも、事前に面識があってもいいのかなと。遺伝子研究の在り方に付いて、ヒビキとアスカで言い争いさせるのも面白いなっと思って。
ヒビキ博士は「最高のコーディネイター、万能人間、人間の限界に挑戦」を考えてキラをつくったわけだけど、
アスカ氏は「遺伝子病の予防研究」ていう、あくまで医学に即した面から研究してるって設定で考えていたので。描きようによっては面白くなるんじゃね?っとね。
ヴィア(キラの生みの親)とアスカ夫人が仲が良くて、アスカ氏が「双子の片方奪って奥さん泣かせてんじゃねぇーよ」と殴り込みとかでも。まぁ、全50話と仮定して、そんな尺があればっの話ですけどね。

あとは大まかな話の流れを考えてます。
とりあえず、今のところ、本編とは順番が異なり、「アスラン脱走」→「ステラの乗るデストロイ大暴れ」の流れになる予定。
というのも、このモノローグを物凄く言わせたいからw

「アスラン……」
裏切り者のアスラン・ザラ。そう割り切って彼の乗るMSを貫いた感覚が今でも手に残っていた。
認めたくなかった。戦いたくはなかった。
でも、俺の信じる道を壊されたくなかった。だからアスランの言葉を否定しようとした。アスランを討つという道を選んだ。
だが彼は言っていた。「議長の言葉は確かに正しく、心地よく聞こえるかもしれない。だが、彼らの言葉はやがて世界のすべてを殺す!」と。
そして「俺達は戦う人形」で「連合の強化人間と変わらない」と……
戦う人形?なんだそれは。強化人間と一緒?なぜ、アスランはそんなことを言ったんだ?


この後デストロイ大暴れで、自分のしでかしたこと(ステラを地球軍に返すこと)の重大さに気付く
で、

ステラは戦うことから逃れられない……そう言いたかったんだ、アスランは。
そんなステラと俺は一緒だと言った。それは何を意味しているんだ?俺も戦うことから逃れられない……?


という流れになって、シンも漠然と議長への不信感を抱くっという流れを考えてます。
ちなみに、ミーアの「アスランを信じて」はシンに言ってる言葉だったりします。
ミーアの言葉を受けて、「裏切り者のアスラン。そう割り切って~」のモノローグに繋がります。

うは、妄想万歳\(^o^)/


PS

言わせたいセリフ集、第二弾。

「でもこれ以上、無差別に攻撃をするとなれば、いずれアンノーンからエネミーになりかねないわよ。……あなたには辛いでしょうけど、説得が叶わないというのなら、それなりの覚悟はしておきなさい」
「なるほど、あの狸が考えそうなことね」
「君を手放し私は寂しかったのだよ?そんな君が、まさかレイや廻り廻ってキラ・ヤマトと出会うとは……運命とは恐ろしい」
「ただの実験対象としか見てなかったんだろ!?……俺も、レイも、ステラ達も……」
「頑張ってくれよ、パイロットくん。お前のMSは俺がしっかりメンテナンスしてやるから!」
「当分はお前じゃなくてマッドさん、だろ?」
「だが、アイツがハイネを殺したことには変わらない。だからお前も戦ったのだろ?」
「はいはい!ラクス様に手を出す奴は私が許さないよ!」
「ふふ、やはり言った通りでしょ?カガリさん。アスランは嘘がつけないのですよ」
「俺が悪いんだ……俺が本気じゃなかったから……だからルナは……」「俺の甘さがルナを……!!」
「俺達これでもザフトレッドだったんですけどね」
「君はトダカ一佐を覚えているかい?」


ちなみに、「俺の甘さがルナを・・・」は分かると思いますがシンのセリフです。
で、「俺の甘さがお前(ニコル)を殺した!」っていう無印アスランを意識して書いてます。
このセリフをアスランに聞かせてやりたかったのさ(笑)


ホント、アイタタタ~っな感じになってきたな・・・
こんなんでも応援してくれる人がいるのは嬉しいです。頑張ります。

PageTop

壊れてしまった特別な志村後ろォォォの筒井さん

SKET DANCE 11 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 11 (ジャンプコミックス)
(2010/01/04)
篠原 健太

商品詳細を見る

銀魂 第32巻 (ジャンプコミックス)銀魂 第32巻 (ジャンプコミックス)
(2010/01/04)
空知 英秋

商品詳細を見る

ヒカルの碁 16 完全版ヒカルの碁 16 完全版
(2009/12)
ほった ゆみ

商品詳細を見る


買ってきましたー!

ヒカ碁の方は、番外編集なので、まぁ、そんなにいつもほどアレではないですけど、
スケットと銀魂は待ってました!っというカンジです。
銀魂は猫編は全く読んでなかったし、スケットは本誌に掲載されたのいつだよ・・・夏じゃね?だったので、もう楽しみで仕方がなかった!
神!回の時、本誌買わなかったことをずっと後悔してたからね、あの週の金曜日あたりから。
やっと手元に来たよ。

銀魂>
土方クラッシャーな32巻でした。あと久々に、空知先生の近況の面白さがハンパなかった。
ところで、一番隊に神山がいることは確認できたけど、清蔵さんが見当たらない(爆)

スケット>
チュウさんが凄すぎる。なんでアンタ高校教師やってるの?(笑)
チュウさんの回に仰天した。超展開にもほどがある!(笑)
やっぱ神!回は面白かった。あと、表情が変わってしまう回の、スイッチの変顔がヤバかった。ショートコント「くすぐり」の所。マジ腹筋割れるかと思った。

で。部室トークですけど。(ちょっと腐臭いかもしれない?な話なので反転します)
何あの身長設定・・・
1センチて。ちょ、1センチ・・・・・・
なんで同じにしなかった。なぜ1センチ変えた!
ちょ、それ・・・なんだそのツボの付き方!そこは師匠(空知先生)伝授の技か!
この1センチ・・・・・・・・ばっかじゃないの!?(笑)
「空知が最大手」なんて言葉を聞いたことがありますが、「篠原が準大手」って言葉が誕生するのもそう時間はかかるまい。いやでも、10巻のアレ読んだら、篠原先生も最大手か。


そうそう、コマちゃん可愛い。いや、本命はキャプテンだけどね!でもコマちゃんもかわええな。
今後に期待なキャラです。
さて、椿家の食卓はまだかな!椿家は重苦しくて話にならないか、完全なギャグ回になるかの二択しかない気がするw
何がギャグってあのお父様のキャラがwww
某所でネタになってたそうだが、「今日のおかずはハンバーグだと、そう思ってるね?」とか、腹筋崩壊した。
それ、是非やってもらいたいw雰囲気ぶち壊しだけど!

そんなわけで、3冊一気読み\(^o^)/
そういえばまだコナンの新刊も読んでないから4冊か。
新刊がたくさんあると、ウキウキが止まらない!



PS

  、          ΛΛ  
(*‘Д‘)― * ☆ *―(‵ε′*)
 オロカモノ       バーカバーカ

ツボった。(画面設定によっては大分崩れてると思います、すみません)

PageTop

ルナマリアが出来る子すぎる頃

ブラストインパルスはやっぱカッコええのぉ・・・

インパルス三形態で一番好きかも。
本編中、あまり出番はなかったが・・・だってほとんど地上戦(というか海上戦)でしたもんね。
そりゃ、ブラストはなかなか使えないよな。

そんなことを思ったデッテニー3話。
さすが奇麗事はアスハのお家芸だな!やっぱこれに尽きるネ!

PageTop

蒼穹のギアスを振りかぶって

何やら、「蒼穹のファフナー」で新プロジェクトが立ち上がってるそうですね。
ついに続編が来るのでしょうか?

「お前が信じてくれる限り、いつか必ず帰る、お前がいる場所に・・・」

という最終回から・・・何年だ?6、7年?
時野が大号泣したRIGHT OF LEFTから5年ですかね。
ついにファフナーが帰ってくるのか?そういえば去年DVD-BOも発売されましたし。
ちょっと楽しみです。どんなプロジェクトなのかな?


で、これは随分前に発表されて、結局ブログで取り扱い損ねた話なのですが、
コードギアスもなんか新しいプロジェクトが動いてるそうで。
新作なら、世界観だけ使って完全新作がいいですね。ルルとスザクは出なくていいです。いや、出てほしいけど、とりあえず「実は生きてました\(●)/」だけは勘弁かな。あ、スザクは一応生きてますけどね。ゼロとしてだけど。
あの最終回をぶっ壊すのだけは勘弁願いたいものです。
ただ、谷口監督は関わらないと明言されてるとかで。ほんと、何やるつもりなんだろう?


で、あとは、「おおきく振りかぶって」第二期が春から放送開始だそうです。
ま、そうだよね、じゃなきゃ再放送なんかやらんよなw



おお振りとかは、原作のストックができたとかそーゆータイミングなんだろうけど、
大方やっぱ不況ってのがあるのかなーなんて思いました。
完全新作より、ある程度の人気を確保している続編の方が堅実って流れなのかな~っと。
というのも、どうも2010年の新作は続編が多そうなので。
なんかこう、心躍る新作が見当たらないんですよね~。
さすがに今年はアニメ銀魂も終わるようですし。
「就活」と「種デス」という二大ストレスにどう立ち向かっていけばいいのだ(笑)

とまぁ、色々冗談は書いてみましたが、
ファフナーとギアスの新プロジェクトがどうなるのか、期待と不安でいっぱいです。
ま、2010年は映画年なのかな。
ハルヒ、銀魂、00っとね。


さて、ホスト部の続編はまだかな?(笑)



最近、スケット熱がヤバイです。年末から無性にスケットがキてる。個人的に。
ボッスン過去編読んでから、スイッチ過去編、ヒメコ過去編を読むとなんか色々こみ上げてきます。
特にヒメコ編の「けっ冗談じゃねえ!自分が一番不幸だって面しやがって、可哀想な自分に酔ってんじゃねぇーよ!!」っていうボッスンのセリフ。この頃、篠原先生の中に明確なボッスン過去編ストーリーができていたかは分かりませんが、今読み返すと、ボッスンも可哀想な自分に酔ってた時期があったからこーゆーセリフになったのかなと推測できるのが面白いです。

スイッチオフ編はですね・・・
正直、今までにもスケットのコミックスを読み返す機会はありましたが、
スイッチオフだけは避けてました。というのも、やっぱ辛いのよ、あの話を読むのは。
でもね、本当コミックス発売以来久々にですけど、読み返しました、スイッチオフ編。
で、泣いてしまった・・・避けていたとはいえスイッチオフ編は何度も読んでる話ですけど、正直泣いたのは今回が初めて。(本誌で読んでた頃は涙よりどっちかというと衝撃の方が大きかったからな・・・)
そりゃ、スイッチの過去が辛いのは読者みんな覚悟してたことだよ。だって、「人間がしゃべることを止める」なんて尋常じゃないですからね。
私もですが、みんな、それなりに辛い過去を想像してたんだと思うんだよ。でもその想像すら飛び越えた超ド級の話を持ってきたからね。確かにあれは学園コメディとしてはやっちゃいけないレベルまで行ってたと思う。だから私も避けてたんだと思うんですよ。でもね、あの話があるからこそ、スケットダンスは面白くなったと私は思います、今なら。

そんなわけで、スケットを読み返してまたスケット熱が燃え上がってる所に、
某氏から年賀状が届きまして。
お互いに、「相手がハマってそうなキャラの絵を描いた年賀状を送ろう」と言ってたのですが、

まさかのボッスンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ちょ・・・!すげぇ、まさかボッスンで来るとは。嬉しすぎて、ビックリしすぎて・・・
ちなみに私は筆頭を送りつけましたw
彼女に贈ったのは筆頭ですが、一応、幸村とか光秀とかも書いたので、
後日ブログにラクガキを載せるかもしれませんw

ちなみに、彼女のコメントには「スイッチがお気に入り」とありました。
さすが魂の妹。私もスイッチが好きだwもちろんボッスンも好きです。ヒメコも大好き。つまりスケット団が好きすぎる。むしろスケットの登場人物みんな好きだ!

ということで(?)
当ブログでは、2010年、スケットダンスを大プッシュして行こうと思います。
まずは「脱☆読み飛ばされマンガ」ですね。
電車とか乗ってて、月曜日になるとジャンプを読む男性陣がウヨウヨいますが、やっぱスケット読み飛ばし率高ぇもんなー世代問わず。それでもここ1年は率が下がった方だと思うけど。

で、こんなこと書いてる日は新刊の発売日なんだが、今日は家から出たくないので明日買ってきます。
だって5日間頑張ったんだよ!今日はゆっくりしたい。コンビニまで徒歩1分だけど、着替えるのもメンドクセーw
コンビニで、銀魂は確実に売ってるけど、スケットが売ってるかどうかは微妙なラインだし。
てゆーか、明日が早速一次選考なんでね!この記事書き終わったら勉強します。

SKET DANCE 11 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 11 (ジャンプコミックス)
(2010/01/04)
篠原 健太

商品詳細を見る

ある意味、11巻は椿のターンかも?

PageTop

崖の上の龍馬

・・・あれ、ノボさん何やってんの?

岩崎弥太郎が先週まで正岡子規だった件について(笑)
そっか、弥太郎、香川さんだったんですね。全然キャストチェックしてなかったわ・・・
弥太郎視点で進む話なので、最終回も弥太郎で締めるんですよね。で、また坂の上第二部が始まるんですよね。
中の人ネタ的なのは声優好きな私としては慣れているので、もちろん分けて見ることができますが、
母が「私どうしても被っちゃってダメだわー抗議してやる」とかなんか意味分からない物騒なこと言ってるんですけど。いやーでも面白いじゃないか!
キャスト被りで言うなら、私はどっちかというと、坂の上の漱石と篤姫の西郷さんがダブって困るよ!
つーか、坂の上の雲、どんだけ篤姫キャスト出てるんじゃー!っとね。時期的なアレもあるとは思うけど。

なんで龍馬伝の話なのに、龍馬の話題をしてないんだ私w
大分前置き長くなりましたが、龍馬伝見ました。べ、別に良太郎とコハナちゃんが出てたとか、そんなこと考えてなんかないんだからね!(笑)
キャストチェックしてなかったとはいえ、岡田以蔵が佐藤君だってのは知ってましたけどね。

裏話ですが、まぁ、佐藤君と同い年っということもあり、友達の友達の友達の友達のryっという限りなく他人ですが、佐藤君の知人と繋がっていたっていうね。
ちなみに、1025さんも友達の友達の友達の友達ry的な所で繋がったそうです。(私とは完全に別ルート)
世間は狭い。
そんな話を母にしてたせいか、最近佐藤君を見るたびに「なんかもう、親戚の子みたいな感覚になっちゃうわ」とか言ってました。
有名人になると親戚が増えるってこーゆーことだったんですねw


で、で、で、今度こそ、龍馬伝見ました。
天地人では、音楽に痺れ、聞き惚れた第一話でしたが龍馬伝は渋っ!
まぁ、でも、あの渋さはスルメ的な要素がありそうなので今後に期待ですが。
でも確かに、坂本龍馬で管楽器パーンってイメージはないかも。弦楽器で雄大にっていうのも違うかも。
あの渋さは意外と悪くないと思う。
そういえばコーラスも入ってましたよね。コーラスの大河メインテーマと言ったら北条時宗な自分(笑)

ストーリーは可もなく不可もなく。
福山龍馬、思ったほど悪くない。
ただ、時期が悪かったと思う。というのも母が「福山さんも最初思ったほど違和感はないけど、でも仁の内野さんがハマり役すぎたからなぁ~」っとぼやいてましたね。仁高評価ですよねー最終回以外(笑)
機会があれば見てみたいと思ってます、仁。


で、で、で、で、で、龍馬伝ですが。
第一話では、「上士と下士」の身分差別について土佐の状況を印象付けるっというのには成功していると思います。
あれですよね、長宗我部時代からいた人たちが下士身分で、山内一豊(功名が辻)と一緒に来た家来たちが上士ってことになるんですよね、確か。


ま、とにかく3話見ないことにはなんともね。
龍馬、早く江戸においで(笑)



・・・そういえば、先週、「坂の上の雲」の感想記事を書いたんですが、UPしてなかったなーっと。
今更ですよね。ってゆーか大河ドラマ見てる読者様とかいるのかな?いないのにアニメでもない作品つらつら書いても仕方ないかな?どうなんでしょう。
ちなみに、記事タイトル。坂の上の雲をもじって、川に飛び込められなかった龍馬を「崖の上」と称してみたが、これじゃポ●ョになってしまうのぉ(笑)




それにしても、桂浜は綺麗だのぉ。映像でしか見たことないけど、あの海岸線は素晴らしい。
一度は訪れてみたいものです。


坂本繋がりで。
キッズステーションの銀魂一挙放送、ちょこっと見ました。
特別映像として、先日のジャンプフェスタの映像も見れました。
「2010年、さっちゃんと近藤、どっちが活躍する?」という空知先生への質問の答えが

「なんといっても坂本でしょう」

ですよねー。坂本陸奥編期待してます!


PageTop

新たな時代の幕開けですね

2000年問題騒ぎから10年経ってしまったのですね・・・
ということで、2010年ですね。
新年あけましておめでとうございます。

・・・・・・日付が変わってもう3日ですが。
別に親戚の家に行っていたとか、そーゆーお正月らしい理由ではなく、
バイトが想像以上にハード過ぎて疲れ果てていたっていうのが正解です。
だって、12月30日から怒涛の5連勤ですよ。今日が5日目!あとちょっとだ・・・!
一年で最も忙しい5日間、フルでシフト入ってるっていうね。
バイトの話は本当は色々書きたいけど、大人の事情で自粛。

そんなわけで、バイトから帰ってきて倒れるように寝るみたいな正月を過ごしてました。
ブログ更新できなくてすみませんでした!


で、紅白、まだ見てません。
スーザン・ボイル(あと奈々ちゃん)目当てでビデオに撮ってるので、時間を見つけたら見ようと思ってます。

とりあえず今の楽しみは4日発売のスケットと銀魂のコミックスです。




2010年。
今年も螺旋運命-SPIRAL DESTINY-と時野咲希を宜しくお願い致します。






PageTop