螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「青葉と雛の時間ループの始まりについて」

やっべ、昨日のバディコン記事で主題を入れ忘れた(苦笑)
これを書く為に記事書いたのに何やってんねん。いや、ニコ生宣伝も主題だったけど。

BD特典の冊子で、ダイジェスト処理された「ループの始まり」について簡単な解説が書かれてたのでご紹介。





カップリングシステムとは環太平洋神経科学研究所に勤めていた渡瀬青葉と弓原雛、そのペアによってもたらされたエンファティア波形をベースに作られている。(大学卒業後、研究者となったそうです)
テスト開始時、波形は似てはいたもののある程度の差はあったが、実験の繰り返しによってシステム上同一と判断できるまでになった。
⇒つまり、青葉と雛はカップリング研究の科学者であり、自らを実験体にしたっということですね。

開発当時カップリング自体に不明な点が多かった。
テスト中、「カップリングを行うと素粒子レベルのデータが過去or未来へと送られている」ことが確認された。
⇒最初はカップリングによって演算能力を高めよう~的な実験だったのかな?
PCで言う所の「コア2デュオ」みたいな?
で、実験してたら「なんか素粒子レベルでタイムリープしてるぞ」みたいになったのかと。
電話レンジ(仮)のゲルバナ的な?(笑)

送られているデータがどこまで未来へ送れるか実験していたら、実験機のエンジン異常が発生。
何かと共鳴しており、実験を停止しようとしたがその前に現れた特異点に雛が飲みこまれ行方不明となる。
⇒この特異点は、未来で発生したガラプーシカ(ゴーゴン)によるエネルギーと、研究所のネクターエンジンがカップリングシステムによって共鳴して誕生しちゃったらしい。そして雛は特異点の間をループし続けることになる。

カップリングシステムによって生じた特異点なので、打ち消すのもカップリングシステムであり、
特にカップラーである青葉の行動によって変わる・・・ということらしいです。

ちなみに、カップリング実験機自体も青葉と雛が作ったらしいので、一研究員というよりこの二人が主体で研究してるようですね。バカップル天才か・・・・・・
こうなると、エルヴィラさんのおじいさんは「青葉」か「青葉の同僚」の二択かな(笑)
そしてDr.フェルミは青葉(成人)と面識があるだろうなと。意味深な写真もあったしね。
くそ・・・二期があれば・・・。


あと冊子から分かった事。
・老ビゾンさん率いるクーデター政権の本部は香港基地。
・「スラーヴァ・ゾギリア」とはロシア語で「ゾギリアに栄光あれ!」だそうです。
・ちなみに、連合軍にも一応標語はあるそうです。めがっさ長いけど。スローガンみたいな。
・設定資料の連合とゾギリアのコミュトーカー(通信端末)の違いとか、読んでて結構面白かった。
・ビゾンさんがゾギリアを牛耳るまでのカットやフロムの「ギューン」カットの原画もあるよ(笑)

BD堪能してます。うん、やっぱりバディコン面白かったわ・・・・・・


昨晩のニコ生、参戦しましたよー!
最後のアンケで「1が90%超え」で嬉しかった。
やっぱり皆の総意は「二期でやりたかったことは伝わった」「二期見たかった」「放送されなかった二期の総集編(笑)」「よくここまでまとめた」ですかね。
完結編の前に1期の総集編(90分)が上映されてたわけで。完結編の方が尺が短いのでそりゃ詰め詰めになるよなぁ!っと(苦笑)

本当、二期見たかったよ。
せめて!小説とかでいいんで。やるはずだった内容盛り込んだ完全版バディコンを拝ませてくれ!
悔しい・・・こんな悔しい気持ちになったのは久々だ・・・・・・今更だけど冬のボーナスでTVシリーズのBD買うよ。どうせ売れなかった作品なんだから将来BOX化する可能性も低いだろうしな・・・(悲観)


ありがとうバディコン。2014年はバディコンの年でした。(作中も2014年ですしね)
年末年始はゆっくり休めそうなので、久々に二次創作でもしてみようかな!

スポンサーサイト

PageTop

バディコン完結編がニコ生でやるぞ!

久々にネット復帰!

「バディ・コンプレックス完結編-あの空に還る未来で-」BD届きました。

ああ、何度見てもこの完結編は滾るわ・・・・・・
そして笑える。完結編五大笑えるシーン。

・齢90歳超えのおじいちゃん出撃→悦に入る→バディコン世界観ギリギリのゲス発言
・一人カップリング。絆とはなんだったのか。
・からの3ピーカップリングwwwwwww本当にやりおったwwww
・Dr.ハーン全般(さすが子安w) 最後諦めてるハーン可愛い。そしてやっぱり助からないのがw
・百万回ジャンプしてる時のシグナスの画面がシュールすぎる


そして!
今晩20時からニコ生で完結編&総集編の上映会ありますよ!
私も昨日知ったのですが。
これはみんなと一緒にビゾンさんを応援憐れむしかないよね!
ビゾンさんには初めから勝ち目なんかなかったんや・・・・・・じいちゃん、涙拭けよ・・・

ある意味、悪役として全うできたビゾンさんより、ディオの方が報われないよなw準主人公・・・orz


とりあえず、まゆかちゃんを全力で幸せにしてあげたいんですけど。
OPの花びらがブーケだったという落ちは好きです。


今晩のニコ生楽しみです。
特典CDも聞いて来よう!
実は今実家なんですよ。コンビニ受け取りできなかったので実家に届くように予約したので。
バディコンの為に帰省したという(笑)

PageTop

俺的「第二のノエイン」作品

もう月末なのか・・・残業ライフすぎて今月が走馬灯のように駆け抜けて行った・・・
てか、バディコン完結編から1カ月が経とうとしている現実。嘘だろ・・・
完結編は改めて良かったなと。BD予約しますた。
あとサントラ買いました。処刑用BGMこと「カップリング・シークエンス」のループから抜け出せない。
マジこの曲カッコイイよね。そして飽きない。今も聞きながら書いてます。

完結編から1カ月ですか。
青葉と雛は幸せになるだろうけど、やはりビゾンさんとディオが可哀想でね・・・。
バカップルに振り回された二人だったよな。ディオは二期があればきっと救いのあるラストだったろうに。

ちなみに、視聴者の予想では「ディオは退役した」説がまことしめやかに流れているのであった。
ヤールさんのナンパシーンにもいなかったしね。
乱れたエンファティア波形を直して別のカップラーとバディ組んだり、カップラーを辞めて量産機で戦うよりは、ウェインバーグ家を継いで世の中動かす方に回る方が自然かもしれないね。

ビゾンさんは三日天下にもほどがあったけど、二期があれば・・・
二期冒頭でクーデター発生→最高議長として暗躍、シグナスを苦しめる→終盤宇宙に上がる→ビゾンの70年間が明らかになる→おじいちゃんヴァリアンサー搭乗→最終回Aパート(Bパート冒頭)でやられる
だったと予想。
んで、Bパート後半はディオとのお別れシーンで、ED及びCパートが後日談と。

エフゲニー・ケダール議長(ビゾン)とアルフリード中佐の会話とかも聞いてみたかったなとか。
そうすれば最終回で中佐と特務武官殿が反旗を翻すシーンももっと燃えただろうなとか。
ドクターハーンとの会話が面白かったので、中佐とも何かやり取りがあれば面白かったなと。
特にビゾンだとは名乗りはしないけど、中佐が何か違和感を覚える・・・みたいなね。

でもあの詰め込み様を見てたら、スタッフは多分、周到にエピソード用意してただろうなと・・・
ヴヴヴは勢いで突き抜ける!!だったけど、バディコンは緻密に話を作ってたんだろうなと・・・それが裏目に出てしまったわけだが。
ある意味、ヴヴヴ二期が前後編になったとしても、勢いで盛り上げてもしかしたら名作になってたかもしれないなとかちょっと思ってしまったw

とりあえず、早くスパロボにヴヴヴとバディコンが参戦しないかな!参戦したら買ってそうw
A/Zも投入したいですね。伊奈帆とジェレミア卿の会話が見たい!デスヨネー。
あとはエルエルフ、スレイン、スザクの絡みが見たいです。


バディコンは時野的「第二のノエイン」なんで。
バンダイチャンネルでしかネット配信されなく知名度が・・・という辺りからも既視感(苦笑)
ノエインの頃はまだニコ生とかなかったけどね。当時はGyaoとかの方が主力で、ノエインはバンダイチャンネルやったからね・・・

そんなノエインさんも、え?なんですか?「SUGOI JAPAN」とかいう奴のノミネートに入ったそうで。
賞の立ち位置とかはひとまず置いといて、年間200本近いアニメが流れてる中、名前が挙がってる事がマジでビックリなんだけど・・・
本当に当時の知名度は低いとかのレベルじゃなかったから・・・こーゆーの見ると布教活動頑張って良かったと思うんだよね・・・
未だに「ノエインの記事を検索してこのブログに辿り着きました」ってコメント、貰いますからね。

シュタゲもそうだけど、タイムトラベルモノってやはり難解になりやすく、一般には受け入れがたいものなんだなっていうのをヒシヒシと感じた。
それでもシュタゲはよく出来てたから、シュタゲからタイムトラベル好きになったとか、考え方が分かったという話はよく聞くけど。

時野さんはこのジャンル大好物なんでね。
ノエイン、ゼーガペイン、涼宮ハルヒシリーズ、仮面ライダー電王、シュタゲ、まどマギ、バディコン

これにサンライズ王道ロボット要素が追加されて・・・そりゃバディコンは時野にクリーンヒットですよ。
本当、王道をひた走ってたからな・・・そこだけは最後までブレなかったな。
あとめがっさ健全だったw
ピュアな世界観だからこそ「お前が俺の下で横たわってさえいれば!」が凄くゲスく感じたwww

あとやっぱり西暦っていいよね。滾るよね。ダブルオーの時、ヒシヒシと感じたけど。
西暦使ってると、そこまでファンタジーじゃないというか。現実味帯びる気がして。
ダブルオーは300年後の話だったけど、バディコンは今から70年後っと辛うじて自分も生きてる可能性がある時代だし、なにより主人公が現代の高校生ってのが共感しやすくて良かったです。


ちなみに。今だから暴露するけど。
バディコン第1話でビゾンが青葉を襲うシーンを見て、

「こいつが青葉の元バディとかだったりして・・・・って、それなんてルーシェン!」

と思ってました(苦笑)
雛がシズノ先輩な。
キョウちゃんと青葉は何か通ずる物がある気がする。突然異世界に飛ばされてロボットで戦う的な。なんかちょっとこの二人しゃべらせてみたいな。同じ千葉県民同士だし(笑)


長い時を経て、バディコンが再評価される日が来ることを祈って。
せめて小説でいいので、当初のスタッフ構想二期を描いてほしいです。ダメですか!


PageTop

我々が補完するしかないじゃないか!

完結編放送からもうすぐ2週間になるというのに、未だに抜け出せない。
ずっとツインバードのターンだぜ。
カラオケでも「ツインッバァッァアード!」してきたわ(笑)
というか発売から1週間経ってないのに配信されるんだね・・・最近のカラオケ怖ぇ・・・

久々に二次創作がしたくて仕方がありません。
というか、そうでなくては救われないでしょあの作品・・・・・・
我々が補完せざるを得ないだろ・・・!


ということで、時野さんが妄想・捏造したいエピソード一覧。

1.高校生雛と青葉の1学期
2.アラスカ基地戦で雛が特異点に入って行くのを止められなかった青葉のその後
3.ディオ&雛のバディ時代+ビゾンとのライバルっぷり
4.ビゾンさんの70年間
5.アルフリード中佐とマルガレタ特務武官の関係
6.ループから戻ってきた雛と最初の青葉とのその後
7.未来の記憶を保持した青葉が何も知らない雛と出会ってからの葛藤
8.三島くんのシグナス日誌(短編)
9.誰かまゆかちゃんを幸せにしてあげて下さい・・・・・・(切実)


1.高校生雛と青葉の1学期
これは本編放送当時から「見たい」と言ってた話。
公式さんがやってくれないなら自分で捏造してやんよ!
第1話の消しゴム拾う時の二人が可愛すぎて燃え滾った結果。
雛さんのツンデレっぷりが本当たまらんのですよ。

高校1年生1学期のイベントといえば・・・校外学習とか体育祭ですかね?最近は春に体育祭やる所多いらしいので。
青葉も雛も運動神経がいい設定のはずなので、クラス対抗リレーでバトン受け渡しすればいいんじゃね!?
遠足とかあるなら、多分仲のいい女友達がおらず班決めで浮いてるであろう雛を青葉・隆太郎・純一が誘ってくれるわけですよね。分かります。

という恋する乙女な雛さんが書きたいのと、
一応兄のように慕ってたビゾンを倒すことになるのだから、それなりに心の葛藤はあっただろうなと。
その葛藤を書きたいな。

この1.に関しては、放送当時から妄想してるので、実は大分話は固まって来てる。
執筆する時間がないのが一番の問題なのですが、時間が出来たら真っ先に書くであろう話です。



2.アラスカ基地戦で雛が特異点に入って行くのを止められなかった青葉のその後
これも以前、ブログでネタにしたけど。
アニメ最終回で描かれたループ時空軸。
雛が特異点に入って行くのを止めようとするがディオに阻止されてしまった青葉。
雛だけ2014年に飛んでしまい、青葉は未来に取り残されるわけだよな。
そして多分、その後特異点は現れず、青葉は過去に戻ることが出来ず、そのまま未来で生きていくと。

雛を助けられなかったと項垂れる青葉。
過去の自分を助ける為に雛はループを繰り返してるわけですから。罪悪感も強いでしょうね。

9話どころじゃない青葉の落ち込みっぷりにディオはいつものように青葉に喧嘩を吹っ掛ける。
青葉がマジギレ。「何であの時止めたんだよ!」と殴り合い勃発。
「雛は俺を助けようとしてずっとループを繰り返して・・・!それを止めないと行けなかったのに!お前が邪魔さえしなければ・・・!」
でも殴ってる間に、ディオは間違ったことをしてないと気付く青葉。そしてディオがこう言うのです。
「俺は言ったはずだ。 『俺が守らなくてはならないものが危険に晒されるようであれば、俺は雛よりそっちを取る』(@12話)と」
「ディオ・・・・・・悪かった、お前に当たったりして」

という青ディオというか青葉←ディオというかもういっそディオ青でいいや。
・・・若干、エルエルフ臭がしますが、こんな話が見たい(笑)

こうしてディオと青葉は連合屈指のバディとなったのであった。チャンチャン。



3.ディオ&雛のバディ時代+ビゾンとのライバルっぷり
完結編で時野さんが一番驚いたシーンw
まさか、最初はディオと雛がバディだったとは・・・・・・物凄く萌えるじゃないか・・・!

この二人の相性を考えると、最初からナイスカップリングなベストバディだったんじゃないかなと。
雛さんも体は16歳相当になってしまったかもですが、中身は大人だろうからね。
ディオのツンデレにも「はいはい」と受け入れてくれそうな大人の余裕雛さん下さい。
そして「なんとなくディオって青葉に似てるかも」とか思ってたらさらに萌える件。

ディオは雛の事が気になるけど、雛は過去の世界にいるという男のことばかり想ってて、内心面白くないディオさんとかいたら禿げ萌だろ。

あとはビゾンとの因縁!
ルクシオンによる屈辱的な敗北を喫したビゾンがルクシオンに固執していくのかな。
でも、学校に襲撃するぐらいだから、ヒナの顔は知ってるんだろうな。この時のビゾンはヒナ狙いですからね。青葉さんはただ巻き込まれただけ。
さすがに無人島でヨロシクはなさそうなので、何か因縁イベントを考えたいですね。



4.ビゾンさんの70年間
さすがにこれは二期で描かれるだろうと思い、これまであえて深く考察はしませんでした。
完結編のシーンから察するに、二期があったらちゃんと描いてくれてたと思う。熱弁奮うビゾンさんとかいたし。
だがな・・・こうなってしまったらもう自分でビゾンさんの70年を書いてやるしかないじゃないか・・・

ビゾンさんも本当不憫でさ・・・
どこかのバカップルな研究者達によって人生歪んでしまったというね・・・
まぁ、歪み方については同情の余地ないんだけど(苦笑)
「お前の気持ちちょっとは分かるよ」リア充に同情されることより屈辱的な事はないよな。

身一つで過去に飛ばされ、行政局の中で発言力を増して行き、最終的にクーデターを起こすまで。
ビゾンの70年は、渡瀬青葉とヒナ・リャザン、そしてDr.ハーンへの復讐で過ぎて行ったんだろうな。



5.アルフリード中佐とマルガレタ特務武官の関係
二期があったら絶対描かれていたであろう中佐と特務武官殿の関係!!
これが見たかった視聴者も少なくないはず。特務武官殿可愛いよ特務武官殿。
完結編でもいい感じでしたよね!ああ、妄想が滾る!

特務武官殿しかり、雛しかり、ディオしかり、貞道パパしかり、ツンデレが多すぎやしないか\(^o^)/



6.ループから戻ってきた雛と最初の青葉とのその後
長いループから元の時間軸に戻ってきた雛と未来に行ったことがない最初の青葉の話。
未来ではこんなことがあった、高校生時代の青葉にもあったとか、未来での経験をイチャイチャしながら語ってればいいと思います(笑)

ちなみに青葉さんは、雛を失うという恐怖体験から雛の大切さを思い知り、結婚を決意!
プロポーズしちゃえばいいんじゃね!っというのが私の妄想。
絶対、研究室でとか色気がない所でプロポーズするんだぜ・・・!

だが、そのプロポーズの瞬間を研究仲間に見られる。
その後、カップリングする時のことを「プロポージング」と呼ぶようになったとさ。(命名:研究仲間)


余談。
数々のワードはこのようにして誕生した編。

青葉「なぁ、隆太郎、純一。俺と雛でこーゆー研究しててさ。今度学会で発表するんだけど、理論の命名に困ってて。なんかこう、インパクトがあるカッコイイ名前、何かないか?」
隆太郎「そうだな・・・・・・なら『カップリング理論』はどうだ?」
青葉「カプ!!???」
純一「なんだよそれ最高じゃんwwwwww」
青葉「ちょっとふざけるなよ!」
隆太郎「ふざけてなんかないさ。青葉と弓原見てたらピッタリだと思ってさ」
純一「そうそう、お似合いだぜ。インパクトもあるし。二人の息が合ったら『ナイスカップリング』てね!」
青葉「カ、カカカカップリングとか・・・・・・俺達はそんな・・・!」
純一「いや、お前達付き合ってんだろ?」
青葉「そ、そりゃそうだけど・・・・・・それとこれは別だろ!」

とテンパりまくる青葉さん下さい。
「コネクティブ●●」「アクセプション」は下ネタにしか繋がらなかったので自粛します。(サイテー)



7.未来の記憶を保持した青葉が何も知らない雛と出会ってからの葛藤
完結編ラストシーン。
時野的解釈では、青葉のみ記憶を保持していると考えています。(この雛はまだ未来に行ってないので)
もちろん、未来を変える為に「カップリングの研究をしない」という選択肢もあるのですが、
他の記事でも書きましたが、青葉はこのまま研究をすることを選ぶと考えてます。何よりディオ達を助ける為に必要ですから。

でも研究を続けるということは、いずれ雛を未来に飛ばし、雛を苦しめることにもなる。
青葉はそれを知りながら雛には言えない。隠さないといけないわけです。
それはそれで心苦しいでしょうよ。
この葛藤が書きたいなと。デートしている時など幸せに浸ってる時に襲いかかる罪悪感!的なね。
カップリング実験だって、雛が無事還ってくる保証はないわけですよ。そこからは雛の記憶にはなかった未知の世界だから。

で、最終的には未来を経験した雛と青葉が再会できるわけですよ。
そこからの二人が選ぶ未来が気になるなと。
6.とはまた違う青雛。妄想が滾ります。



8.三島くんのシグナス日誌(短編)
完結編ではあっけなくやられてしまった新米パイロット君。
青葉に後輩が出来るというオイシイ展開が二期で繰り広げられたんだろうなっと。青葉が先輩風吹かせるのかな!めっちゃオイシイやんけ!クソォそんな二期が見たかった!
と考えてたらアルジェヴォルンでそんな展開が来てちょっと嬉しかったのは否めないw

シグナスに配属されてから宇宙にあがるまで。三島から見たシグナスクルーの様子を描いた短編が書きたいです。



9.誰かまゆかちゃんを幸せにしてあげて下さい・・・・・・(切実)
青葉がいなくなり泣いてたまゆかちゃんにブーケが飛んで来るとか残酷すぎるだろwww
そこはレーネ副長で良かったんじゃないかな!?
ということで、責任とって全力でまゆかちゃんを幸せにしなさいよ!!
これは構想があるとかじゃなくて、とにかくまゆかちゃん幸せにしろよぉぉぉという私の叫び(苦笑)


久々に色々アイディアが出てくる作品でした。
もう二期を見ることは叶わないだろうけど、幸いというか、バディコンは若手クリエイターを集めた実験的な作品でもあったわけで。
この若手クリエイター達が後々有名になり、「昔こんな作品に参加してた」という形でバディコンの名が知れていけば、再評価されることもあるのかな~なんて思ったり。

ノエインだってな、知名度がなさすぎて続編構想がポシャッたし、レンタルショップにすらDVDを置いてもらえなかったけど、ファンの方々が地道に布教活動をした結果、今ではどこのレンタルショップでも大抵置いてあるし、数年の時を掛けてDVD-BOX更にBD-BOXまで発売されたわけですから。
布教活動って実は凄く大事なんだよ。

私にとってのバディコンはノエインに凄く近いのかもしれない・・・
ノエインだって、放送当時はウチのブログ読者さんでさえ見てる人が非常に少ない作品でした。
それが私が余りにも猛プッシュするもんだから試しに見たら「ハマった」という方々が結構いらっしゃるんですよね。
チャット会をした時も一番皆さんが共通で語れる作品になってましたし。
バディコンもそうなってくれると嬉しいです。今後も地味に布教活動続けていきたいと思います。

長々と妄想にお付き合い頂きありがとうございました。
想像の楽園で腐り果てろ!

読者の方からコメント頂いてひらめいたけど、ノエインさんとビゾンさん対談とかどうですか?
時空ストーカー’Sの共演(笑)

PageTop

「バディ・コンプレックス完結編」感想

「バディ・コンプレックス 完結編
       -あの空に還る未来で-」


私が放送見終わってから1週間。
ようやく感想書けました。箇条書きですけど。
完結編凄く良かったです・・・何より綺麗に終わった。ここまで綺麗に終わったアニメは珍しいんじゃないかな。しかも打ち切り作品で。

円盤の売り上げが低かったが故に分割2クール目がなくなり、30分×2話にまで枠を減らされたと噂されるサンライズのロボット作品。
噂というか、完結編見れば「どう考えても現実w」と言わざるを得ないからな・・・
そんな尺がなさすぎる状態でここまで綺麗に終わらせるとか・・・脚本力の高さを称賛せざるを得ない。
「二期にこれがやりたかった」がヒシヒシと伝わってきた。12話掛けてじっくり見たかったよぉ(号泣)
完結編の作画もとても良かったです。「最後に目にもの見せてやる!」というスタッフの悔しさが滲み出てる鳥肌モノの完結編でした。
ある意味、2話に詰め込んだからこその感動もあるのかな。ダラダラ12話ではここまで感動できなかったのかもしれないけど。それはあくまで未来の可能性の一つ。
せめて1時間×2話はほしかったな・・・・・・

裏設定本、本編補完ドラマCD、小説化はまだですかぁぁぁぁっぁぁぁぁ!!
小説はそれこそ「二期にやりたかったこと」を描いてほしいぜ。それぐらいの慈悲は下さい!!

まさか「ガンダムX」より悔しいと思う作品に出会うことになるとは・・・
Xも最後凄い巻いてたけど、綺麗に終わったからな。と言っても全39話だからな。
ただ、GXの打ち切りは放送局のゴタゴタも大きかったと聞くので。相当悔しいものがありますよね。
バディコンは円盤の売り上げですからね。我々視聴者にも若干責はあるのだからあまり強くは言えない。時野も結局BD買えなかったし。急な引っ越しがなければ買ってたよ・・・うわぁっぁぁぁぁん!
まぁ、一番悔しいのは円盤買った人だろうけどね・・・・!


そろそろ本題に行きましょう。
相当長くなってしまいましたが・・・種死感想書いてた頃の感覚がちょっと甦って来たw
ではでは、完結編感想です!!

PageTop

宇宙ではしゃぐ青葉さん、プライスレス

完結編から1週間。
バディコン感想、半分まで書けた。

TWIN BIRDエンドレスリピート止まらないぜよ・・・
二人なら悪にでもなれる~♪のフレーズが大好きです。

あと、前編の無重力にはしゃぐ青葉がめがっさ可愛すぎて萌死ぬ。天使か!
ここ既に何回見たことか・・・・・・青葉さんは本当、何度時野の心臓を止めようとするのか。

これまでの予想でも、青葉がカップリング研究に関わっているであろうとは思っていたのですが・・・
「青葉の白衣姿とか絶対似合わないだろ・・・」と思ってたのに、大人青葉さんが様になりすぎてて噴いたwそして悶えた。
落ち着きというものを覚えた大人青葉さん最強すぎる件。男前やわ・・・
「イケメン」ではないんだよ。ディオはイケメン、青葉は男前。

突っ込み所満載だけど、綺麗にまとめたバディコン完結編。
2014年脚本賞はバディコンしかないだろ・・・どうやったら12話を2話にまとめられるんだよ(驚愕)
皆言ってるけど、「2クール目に何がやりたかったのかは伝わってきた。1クール使って描けたら絶対面白かったのに。惜しい。名作になり損ねた良作」という感想なのかなと。
本当、雛の回想シーン(約3分)の内容は、2~3話使ってもいい内容ですからね。
三島にだって出番あっただろうよ・・・そしてフロムにカップリング機乗せてあげたかったわw
とりあえず、青葉・雛・ビゾンの3人の因縁は描き切ったっということなんですかね。ディオ、涙拭けよ・・・

詳しくは感想記事で!

PageTop

ヒナの時間軸考察

「バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-」

バンダイチャンネルで1週間無料放送始まりましたね!
ということで、ネタバレ解禁でいいですよね!?

ああ、バディコン最高でした・・・よく2話にまとめた・・・ある意味天才だろ・・・!
細かい感想は後日じっくり書くとして。
今回は時野的解釈に基づくヒナの時間軸考察です。

とりあえず、このグラフ作った人凄すぎ。非常に分かりやすいです。

ヒナの時間軸

このグラフも含め、時野が解釈した物語の時間軸は以下の通り。
分かりやすくする為、西暦を使って書きたいと思います。
便宜的に、青葉と雛が初めてカップリング実験した時の年齢を22歳(2020年)と仮定。


2017年
渡瀬青葉、弓原雛が大学入学。二人が初めて出会う。後に恋人となる。

2020年
青葉と雛を被検体にしたカップリング実験が行われる。結果、雛だけ未来に飛ばされる。

2088年
体が16歳相当に若返る。
カップリングシステムを採用したルクシオンのコックピットの中に飛ばされ連合の兵士となる。
ディオとバディを組む。
戦っていく中で、ゾギリア軍人のビゾンとライバル関係になる。
激闘の末、特異点が発生。ビゾンと雛(ルクシオン)が吸い込まれ、過去に飛ぶ。

2014年 
ルクシオンと共に過去に飛ばされた雛。
そこで高校生時代の彼氏(青葉)を見つけ、クラスメイトとして見守る。
宿敵・ヒナを殺すべく現れたビゾン。
流れ弾が青葉を襲うが、間一髪で雛がルクシオンに乗り助ける。青葉ルクシオンに乗せられる。
執拗にヒナを殺そうとするビゾン。雛は青葉を乗せたまま特異点に入る。
「青葉、私たちはこれから未来に行くの。未来にはディオという男の子がいて、私のバディだったのよ。きっと青葉とも気が合うわ」的な会話があったと推察。
だが、青葉だけ2088年に飛び、雛は2078年に飛ばされる。

2078年
体が幼児化&記憶喪失に。ザグレブにてビクトル・リャザンに拾われ養女となる。

2079年頃~
ビゾンの隣の家に引っ越してくる。ビゾンと幼馴染になる。
ゾギリア軍の幼年学校入学。ゾギリアの軍人となる。

2088年
連合の新型機を鹵獲作戦に参戦もルクシオンに負ける。
青葉に名前を呼ばれたことから、マルガレタ特務武官から疑われ、冷遇される。→青葉を憎む。
無人島に墜落。洞窟に閉じ込められ、最終的に青葉に助けられる。
ハワイ基地強襲作戦で養父を喪い、実の親子ではなかったことを知らされショックを受ける。
青葉と会話をし、自分が何者か知りたいと思うようになる。
ビゾンと雛がルクシオン・ブラディオンを強奪。
旧型カップリング機で青葉とディオがカップリングを行うが、失敗する。
ガラプーシカ破壊作戦(アラスカ戦)の折り、操られた雛を助けるべく青葉と雛がカップリング。
特異点発生。ビゾン(ネルガル)が特異点に吸い込まれる。
青葉がビゾンによって殺されると考えた雛(カルラ)も特異点に飛びこむ。
※カルラ=ゾギリアの新型カップリング機。コックピットは奪取したルクシオンの物を流用。

2014年
青葉のクラスメイトとして、青葉を見守る。
恋敵・青葉を殺しに現れたビゾン。
ビゾンに狙われる青葉を、カルラに乗って助ける。
特異点発生。「ディオが待っているわ」と残し、雛は2078年に、青葉は2088年に飛ばされる。

2088年
ハワイ基地の戦いで、旧型カップリング機で青葉とディオがカップリングするが失敗する。
特異点にビゾン(ネルガル)が吸い込まれ、雛(カルラ)も特異点に飛びこむ。
青葉は雛を助けようとするが、ディオが止めに入り失敗する。

2014年
青葉のクラスメイトとして、青葉を見守る。※以下、アニメ第1話。
恋敵・青葉を殺しに現れたビゾン。
ビゾンに狙われる青葉を、カルラに乗って助ける。
特異点発生。「ディオが待っているわ」と残し、雛は2078年に、青葉は2088年に飛ばされる。

2088年
ハワイ基地の戦いで、旧型カップリング機で青葉とディオがカップリングし、成功。
青葉とディオが記憶を共有する。

特異点にビゾン(ネルガル)が吸い込まれ、雛(カルラ)も特異点に飛びこむ。
青葉は雛を助けようとし、ディオも協力する。
ビゾンはネルガルを破壊され、人体のみ過去に飛ばされる。=過去に飛んでも青葉を殺せない。
雛は無限ループから脱出。連合に亡命を希望する。

20歳で2014年に飛ばされたビゾンが成長し、94歳になっていた。
宇宙戦で青葉・ディオ・ビゾン・雛の4人が記憶を共有する。
ビゾンさん死亡。特異点が発生し、青葉と雛が特異点に入り、それぞれ元の時間軸に戻る。
雛は2020年(カップリング実験時【★1】)に、青葉は2014年(高校1年生【★2】)に戻る。

2020年【★1】
雛はカップリング実験が行われた時点に戻る。
体も22歳相当に戻る。未来の記憶を保持している。
一番最初の青葉(未来に行った事がない、何も知らない青葉)と再会。幸せになったとさ。
おそらく、カップリングの研究はそのまま続けたと思われる。



2014年【★2】
未来で戦った記憶を保持した青葉が2014年に戻る。弓原雛がいない高校生活を送る。

2017年【★2続き】
青葉と雛が大学入学。
青葉は記憶を保持しているが、この雛は未来に行ったことがないので、「初めて会った」となる。
これから起こることを知っている青葉は、雛が長く苦しむことになることは理解しているが、カップリング研究をせざるを得ない(でないと雛が戻って来れないから)

2020年【★2続き】
カップリング実験を行い、雛が未来に飛びループを繰り返す。
青葉の視点から見ると、実験からしばらくした後、未来で戦ってきた雛が帰還する。
こうしてようやく、未来の記憶を保持した青葉と雛が再会することが出来る。
真のハッピーエンドとなる。


ということなのかなっと思いました。
こんな壮大で濃厚な内容を3分でまとめちゃった完結編凄すぎwwwwwww
でもこれがまた綺麗に纏まってるんですよね・・・そりゃ凄い駆け足だけど。
でも、1時間で12話分凝縮させたんだから、本当に凄いと思うわ。スタッフの本気スゲー・・・。
これは二重に評価されるべき。


このヒナ時間軸はあくまで時野さんが現在持ってる作品への認識です。
色んな解釈ができるのが面白い所じゃないか。本当、バディコン完結編良かった・・・
感想を書くのが楽しみです!

PageTop