FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

でも万事屋はサ●金だけは手を出さないイメージ

二又一成さんで来たか・・・!

御子柴さんの声が合いすぎてビビった。
そして「誰だっけ・・・この声100%知ってるんだよ、昔毎日聞いてた気がするんだ、誰だぁぁぁ」と30分悶々してたら、二又さんだったっていう。

私の中学生時代はTHE留美子作品ばかり見てたので、そりゃ毎日のように聞いてたよね。
私、正直言うと、「うる星」だけはあまり好きになれなかったのだが、「めぞん」「らんま」「犬夜叉」のアニメはほぼ全話見てますからね・・・めぞんは序盤(=五代君浪人生時代)は飛び飛びで見てたのでコンプリートではないけど。終盤は全話見てます。

で、話を二又さんに戻して、五代君ですよ、五寸釘君ですよ。
それにしても、私の脳内イメージそのままの声で御子柴さんが喋るもんだからたまげた(笑)

製作費少ないと言いながら、声優は豪華だし、画は綺麗だし、バトル回はバトルアニメおろか一部ガ●ダム作品より動くし。
本当凄いわ、アニメ銀魂。このスタッフ達によってアニメ化されたことが奇跡だよね。
ここまでスタッフに愛されてる作品はなかなかお目にかかれません。

久々に、半年ぶりぐらいにリアルタイムで見れたので、感動もひとしお(笑)
地デジで見る銀魂ぱねぇ。いつもアナログ放送ビデオ3倍録画なんで、このハイクオリティな絵に感動した。



※ホント、どーでもいい余談

で、留美子作品で一番好きなのは「めぞん一刻」ですね。やっぱり。
好きなキャラは三鷹コーチっていう(笑)
だって、笑うと白い歯が光るんですよ?昔はよくあった表現だけど、(エースを狙えの藤堂さんとか)、私が見たのは今から7,8年前の話。今じゃ、珍しい表現じゃないですか。逆に新鮮だったのですよ。
現代で三鷹コーチのように歯が光るキャラなんて、ミハエル・ブランぐらいしか思いつきません。
神谷繋がりで。 (←それが言いたかっただけだろ?w)

スポンサーサイト



PageTop

妄想はプライスレス?

種再放送見て、連ザして、脚本企画やっての、今夏は種をフィーチャー中。

連ザはまた色々珍事があったので、後日日記を書くとして、脚本企画の進捗状況~。
データ引き継ぎ時は2万字程度、書いてあったんですが、手直し書き足しで+4千字程になりました。3週間で結構修正したな・・・

先日もご報告の通り、とりあえず、最終局面を議長サイドとオーブサイドに分け、それぞれラスボスはギルとネオっという形になりました。
で、ネオはまだ決定じゃないけど、なんかもうフラガ家と一切関係ない人物でいこうかなとか、思ってます。なんかもうフラガ家は血縁的因縁多すぎて逆にウンザリしません?(笑)

現在考えてるのは、地球連合軍士官学校でムウと同期だったキャラで行こうかなと。
ムウの士官学校時代のライバル。
で、実はナチュナルではなく、出来損ないのコーディネイターっていう設定で。
思うんだけど、遺伝子操作って100%成功はありえないんじゃないかなって。あと、二世代目、三世代目となれば、遺伝子的欠損も出てきそうじゃないかな。
実際、コーディネイターの出生率が低いため、婚姻統制っていう制度があるわけだし。
一応コーディネイターであるため優秀ではあるが、ムウには若干劣る。
入隊後も「エンデュミオンの鷹」ムウの活躍とは対照的に、能力を正当に評価してもらえず、陰に埋もれていた。
こーゆー背景からデュランダルと接触、Dプランの信望者となるってどうですか?

Dプランってこーゆー人の為に生み出されたシステムと言えるんじゃないかなって。
結局のところ、本編で本当にDプランを望むキャラっていうのがいなかった気がします。
シンだって、「戦争を無くしたい」という気持ちで議長支持に回ってただけで、Dプランそのものには賛成はしてなかったでしょ?戦争をなくす手段として賛成してた。
レイに至っては、「ジエッジ」等他媒体で補完されてますが、レイはまさに運命を決められた存在で、Dプランを必要としている立場じゃないじゃないですか。
Dプランによって世界を変えなければいけない。そーゆー固定観念で生きてきて、キラ様の「君は君だ!」でその観念が打破され、ギルを撃つっという結果につながったって私は思ってるんですけど、どうでしょう?
余談ですが、ジエッジで最終決戦の前のシーンで、「レイの運命は変わらないのか?」っとシンがレイに疑問を投げかけるセリフがあるんですが、これは凄くいい投げかけだと思いましたよ、私は。
なら、本当にDプランを渇望するキャラがいてもいいんじゃない?って思ったんですよ。

皆さん、この案どう思いますか・・・?
かなりの大改変なので「いくら時野の脳内妄想でもそれはねぇーよ、嫁批判できねぇーよ」というお叱り受けそうだ(苦笑)


■ルナマリア

最終局面、どの陣営につかせるか悩んでるキャラの一人です。
とりあえず、今のところ、途中で転属命令でミネルバを離艦という方向で持っていこうかなと。
終盤考えてた、レイとルナマリアのやり取りは、キラ様がやった方が説得力ありそうという見解になってしまったので(苦笑)
ならいっそ、議長サイドの戦士の方がルナマリアを有効活用できるんじゃないかなっと・・・

一応、流れとしては、
1.地球軍の捕虜になったこと(その後帰還)
2.妹がスパイ容疑に掛けられたこと
体裁上転属とかあってもいいのかなと。
あと、ミネルバの裏切りを予見したギルが人質としてルナをミネルバから引き離すっという展開もあってもいいかもしれないなーっと。

で、ルナマリア離艦後、なんやかんや(ヲイ)でミネルバがAAと行動を共にするってことで、ルナマリア的には「裏切られた!」と感じて(議長の洗脳込みで)最終局面に戦うってのもアリかなと・・・
議長サイドはレイ&キラコンビで対応するので、ルナVSレイ戦とかちょっと面白そうかなとも。
4年前の構想では、ルナがレイを救う的な話だったんですが、逆にレイがルナマリアを救ってみようっていう。一皮むけたレイも描けて面白そうだ。
ただ、だいぶ本編のルナと性格が変わってしまうので、ネオ以上に反発がありそうでなかなか踏み込めない設定だったりします。どうだろう、考えてる私でも、実際書いてみないと、どんなルナマリアになるか分からねぇーぞ・・・!(汗)



■ステラ

そもそも今回の企画は、ステラとレイを救おう的なテーマでぶち上げた企画なので、
ステラには最後まで生き残ってもらうつもりなんですが、
当初の予定では、本編で言う26話でシンがステラをミネルバに運んだ流れで、そのまま最終決戦までミネルバにって考えてたんですが、
どうも盛り上がりに欠ける。そして、この流れだと、シンのエゴにしか見えないなって思っちゃって。

「自分は銃殺刑になってもいい。それでもどうしてもステラは助けたい」という強い気持ち。
そして、「ステラは確かに戦争被害者ではあるけど、同時に加害者であること」を実感するためには、やはりもう一度ステラを戦場に戻し、敵対する必要があるんじゃないかなって思ったんです。
てことで、やはりあのステラ返還イベントは必要ではないかっという考えに至ったわけです。
それに「遠く離れてるほどに近くに感じてる~♪」なんて歌もあるわけですし(笑)
で、ステラ返還。で、再び戦場に戻り、シンと戦い、で、そこは最終的にはシンのもとにステラが来てもらわなければいけないわけですが、で、どういった名分でミネルバに戻るよ?

一回目はシンが勢いでミネルバに運んじゃったんでアリですけど、
それを返還して、超異例のお咎めなしっという所に再びステラさんミネルバで受け入れって無理じゃね?っと思って。この頃はまだバリバリZAFT勢力の設定なのでね。
で、これをどう解決するか悩んで考えた案

1.タリアさんが頑張ってなんとかする。
2.シン脱走。ステラと逃避行(爆)→エースの必要上、渋々折れる。
3.話の流れ上難しいから、ステラ返還イベントは諦める。
4.最終的にシンが子供のように泣きじゃくってタリアさんが折れる。

個人的に4番がお気に入り(笑)
あーだこーだ口だけは大人ぶって突っかかるけど、中身はただのガキだって話です。
泣きじゃくる事件を受けて、アスランと仲直りしてきなさいっていうのもアリかなと。



こんな感じでしょうか。
元々妄想は得意な人間なんですが、実際書きだしてみると本当妄想が止まらない(笑)
設定上辻褄が合わない等々問題が出て来ると俄然、燃えてきます。
そして問題を解決できた時の達成感といったらたまらない。
数学の問題が解けた時みたいな快感ていうのかな。よっしゃーみたいな。たまらん。
こんな妄想浸りな日々も夏休みが終わっちゃったらできないんだなっと思うと寂しいです。
やはり夏休みの間にある程度は完成させたいな。一部修正施して、SSとして皆さんにお見せできるぐらいにしたい。というか実際、お見せ出来そうなくらい書きこんでるシーンもあるんだが、いかんせん終盤なので、イキナリ終盤見せられてもね?(笑)

そりゃ、シンの出生の秘密が明らかにされるシーンは気合入りますがな。ここは4年前の段階でも相当描き込んでましたからね(笑)
昔、ブログでも書きましたけど、シンの遺伝子上の父親はギルバートだったりします。
最初はなんという厨二設定って思ったけど、よくよく考えれば種ってそんな話だったよね(笑)
そんなわけで、議長は本編では32歳でしたけど、もう少し年齢高めに設定させてもらってます。
15歳で成人のプラントですから、まぁ、そうだな、36歳ぐらいかなーやっぱり。
議長は昔、ユーレン(キラ・カガリの父親)の助手だった設定なんでね。そうすると、18歳の頃、キラの研究に携わってることになって、年齢的にも妥当かなと。


なんかえらく長くなってしまった。
というか何時間書いてるんだろう。3時間も書いてたよ、この記事。
以上、妄想は楽しいっという話でした。

PageTop