FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

今年はエアオトパすら許されないなんて

ああ……
年明けからずっと楽しみにしていた5月23日、24日が過ぎてしまった……

毎年、エアオトパと称して、参加できないくせに自宅でイベントの様子を妄想して一人楽しんでいた「オトメイトパーティー」。(乙女ゲームブランド「オトメイト」作品のキャストを集めたイベントです。会場は国際フォーラム)
今年はもちろんコロナで中止。イベントで発表される新作情報にいつもワクワク(参加した人のツイートや公式サイトの発表で)してたんですが、今年は情報解禁もなくてショボン……一応7月に特別動画を配信してそこで発表するようですが……2ヶ月も待てというのか……

いやねぇ、いつもならどうせエア参加ですし、「7月までまったり待つかー」って気分になりますが、今年は違うんだよ。

時野さん、今年はオトパ初参戦する予定だったんですよ!!!!!(悔)

3公演全部チケット取ってました。全部S席じゃ……!

お正月に友人と「今年は一緒に参加しよう」と盛り上がり、1月中旬に参加作品とキャストが発表され……
「今年の作品は知ってる作品がいっぱいあるー!これは参加するしかないよね!」となって、チケット取ったわけです。
まぁ、チケット抽選結果が出た2月には色々悟ってはいたけどね……(号泣)

ちなみに、イベントの概要はオトメイト作品のキャスト(各作品3~4人程)が参加するイベントでして、朗読劇+ゲーム+罰ゲームはメロきゅんワード(甘いセリフ)の披露+ゲームOPEDアーティストのライブで構成されています。
土曜日の夜公演、日曜日の昼公演・夜公演の計3公演で、各公演に4作品ずつ参加します。

時野備忘録兼行きたかった気持ちを昇華するためにオトパ2020のイベント概要をつらつら書かせてくださいな。
なお、キャストは各作品重複してる人がいます。

【司会(3公演共通)】
鈴村健一
鳥海浩輔
森久保祥太郎

※ここ数年はこの3人で固定です

【5月23日(土)夜公演】
◆CLOCK ZERO~終焉の一秒~
英円:鳥海浩輔
西園寺寅之助:杉山紀彰
英央:須藤翔

⇒今年で発売10周年だった作品。(しかも作品舞台が2020年……)。
実は時野さん、現在絶賛プレイ中のゲームです(笑)感想は今度書けたらと思ってます。
しかし、毎年ほぼ皆勤賞だったダブルメインヒーローの鷹斗(CV浪川)と理一郎(CV前野)は不在なんだよな(苦笑)

◆ニルアドミアリの天秤
鴻上滉:岡本信彦
汀紫鶴:鈴村健一
燕野太郎:榎木淳弥
猿子基史:興津和幸

⇒ゲームは未プレイですが、アニメは見てたので作品の内容やキャラは知っており、朗読劇やメロきゅん楽しみにしてたのになぁ……

◆ピオフィオーレの晩鐘
ダンテ・ファルツォーネ:石川界人
ギルバート・レッドフォード:森久保祥太郎
楊:岡本信彦
レオ・カヴァニス:土岐隼一
ディレットーレ:立花慎之介

⇒昨年のオトパでは一番お客さんの反応が凄かったというピオフィ。オトメイト的には今一番盛り上がってる作品でしょうね。今年はその凄さを会場で楽しめるとワクワクしていたのに……。時野は年明けからプレイしてました。マフィアのカポ3人が揃うカオス状態。朗読劇絶対面白かっただろうな(笑)

◆蛇香のライラ
ロラン・クライデル:立花慎之介
鱗皇驪:興津和幸
鱗希驪:佐藤拓也
店主様:勝杏里

⇒4作品中唯一時野が触れていない作品です。知らない作品を知るいい機会になるのがオトパなので、参加楽しみにしてたのになぁ……

◆出演アーティスト
いとうかなこ
love solfege(feat.真理絵)


【5月24日(日)昼公演】
◆Code:Realize
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング:諏訪部順一
ヴィクター・フランケンシュタイン:柿原徹也
インピー・バービケーン:森久保祥太郎
サン・ジェルマン:平川大輔
フィーニス:梶 裕貴
ジョン・H・ワトソン:鳥海浩輔

⇒コドリアです。時野が大号泣したゲームです。数年前にアニメ化もされてます。
毎年、ルパン一味(攻略キャラ5人)全キャストが出演する奇跡的な作品なんですが、今年は肝心のルパンが不在という……絶対朗読劇で不在をイジられて面白いことになってただろうなと思うと、想像するとめっちゃ楽しい。

◆ピオフィオーレの晩鐘
ダンテ・ファルツォーネ:石川界人
ギルバート・レッドフォード:森久保祥太郎
ニコラ・フランチェスカ:木村良平
オルロック:豊永利行
レオ・カヴァニス:土岐隼一

⇒記載ミスじゃないよ?今年のピオフィは2公演出演!……ピオフィさんの人気の凄さを見せつけられた感(笑)
前日の夜公演とは変わり、こちらは話が通じるキャラが多くて安心のメンバーですね(笑)

◆Cendrillon palikA
紫鳶=クリノクロア:日野 聡
綸燈=ウェステリア:興津和幸
泣虎=ピオニー:鳥海浩輔
歌紫歌=ガレ:杉山紀彰

⇒すみません、時野は未履修です。

◆幻奏喫茶アンシャンテ
ミシェル・アレックス:赤羽根健治
カヌス・エスパーダ:梅原裕一郎
イル・ファド・デ・リエ:石川界人
イグニス・カリブンクルス:小野友樹
凛堂香:諏訪部順一

⇒こちらも未プレイですが、製作スタッフ(ディレクター)はコドリアや白華の檻など数々の泣きゲーを手がけてきた一ジョーD。絶対面白いはずなんですよね……機会を見つけたらやってみようかなと思ってる作品です。

◆出演アーティスト
織田かおり
mao

⇒ソロなら、それぞれ「アンシャンテ」と「コドリア」ですが、この二人がコラボするなら「ピオフィ」もあるという……どの曲を歌う予定だったんだろうか……?


【5月24日(日)夜公演】
◆薄桜鬼
沖田総司:森久保祥太郎
斎藤一:鳥海浩輔
原田左之助:遊佐浩二
風間千景:津田健次郎
相馬主計:梶裕貴

⇒時野の原点。まぁ、真改は未プレイなので主計だけは未履修ですがw
ちなみに、本イベントはゲームのイベントなので直接は関係ありませんが、今年で薄桜鬼のアニメ放送から10年です(笑)

◆Collar×Malice
柳愛時:森田成一
岡崎契:梶 裕貴
榎本峰雄:斉藤壮馬
白石景之:木村良平

⇒時野イチオシ作品・カラマリ。元警察官達が連続殺人事件の謎に挑む本作。カラマリはいいぞ!
昨年のオトパではアニメ化が発表されましたが、果たして続報はあったのか……?

◆CharadeManiacs
明瀬キョウヤ:斉藤壮馬
萬城トモセ:鈴村健一
陀宰メイ:古川慎
凝部ソウタ:松岡禎丞

⇒時野激ハマリ作品・シャレマニ。この1年、ブログで何度取り上げたことか。めっちゃ面白いんだよぉぉ!
しかしこのメンツ、誰がツッコミ役に回るのかが気になるw陀宰君はツッコミ固定として、あとの3人はボケもツッコミもできるマルチキャラですからね(何)
明瀬君が突っ走れば陀宰君がツッコミ、陀宰君が天然ぶっ放せば凝部君がツッコミ、凝部君がボケればトモセ君がツッコミ、トモセ君が暴走すれば明瀬君がツッコミに回るイメージw朗読劇見たかったな……

◆Tlicolity Eyes
翠川チヒロ:小野友樹
仙波ワタル:柿原徹也
望月ヨウスケ:梅原裕一郎
榊原コウ:松岡禎丞
榊原ユウ:木村良平

⇒すみません、こちらは時野未履修です。

◆出演アーティスト
ヒゲドライVAN
吉岡亜衣加



以上、3公演に参加予定でした。
時野史上、こんなに自分がプレイ済みの作品が揃ったオトパはなかったので、今年は本当に行きたかった。悔しい。悔しいよ……。昨今、イベントもライブもご無沙汰だったので、久々に満喫しようと思ってたのに……
どの公演も好きな作品が入っていたので凄く楽しみでしたが、やはり最終日夜公演が最強でしたね……薄桜鬼・カラマリ・シャレマニとか時野さんが大好きすぎる作品揃ってましたからね……ひええ。

行きたかったなー。とりあえずこの記事を書いて脳内エアエアオトパは出来た気がする。エアのエアや!
グッズ販売は通販になったのですが、パンフ買いました!(あとグッズを少々)
パンフが届くのを楽しみにしてます……。

エアエアオトパにお付き合いいただきありがとうございました……。

スポンサーサイト



PageTop

キャストコメントが神ってましたね

キャラクターランキング

1位 アスカ
2位 カヲル
3位 レイ

マジで!?綾波が3位だと……?意外すぎてビックリした。いや、アスカ好きとしてはビックリしながらも嬉しいけど。ああでも綾波も好きなんだよね。この二人は甲乙付けられない。
カヲル君は圧倒的な女性票でしょうなー。そもそも出番がちょっとしかないカヲル君が上位になるっていつも思うけど渚カヲルってマジ何者なんだよって思いますよね。魅力しかないキャラですよね。

ちなみに、時野さんはアスカ派でもレイ派でもカヲル派でもなくトウジ派です(爆)
Qは友人と一緒に見に行きましたが、友人は「カヲル君が!!!」と大興奮している横で、「トウジのYシャツぅぅぅぅ」と悶えていたのが時野です。もう8年前なのか……

ということで、NHKのエヴァ大投票の感想です。
宮村さんのボイスコメントがもう最高すぎて、ふぎゃあああでしたし。
石田さんのコメントが超長文で、あああああありがとうございますぅぅぅだし、
林原さんの粋なコメントに、はあああああ最高!だし、キャストコメントがどれも神ってましたな。
リモート生での緒方さんのセリフも耳が大変幸せでした……ありがとうありがとう。
宮村さんは、役名を「アスカ・ラングレー役」て言ってくれたのも嬉しかったな。惣流・式波どちらもいいんだよという安心感。


途中、どうしてもTVの前を離れざるを得なくて、見れていないパートもあるのですが。
とりあえず録画はしたので、明日以降見返しますー。明日は仕事なんじゃー!もう寝ます。

それにしても、TV版や序・破はめっちゃ見たし、セリフがスラスラ出てきたけど、Qは本当内容が思い出せなくて困った(苦笑)
でも、連弾のシーンとかトウジのYシャツが出てくる所はよく覚えてる(爆)

TV版はもちろん、序も懐かしいなーって思いましたね。序の時は大学生でしたね。空き時間に映画館行って見た記憶がある。
んで、ポップコーンが食べきれなくて、大学に残ったのを持って行ったもんだから、友人達に「何の映画見てきたの?」と詮索されて、色々誤魔化した記憶があるわー。懐かしい。

破は何度見ても飽きない……ずっと見ていられる。
でもTV版が恋しいなとも思う。色々見たいシーンが蘇ってきましたね。
あと旧劇も実は1回しか見てないんですよね……改めてちゃんと見たいなと思いました。

使徒ランキングも面白かったw
私も「好きな使徒と言えばラミエルタンだなー」と思って結果見て「そうだった、カヲル君も使徒だった」と思った(笑)
石田さんも「みんなカヲルが使徒なの忘れてたから2位なんですよ」みたいなこと言ってたけど。
いや、「カヲル君⇒使徒」はもちろん覚えてるけど、「使徒⇒カヲル君」という発想にならなかったんだ。
あとラミエルが大好きなんだ、すんません……


ああ、エヴァはやっぱええなぁ~。
本当はこの大投票番組をやって、劇場版へ~って流れだったのにね。
寂しいですが、万全の状況で劇場版が見られれば嬉しいですね。いやもうこちとら8年待ってるわけで。いくらでも待つよね……

最後はまた「ぽかぽか」したいものですが……さてはて。

PageTop

まさかの同時放送ですか

来年の冬アニメすげーなw

「はたらく細胞BLACK」アニメ化決定。

2021年1月からってことは、えっと、本編「はたらく細胞」の二期も1月からよね?
同時期放送ですか(笑)
BLACKは病気の内容も内容なので、結構怖いらしいですが、同時期にやるのウケるw
いやーどちらも楽しみですね。

あと今こんな時期だからこそ、はたらく細胞の再放送とかやって欲しいなと思ってしまいますね。
実際、色々、研究結果が報告されていますが、はたらく細胞を見てたからこそなんとなくちょこっと理解できる内容も多いですよね。査読は受けていないようですし、正しいかどうか分からないので本ブログに詳細は書きませんが、T細胞の働きについて言及してる論文とかあって、素人でもなんとなくイメージがつくって凄いなって思いましたね。

難しい面もあるかと思いますが、再放送をやってくれて、今まで見たことない人に是非見て欲しいですね。

PageTop

諦めて年越ししました2020年。

本当はまだ年越しできないんですが……
今日も年末記事書き終わらなかったですね……もうモチベーションの話なんですけどねぇ。
半分は書き終わってるんだけど……ちょっともう少し時間が掛かりそう。

さすがにそこまで年越し待ってられないので、先に年越ししますね。
ということで、いきなり2020年2月9日です。あけましておめでとうございます(苦笑)

先日少し書きましたが、今期の新作アニメは「虚構推理」だけ見てます。
安定の城平節炸裂で楽しいです。ビックリしたのは、城平作品って人を選ぶと思っているんですが、虚構推理大人気ですね……あのクセのある作風にこんな理解があるなんて……
原作小説が出たのが2011年。それから数年経ってコミカライズが始まった時にも凄く驚いたが、アニメが好評で本当嬉しいですね。ビックリビックリ。
なんやかんやで城平先生の作品がアニメ化するのは3作品目なわけで。
若い人には「作風が新鮮」と映るし、アラサー世代は「スパイラルの人か、懐かしい」、適度なアニオタ「絶園のテンペストの人か。あの作品も独特だったな」みたいな感じなんですかね。いやはや嬉しいですな。

あと、アニメじゃないけど、ついに始まりましたね、「大河ドラマ 麒麟がくる」
いやー面白い、面白いぞ!超正統派大河ドラマ来ましたね!役者陣も最高!
だが、なんというか近年の戦国モノ(真田丸・直虎)に出てた役者さん多くないですか?

ナレーションは直虎時の信長だし、松永久秀は真田丸時の信長だし。
真田丸の信長といえば、光秀とS/Mプ●イだったじゃないですかwwwこれ、光秀が主人公の大河!!もうそれしか思い浮かばなかった第1話。
叔父上は「黙れ小童」とか言いそうだし(いや、この叔父上は絶対言わなそうだけど)
榊原様と土岐頼芸が同じ役者って嘘だろ……だし。他にも今川義元とか、キャスティングが面白いなチクショーだなと思ってます。
キャスティングと言えば、帰蝶もめっちゃいいですね。え、最初からこれで良かったんじゃね?

毒茶とか、もうネットの盛り上がり方好き。
今週も竹千代くんがめがっさ可愛かったけど、「この可愛い竹千代(家康)君は数年後、干し柿くれたお兄さん(光秀)のせいでとんでもない目に遭う(=本能寺の変→伊賀越え)」とか言われてて腹筋が痛くなった。
真田丸の「あああああ」やら、直虎の「寸劇」が頭を過ぎったでござる。

この2作品は余裕があれば感想とかも書いていきたいですね。その前に年越ししたいですけど。

PageTop