FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

メルフォ返信(7/2)

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE Desire 第一巻」読みました。


やっぱ、ちまき先生はネ申!


今回はジエッジ本編(アスラン視点)では描けなかった所をオムニバス形式で描かれているんですが、あの、どの話も最高すぎて涙。
ちまき先生ほどシンの心情を理解している人はこの世にはいないとさえ思いました。

とりあえず、本筋の話はアニメと同じなので特に追記機能とかで隠さないけど、簡単な感想を。
それでもネタバレは嫌だっという方はご注意ください。



■終わらない悪夢(シン視点)

シーンーーーーーーーーー(号泣)
第一話から泣かせるなよ・・・
ヘブンズベースのシーンの描写が神すぎる。
ステラの使い方が上手すぎる。残酷でそして悲しい。
シンの張り詰めた心情、そしてルナがまたいい。アニメのセリフにたった一言添えるだけでも全然印象が変わるもんだ。


■獅子の娘(カガリ視点)

ユウナを国家反逆罪にするシーンや演説のシーン。
本当にたった1コマ、描写を入れるだけで全然アニメと違う印象を受けます。
カガリも脆さを出しながらも強さも出す。その描写が秀逸だと思いました。


■正しき未来(レイ視点)

あのコレに関しては、レイシン本読んでる気分でした(笑)
シンのことを一番理解しているのがちまき先生ならば、種死キャラで一番シンのことを理解しているのはレイだと思いました(笑)
まぁ、レイに関しては最終回を除いて、アニメ本編には満足しているんでね。レイはブレなかったよ、最終回以外。


■夢の終わり(ミーア視点)

「私なら・・・そうだなぁ。アスランみたいなボディガードがいいなぁ。きっと絶対に守ってくれるわ」

最後のこのセリフにううっと来た。
これで本編の「アスラン!?」に繋がると、うわー鳥肌だ!さすがちまき先生。もう褒めることしかできませんがな。
ミーアせつない・・・どうして彼女が死ななくてはいけなかったのか。
不条理どころじゃないよ。
あと、ギル怖すぎ。その笑顔が怖すぎです、議長ぉぉ。


■たったひとつの願い(シン視点)

5作品の中で一番ネ申な話。最終決戦を控えたミネルバの話。

シンはどうして最後、迷った末、議長サイドとして戦ったのか。
どんな決意だったのか。戦うことをどう考えていたのか。
アニメでは悩む描写はあっても、イマイチはっきり見えてこなかったシン。
描写が曖昧っということはその捉え方は人それぞれなわけで、この話ではちまき先生の捉え方で話は進みます。これがまた泣けるのですが。

「でも・・・同じことじゃないか?俺のデスティニーとあの兵器に、結局どんな違いがあるっていうんだ?」

「ひとつしか選べないなら、これで・・・いいんだ」

「レイの運命は変わらないのか?」


もうこのセリフ達に鳥肌。



ストーリー展開、セリフチョイスも素晴らしいですが、画力もまた。
1コマ1コマ表情が細かい。

なんかもーマンセー記事になっちゃってますけど、本当良かったんだもん!
ちまき先生万歳!買ってよかった(感涙)




では、本題のメルフォ返信行きます!!

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop

今週のジャンプな銀魂

おい、空知wwww


や ら れ た !
クソォー!先週の記事、激しく削除してぇぇぇ!!(笑)
恐ろしく恥ずかしくて穴が存在したら侵入したいに気分にかられた。(元ネタ:鍋回の銀さんのセリフ)


腹黒と書いてギルと読む 笑ってくれて構わんよ。


コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。

PageTop