螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

2017年あくまで時野的アニメランキング

ああ、やっと・・・・・・
2017年12月79日の世界線からお届けしております、2017年最後の締めくくり。

2017年時野的アニメランキング!

ついに完成しました・・・・・・
というかモチベーションが上がらずやっと書く気力が起きたという感じなのですが・・・・・・

なんかあっという間の1年でした。
冬アニメもついこないだ見てたような気がするんだけど、もう1年前なんですよね・・・・・・。
ではでは、いい加減年越しをしたいので。2017年アニメランキングいっきまーす!










































第1位 昭和元禄落語心中 助六再び篇
2016年1位だった一期。二期もめちゃくちゃ面白かったです。
落語パートの臨場感は一期以上。本当に凄い作品でした。声優陣の演技力の殴り合いでしたね!
あと、二期は時代が平成だったので、親近感沸きやすかったですね。恐らく、信ちゃんは私と同年生まれだろうしなぁ(笑)
なんかこう、上手い言葉が浮かばないんだけど、とにかく2017年で一番面白かった作品でした。ありがとうございました。




















第2位 僕のヒーローアカデミア二期
二期になって、面白さが段違い!!一期も面白かったけど、二期に入り、各キャラの個性を活かしたエピソードが増えてきてもっと面白くなったヒロアカ。
体育祭編、すっっっっっごく面白かったです。轟君のエピソード本当好きです。
職場体験もステインと戦うデクと轟君、そしてそんな二人を見て成長する飯田君が最高に良かったです。
三期も楽しみです。




















第3位 最遊記RELOADBLAST
実は、実際に放送を見る前は「思い出クラッシャーになるのではないか」と危惧していた最遊記。
思い出補正どころか、今までで一番面白かった!そして衝撃的だった最遊記でした。
独角兕の最期がもう・・・・・・辛くて。てっきり、三蔵一行と紅孩児一行は誰も死ぬことなく大団円を迎えるのではないかと、この十数年思っていたので・・・・・・ウソだろと・・・・・・でも、最期凄く良かった。
天界篇も良かったですよね。毎週「うわああ」と言いながら見てました。そして、紗烙三蔵がカッコよすぎて、惚れました。関俊さんのCMも面白いし、最高の三ヶ月でした。ありがとうございました!
アニメ20周年もしくは連載25周年で再アニメ化されることを祈っております。










第4位 Re:CREATORS
1クール目は本当に面白くて、今年の1位になるかもしれないと思ってたのですが・・・2クール目からがどうもな・・・というのもチャンバーフェスアニメがあまり面白く思えなかったというか・・・もし私があの会場にいたとしたら、憤慨できる自信があるぐらいアニメがイマイチだったなと・・・。颯太君も結局、シマザキさん自身をキャラに落とし込んだだけで、クリエティブなことしてたのか・・・?と疑問が残るラストだったなと・・・。
ただ、松原さんがカッコいい作品だったなと。セレジア覚醒のシーンとか熱かった。あと高良田さんとアリスちゃんの絆が良かったなと。いい面も多かったと思いました。
前半が良かっただけに、後半が惜しい作品だったなと思います。





第5位 青の祓魔師 京都不浄王篇
原作読んでてアニメで見たいと思ってたシーンをようやくアニメで見れて幸せでした。が、なんというか、原作で大泣きしたシーンもちょっと盛り上がりに欠けた感があってあまり泣けなかったな・・・と。
一方で、新キャラ(金兄、柔兄、蝮)のキャストが脳内妄想ボイスそのまますぎて放送前のキャスト発表時から泣いてました(苦笑)
特に蝮は一番声が想像しづらく、アニメ化したら絶対私の思う声と違う感じになるんだろうなっと思ってたんで、脳内妄想ボイスから1寸の狂いもなく再現されたから「ありがとう」しか言えなかった。蝮かわいいよ蝮!金兄は本当バカで愛しいし、柔兄は色々反則ですよね。柔蝮にずっと悶えてた3か月間でした。原作でもニヤニヤが止まらない二人だったが、アニメの破壊力凄かった……(放心)





第6位 CHAOS; CHILD
初回は「カオスヘッド」でしたけど!(笑)カオチャ面白かったです。怖かったけど。ゲームやりたいなと思ったけど、やっぱりこれ一人でゲームしたら眠れなくなりそうだからやめようと思った(笑)
毎週、いい所で終わる、引きが上手かったなと思いました。ED曲も好きでした。めっちゃヘビロテしました。





第7位 活撃 刀剣乱舞
後半はなかなか面白かったけど、何故序盤からエンジンを掛けなかったのか、勿体ないっという印象の活撃。坂本竜馬の話とか凄く良かったので。でもこれ、2話ぐらいでやっても良かったんじゃないの?感(苦笑)
放送時の感想にも書いたと思うけど、「シリアス路線だからある程度、登場キャラを絞るだろうとは思ってたけど、あまりにも絞りすぎじゃないか!?」感が強かったですね。序盤からエンジン掛ければ、第三部隊としてあと6振は出せたんじゃないかな・・・とか。
でも、戦闘シーンの作画はクレイジーでしたね。もう狂気でしたよね。スタッフマジ凄い感動した。
時野的には、我が本丸の主力陣が活撃で登用されて嬉しかったです(笑)
堀川君と兼さん、山姥切と骨喰のカッコイイ戦闘シーン見れたし。そしてゲストで大倶利伽羅と光忠が出たので時野さん的にはご褒美アニメでした。ありがとう・・・・・・・





第8位 鉄血のオルフェンズ
今回の評価対象は2017年放送分ということで、ラスト3か月が対象です。
なんというか、一期は結構面白かったから期待していたのですが・・・という感じですかね。
とりあえず、ガンダムなのに、主要キャラが銃で撃たれて死ぬのはやめようよ・・・・しかも二人。
昭弘好きの時野さんは最終回は無になって見てましたな・・・・・・・
名瀬の兄貴の最期は良かったけどな。非常に残念なガンダムだったな・・・・・・種死の方がマシかもしれん・・・・・・





第9位 ひとりじめマイヒーロー
キャラの個性が上手く引き立ってるアニメでした。
とはいえ、ちょいちょい私が苦手とする雰囲気があったのですが、支倉様から目が離せなくて最後まで見てしまった(笑)何せ、「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」とか、こんなぶっ飛んだ攻めキャラwww最高だわwwwそして健介が天使でしたね。可愛かったです。
マイヒーロー組も勢多川が健気で可愛くて好きでした。ただ、時野さんはどうしても康介さんが苦手なんだな(苦笑)でも、最終回はすごく良かった。なんだかんだで楽しかったです。





第10位 正解するカド
ワム編の頃は「これは神アニメになる!」とワクワクしていたのですが・・・・・・
とりあえず、交渉官のはずが全然交渉していないというか、宇宙人を盲信して、結局騙されてたっていう・・・・・・もっとクレバーな交渉シーンとかが見たかったんだよ!
唯一の癒し、花森君がもう本当不憫すぎて・・・・・・・
でも、ザシュニナさんは嫌いになれないんだよな。「もしもし?」と電話掛けるシーンは面白かったし、ロミジュリ読んでヒロイン気取りしてるザシュニナさんは結構好きでした。



第11位 サクラクエスト
悪くはないけど、なんかスッキリしないというか・・・2話引っ張ってやる話じゃないんだよな・・・感が強かったサクラクエスト。なんつーか、地域活性化がテーマの話だけど、世の中そんなに上手くいかないわけで。なんか白けてしまったんだよな。
でも、2クール目に入ってからはちょこちょこ面白くなって行ったし、最後のオチは見事でした!
続編あったら見てみたいかなと思わせてくれました。



第12位 戦刻ナイトブラッド
実は現時点でもまだ最終回まで見れていないのですが・・・・(10話まで見た)
武将達がチョロインすぎて面白かったです。あ、時野さんは黒田官兵衛が好きでした。でしょうね!(笑)
声優陣はやっぱり豪華ですよね。でも、総大将の中の人たちが、ベテラン勢(40代)と若手勢(20代)で半々な所がクスっとした。中堅がいねぇ!つい、イベントの模様が気になってしまったわ。



第13位 Code:Realize~創世の姫君~
私は原作ゲームをプレイしてるから、やりたかったこと、スタッフが頑張ったことは凄い分かる。
でもやっぱりあの膨大なゲームを1クールでまとめるのは難しいよなと。努力は認めるけど、初見さんは絶対に付いて来られていないだろうなと。
でも第一話は本当よくできてたと思う。いや本当、よく30分にまとめたなと。涙ぐましい努力の跡が垣間見れる、そんなアニメでした・・・・・・せめてゲームの販促に繋がっていればいいんですけどね・・・・・・。



ということで、2017年はこんな感じでした。
あとランキング対象外だけど、10分アニメで、「捏造トラップ−NTR−」は見てましたね。
なんというか、今年は時野的にはアニメ不作年だったな。序盤面白かったのに最後が残念って作品が多かったという印象ですね。レクリもカドもオルフェンズもいい素材だったのにな・・・調理法間違えすぎだろ・・・・・・


さぁ、ようやく年明けです。
2017年、大変お世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

PageTop

スタイリッシュ風林火山

戦刻ナイトブラッド。
そこそこの戦国オタクである時野さん的には視聴が拷問に近いのだが、今期は見るアニメ少ないし、暇つぶし見てます。ツッコんだら負けだの精神で。あと結月ちゃん可愛い。大正義CVくぎゅである。
てか、OPカッコイイよね。妙にクセになる。

でだ。そんな暇つぶしで見てる作品で何故記事を立てたかというと。
武田軍のテーマ(ED)の歌詞に大爆笑したからであるwwwwwwwwwwww

予想はしてたけど、
サビ以降が風林火山wwwwwwwwwwww

カッコイイ曲なのに風林火山な歌詞というのが戦国オタクの時野さんのツボにヒットしたwwwww
やるとは思ってたけど本当にやったな感。ある意味期待通りで吹いた。
豊臣軍のテーマも良かったですよね。曲はいいんだよな。
武将達がチョロインすぎてこっちの腹筋がもたない・・・

無性に信玄餅が食べたくなった3話でした。

PageTop

2017夏完結アニメプチ感想

夏アニメ、全話見終わりました。
春から継続アニメが多かった夏アニメ。ちょこっと感想をば。
年末ランキング予想の参考にどうぞ。


■サクラクエスト
途中、挫折しそうになりましたが、丑松会長の高校時代話辺りから少しずつ面白くなってきたなという印象。
この面白さを1クール目から発揮してほしかったのだが・・・・・・
でも、最終回は意外性もあっていいオチだったなと思いました。


■捏造トラップ−NTR−
いやーなんというか、残酷な人間関係でしたなぁ~という感想(苦笑)
ユマ⇒やってること結構残酷w
ほたる⇒酷い
藤原⇒クズ
武田⇒聖職者

武田君だけが良心でしたね。てゆーかマジで武田君いい人過ぎて・・・大丈夫君ならもっといい人と付き合えるよ(号泣)ユマちゃんも同情はするんだけど、ほたるに対しても、武田に対しても結構酷いことしてるんだよなーっと。藤原君は清々しいほどのクズで最高でした。ここまで突き抜けてるクズは一周まわってイイ。話のスパイスになってたなと思います。

でだ。話はまぁ、そこそこ面白かったし。私好みの百合CPだったので、なんだかんだ楽しんでましたが、毎回CMがさ!
百合雑誌のCMを野郎2人でやるとか、誰得なんだよ!(大爆笑)
そんなCMも面白かった百合アニメでした。やっぱり百合はええなぁ!

※なお、こちらの作品は10分アニメですので、年末ランキングには含めない予定です。


■最遊記RELOADBLAST
思い出補正なんかなんのその!というか思い出より面白かったRB。
早く続きが見たい!けど、原作に追い付いてしまったそうで。終盤はコミックス追い越してたそうで。
この続きが見れるのはいつなのか・・・・・・
「アニメ20周年」か「原作25周年」にまたアニメ化してほしいなと思いました。
それにしても、キャスト変更なしでやってくれたの本当嬉しかったです。
封神演義もキャスト変わるそうですし。Dグレですら変更になったわけだし。(まぁ、Dグレは伯爵もブックマンも・・・なので、それならすべて変えてしまおう的な発想もあったんだとは思うけど)
このご時世、貴重な神キャスティング続行でしたね。ありがとうございました。


■僕のヒーローアカデミア二期
二期めっちゃ面白かった・・・一期も良かったけど、二期は段違いで面白かった。
体育祭編も良かったし、職場体験編も良かった。こーゆー「THEジャンプ」な作品大好きです。
三期も決まりましたし、今後の展開が楽しみです。


■Re:CREATORS
なんというか、総集編は結構工夫凝らしてたからいいけど、特番+早めに終了・・・・・・これ2クールでやる必要あったのだろうか・・・?とかちょっと思ってしまった・・・・・・
なんというか、設定とかは凄い面白かったんだけど、肝心の「チャンバーフェスのアニメ」があまり面白いと思えなくて・・・・・・私があの会場にいてあのアニメ見させられたらキレてた自信あるんだが・・・・・・
セツナを生み出した颯太きゅん凄いみたいになってたけど、あれってシマザキさんをそのままトレースしただけなのでは・・・?つまり颯太君はシマザキさんのことをちゃんと理解してて、完璧なシマザキさんを描いたからアルタイルも納得したんだよってことですか・・・?なんかこう、クリエイトしている感じには思えなかったんですが・・・・・・と、終盤が残念でしたが、1クール目は本当面白くて。春アニメで一番ワクワクして見てましたね。


■Fate/Apocrypha
挫折しました。


■活撃 刀剣乱舞
後半は凄く面白かったが、なぜそれを序盤でやらなかった?感が強かったです。
あと、シリアス路線を希望していたのは確かなので、ある程度登場キャラを絞るだろうなとは思ってたけど、いくらなんでも絞りすぎじゃね?
第二部隊、第一部隊の12振り以外で登場した(しゃべった)のって、小狐丸(三日月のお茶仲間)と燭台切光忠&大倶利伽羅(鶴丸と同じ伊達組)だけじゃね?
60キャラを超えているわけですし・・・もうちょっと話をコンパクトにすれば、第三部隊の話とか作れたような気がしてならない・・・・・・
第二部隊の活躍、次は劇場版で!ということですが・・・あれ?劇場版予告に堀川君いた・・・?いなかったような・・・・・・どゆことw

とりあえず、欲望に忠実な感想を言うと、「ufoクオリティの山姥切国広が拝めて最高でした。見た目ただのセイバーだったけど!(爆)」
戦闘ソーンカッコイイし、なおかつ面倒くさいコンプレックス丸出しなシーンも拝めて、合掌しました。
花丸だと、天然キャラ色強いほんわかキャラだったので。ありがたや。


■ひとりじめマイヒーロー
ちょいちょい苦手な所があったけど、支倉様一本釣りで最後まで見れました。
なんだろうね、支倉を応援したくて仕方がない。
とりあえず、
「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」
はBL史に残る名言の一つになると僕は思いました(笑)
思わずお茶噴いたわwwwwwwwww


以上が夏に完結アニメのプチ感想でした。
今年も残り1シーズン。今年の1位はどの作品になるのか。こうご期待。

PageTop

最期まで須らく観ろ

いつまでも愚痴をトップに載せておくのも・・・なので。

最遊記RBが本当面白すぎて困る。
放送前は、「最遊記新作楽しみだけど、思い出補正強いかもだし、楽しめるかな」なんて思ってたけど、思い出補正どころか今までで一番面白いわ。
外伝も引き込まれたし、三蔵一行も紅孩児達も懐かしいし、独角に震えたし、なにより紗烙三蔵カッコよすぎて惚れる(爆)
いや、紗烙様カッコよすぎじゃね?何なのアレ。あんなん惚れるに決まってるがな・・・・・・マジイケメンすぎるだろ、紗烙様ァ!ハサンさん、ちょっとそこ俺と変わろうか。
1話のモブ梶も3話の登場時から怪しさ満点だった津田健も最高でしたな。でもあの話めっちゃ好き。

1クールだけとか・・・来週で最終回とか・・・・・・いやもうコミックス追い越してしまったらしいけどさ。やっぱり最遊記は面白いなと改めて思いましたね。

OP明けの一迅社のCMも最高ですよね。来週で関俊の癒しボイスが聞けなくなるとか・・・・・・(寂)
最終回も須らく観ます。


PageTop

闇落ちお手の物!

活撃 刀剣乱舞。
つらい展開よのぉ・・・

「闇落ち・暗殺・お手の物!」

になってる堀川君・・・
※ゲームの堀川国広のキメ台詞は「闇討ち・暗殺・お手の物!」です(苦笑)
※新選組関係の刀剣男士は皆クセが強く、一番常識人(男士)っぽい堀川君ですが、このキメ台詞を聞いたとき、「ああ、やっぱ堀川君も新選組の刀だなw」と思った思い出(笑)

まさか兼さん大好きすぎる堀川君と兼さんが仲違いするとは・・・(驚)
お互い元主である土方さんを想ってこそのすれ違いなのが辛いですね。
そして土方さんの最期を見届けられなかった兼さんと、最期まで一緒だった堀川君の違いね・・・どっちも辛いよな・・・でも堀川君が危うすぎる。歴史が変わっても生き延びたとしてもそれが幸せに繋がるとは限らないんだよな・・・・・・

そして次回は箱館戦争だとぉ!?
ってさすがに2年間江戸に逗留するわけじゃないだろうから、一度本丸に帰還しないにしても主による転送はするとは思うのですが。本来なら堀川君を外すはずですが・・・・・・さてはて。

函館へ旅行したのが7年前の夏。
五稜郭も、箱館奉行所(復元)も、一本木関門も行ったさ・・・・・・ああ、懐かしいなぁ~。

話を戻して。
堀川君は、第二部隊はどうなってしまうのか。あんな所で終わるとか1週間ドキドキです・・・


PageTop

必ず俺達が止めてやる!

寺田屋事件(1866年)から数日後。
時間遡行軍から坂本龍馬護衛ミッション中に土方歳三とすれ違う和泉守兼定。

「嬉しいだよ、土方さんに会えて・・・・・・あの人、これから大変な日々が待っているっていうのに、あんなにも・・・あんなにも精悍な顔して・・・たまんねぇーよ・・・」

「おまん、どうする気じゃ?」

「どうするって・・・・・・俺達は歴史を守る為にここにいる。だから、あの人の人生にどんな不幸が訪れようと、そうなるように戦うだけだ。俺は土方さんから龍馬を守る。歴史を守る。」

「お前らが新選組を助けようってんなら、必ず俺達が止めてやる!」

兼さんんんんんんんん!
やばい、これは鳥肌立った。兼さんマジ第二部隊の隊長だわ・・・・・・
ちなみに、赤文字が土方歳三の愛刀「和泉守兼定」のセリフ、青文字が坂本龍馬の愛刀「陸奥守吉行」のセリフです。

そうして割り切れた和泉守に対し、割り切れないもう一つの土方さんの愛刀「堀川国広」・・・

「龍馬さんがここで死ぬことになったら、土方さんの未来が変わるかもしれないって・・・・・・」「どうして大切な人を助けることもできないの?兼さん・・・・・・」

兼さんと逆方向に歩き出す堀川君・・・・・・なにこれ辛い・・・そして次回予告が不穏。
サブタイトルが「鉄の掟」だから、これは来週は新選組回かな。

それにしても、寺田屋事件が1866年。大政奉還(≒龍馬暗殺)まであと2年。
陸奥守も辛いが、この頃の新選組って一番の隆盛期なんだよね。
そんな時の元主を見てしまった和泉守と堀川も辛いよな・・・・・・

時野さん歴史好きと言っても幕末はそんなに詳しくないのですが、
大学生の時に「竜馬がゆく」を読み、「薄桜鬼」にドハマリしたので、龍馬絡みと新選組絡みの事件は任せろ!(苦笑)

まぁ、司馬遼太郎の創作も多いから、「竜馬がゆく」はあまりアテにはならんのだがな。それこそ、司馬の寺田屋事件は新選組が出てくるし。史実では大筋否定されてますよね。龍馬の歩んだ歴史の大枠を掴むのにはピッタリですが。
薄桜鬼はゲームだけだとそんなに詳しくならんかもだが、いかんせん、時野さんは「山崎ルートを捏造」する為に色々年表を調べたもんさ。ハッハッハ!(笑)

とうらぶに話を戻して。
兼さんの決意に震えた回でした。
来週の堀川君が怖いですが・・・これは第一部隊にメンタル鍛えてもらった方が良いのでは・・・三日月(最年長・みんなのおじいちゃん)、山姥切(国広兄弟)、骨喰(今の堀川君に近かった)辺りで説き伏せてくれていいと思うのよね。

次回がドキドキです。

PageTop

不意打ちすぎると涙も出てこないものなのだな

うそだろ・・・・・・
時野さん、そりゃ色々アニメ見てきて、思い入れのキャラが・・・なこともそりゃいっぱいあったさ。だけどさ・・・

独角兕ィィィィィィィッィ・・・・・・・・!

不意打ちすぎてショック受けすぎてヤバイ・・・・・・
ナタクが現れた辺りで「ヤバイ、独角に猛烈なフラグが立ってる・・・やめろぉぉぉ」と思ったけど、もうあのラスト・・・・・・

なんかもう驚きすぎて泣くことすらできなかったわ。人間ビックリすると固まるよね。
もうさ、三蔵一行と紅孩児一行はなんだかんだで死なずハッピーエンド路線だと思い込んでました、この15年ほど。少なくとも独角は最後までいると思ってた。故にショックすぎてアカン・・・・・・

ナタクと悟空の再会とか、悟浄の覚醒フラグとか、三蔵ボロボロとか色々凄い回だったけど、もう独角がすべてを持って行ってしまった・・・・・・
悟浄(弟)と紅孩児をこじつけで重ねてたっていうセリフに「うわぁぁぁぁ」て変な声出た。
先週の回想シーンも「ああ、懐かしいな・・・切ない兄弟よな」と思ってたけど、まさかこれがフラグ演出だったなんて・・・そして悟浄も覚醒してしまいそうだし・・・・・・紅孩児もこれがキッカケでスイッチ入ってしまいそうだし・・・今後の赤髪組からも目が離せないですね・・・うわぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁ

そしてワンカット登場する李厘とヤオネですよ・・・・・・お前らも出てこいよ・・・・・・

長期連載作品でレギュラーキャラがいなくなると、短期連載のそれとはまた別の寂しさがあるよね。
こんな気持ちになったの10年越しファフナーのカノン以来だわ・・・・・・いや、不意打ち感だと、後輩組かな。

最後まで紅孩児を守った独角兕は本当にカッコよかった・・・・・・ありがとうございました。

PageTop