螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

小野一級フラグ建築士

本編も凄かったけど、
とりあえずさ。次回のサブタイトルさ・・・・・・

第33回「嫌われ政次の一生」

これさぁぁぁぁぁ。
なんかもう、これがやりたくて今まで映画ネタでやってきたよみたいな集大成すぎて震えた。
あ、もちろん、元ネタは「嫌われ松子の一生(いっしょう)」ですよね。「きらわれま~」まで一緒とか。
そして、まさかの俳優の名前が入ってるとか、やべぇな。脚本家の本気怖い。

と、最後の次回サブタイに持って行かれてしまったが、本編もやべぇっすな。
もうさ、小野演説で泣きそうになった。小野の家臣たちが・・・・・・家臣たちも辛かったよね。それでも「我らも殿を欺いていたのです」とかいう家臣、もう最高か・・・小野家臣団に泣かされた。

そしてなつさんがぁぁぁぁぁ。もうさ、これが普通の映画とかなら「良かったねなつさん。政次も穏やかに過ごしてほしい」と思う所だけど、これ大河ドラマだからね。もう未来が分かってしまっているからね。いやぁぁぁっぁぁやめてぇぇぇぇぇてゆーかもう「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」って典型的なね!一級フラグ建築士すぎてもう・・・・・・orz

それにしても、なつさんといい、しのさんといい、直虎に翻弄された直親・政次に翻弄される姉妹なのだなぁ・・・・・・兄者は顔からピーですし(コラァ)

はぁぁぁぁ・・・ついに来週か・・・・・・
今週も出かけてて、リアルタイムでは見れなかったんだけど。来週もリアルタイムは厳しいかな・・・?
来週は心して観ます。

PS
この三連休、実家に帰っていたのですが。
父親も今年の大河気に入っているらしくて驚いた。いやまぁ、どんな駄作でも絶対見る人ではあるけど、割と今年は本気で楽しんでいるらしい。マジか!
乙女ゲーム大河は父親的にはNGかと思ってたのでビックリしたわ(笑)
いやでも、最近は調略とかが面白い感じで描かれてて確かに歴史ドラマとしての面白さも出てきたよね。
途中から見た人には面白さ伝わらないって評されてるけど、本当にそうだなっと思う。これまでの積み重ねが今生きてるそんな脚本ですよね。いまだかつて、こんなに回想シーンが多かった大河はあったかなと。まるで種デスでも見ているようだ!(笑)
直親の回想とか、マユのケータイ回想に近いものを感じませんか(笑)
だがそれが効いてきている。いやー本当に面白いです。

スポンサーサイト

PageTop

ロス回のサブタイトルは何がモチーフになるのか

はあ・・・うわぁ・・・・・・

「俺を信じろ。信じろ、おとわ」

からの

「地獄へは俺が行く」(次回予告)


もうやめてよ・・・・・・知ってるけど。知ってるけどさ・・・・・・・・・・・・。
はぁ、覚悟は再来週ぐらいかな・・・・・・はぁ、この後、私は何を糧に視聴を続ければいいのか・・・

と思ったんだけど、実はもう30話なんですよね。
・・・・・・もうそんな話数行ってたのか・・・・・・

ちなみに、昨年の真田丸は35話が犬伏。38話が昌幸パパロス回だったんですよね。
・・・と考えると、意外と早くもないのか。むしろ粘ったのか。作中まだ数年しか経ってないけど!(苦笑)

よし、こうなったら本気でゲーム作ってもらうしかないよね。というか本気で同人ゲーム作る人いそう。だってこれ、本当、なんて乙女ゲーだからね・・・本当に。

爽やかスケコマシ直親、不憫オブザ不憫政次、セコム傑山、キャンキャン直之、カンカン方久、盗賊の貴公子龍雲丸、我らが癒しの振り回され系家臣六左衛門、猫とセットズルいよ癒しだよ南渓和尚を攻略させてください(爆)
あとショタ枠で亥之助君下さい・・・・・・(コラァ)

絶賛現実逃避中。


PageTop

死の帳面(デスノート)

今週の直虎・・・・・・

オババ様のデスノート怖すぎ・・・・・・・・・・・ヒエッ

寿桂尼様による信頼度格付けチェック怖すぎやろ・・・・・・帳面に×を付けられた奴は死ぬ。
そして直虎が×評価になった理由は「自分に似ている女子は衰退する主家に付くはずがない」というブーメラン的発想が怖すぎじゃwwwww

一度見終わってからもう一回見返すと、もう恐怖しか感じない。
まさか一回目は感動のシーンと思ったら二度目はホラーとか・・・・・・ガクブル
初めて乙女ゲーム要素以外で褒めたいシーンが来た(酷)

それにしても、オババ様は何度蘇るのか・・・・去年のオババ様もなかなかだったが、寿桂尼様はその比じゃねぇwww


はぁぁぁぁ・・・・・・今週はホラーだったわ。怖いわ。
それにしても、もう作中は3年が経過していたのか・・・・・・ああ、●●ロスの日が刻々と迫っておりますな・・・・・・いやだ、見たくない・・・・・・と思ったのは今回が初めてだ(苦笑)
いつも「この人物の暗殺事件までもうそろそろだなぁ。いいキャラだったがいいラストが見れるといいな」と思うのに、今回はマジで見たくないと思っている。なんなんだ、これ・・・・この気持ちはなんだろう・・・・・・・


PageTop

ファンの息の根を止めに来る展開ワロタ

来週のサブタイに「ぶふっ」と笑ってしまった。
毎回毎回モチーフをよく考えるな、おい。(感心)

ちなみに、一番「ちょwww」と思ったサブタイは「綿毛の案」ですね。いやはや。
次週はまさかの「ぬしの名は」。えっと、誰と誰が入れ替わるのかな?
次週同様の「ストレート過ぎ」系だと、「城主はつらいよ」とかですかね。先週の「罪と罰」は元ネタそのまんまだしな。

まぁ、なんかもう最近、毎週感想書いてる気がするけど、いいよね。
大河ドラマ?なにそれ?乙女ゲーム時代劇だよ!
そんなわけで。今週の直虎。

ここに来て直親クラスタの息の根を止めに来る展開ワロタwwwwww

直親が死して早8話(=放送から約2か月)。
なんでファンタジー要素が強い(史実の資料が少ないので妄想が多い)作品なのに、そこは律儀に描くんだYO!ちょっと、なんかもう、直親好きの女性視聴者の屍が見えるwww

いやだってほら、去年の真田丸だってさ!信繁には子供が13人いたと言われるけど、作中では色々配慮してもっと人数少なかったりしたじゃないかwまさかイケメン大河煽ってた作品で息の根止めに来るとは思わなかったわwいやはや、非常に面白い回だったですけどw
共通の敵を得て仲良くなる直虎&しの殿がクッソ面白かったwww

そして今週の政次殿。
なんか一緒に碁やるぐらい仲直りしてるやんけwwwwwwwwwwwww
先週、ようやく領主と家老らしくなったなぁと思ったけど、なんかもはや幼馴染に戻ってますね。

政次(直親の娘!?・・・これはおとわがショックを受けているはず。なんとかせねば!)
と考え、「武田の間者かもしれません」とやたら間者推しする政次に切なくなった。いやでもまだ本当に間者の可能性もありそうだけど?
そして最後の「いつでも当主を降りられて良いのですよ」とかな。ますます舵取りが難しくなってきたからやっぱり俺がおとわの盾になる的なね・・・・・・政次どんだけおとわ第一なのか・・・・・・今後の展開思うとつれーわ・・・・・・

さてと。
乙女ゲー大河。ホームドラマ時代劇と言ってきたおんな城主直虎。
少しずつ情勢がきな臭くなってきましたね・・・・・・東に北条・今川、北に武田、西に松平・織田に囲まれる井伊谷。立地的にはかなり要所なんだぁと再認識。絶対、信長の野望プレイする時には選びたくない立地だわ(コラ)


最近、某自動車のCM見ると癒されますね。
まさかの大人鶴と子供亀の共演だぞ。初めて見た時、画面2度見した。
手を振ってる藤本君めっちゃ可愛い。天使か!
そしてメロンパンもクッソかわええなチクショー!こんな30代反則や!(怒)


直虎、最初は全然期待してなかったのにな。毎週楽しみでワクワクするわ。

PageTop

大河と思わなければ面白い時代劇だよな

先週も今週も神回やんけ・・・。

直虎「家老は如何すればよいと思うか?」
政次「打ち首になさるが相応しいかと」
直虎「今『打ち首』と言うたな?」
政次「・・・はい」(あ、これは嫌な予感がする・・・)
直虎「では、打ち首にはせぬ!」
   「但馬が『せよ』ということをすれば罠に掛かることになると思わぬか?」
政次(こいつ・・・・・・)

という政次の表情がGJすぐる。この諦めた表情、さすが幼馴染である。
かーらーのー、ドS政次による六左衛門への尋問がもう面白くてね・・・・・・この二人のやり取り、今後もお約束にしてほしいわー。
とりあえず、六左逃げろ、全力で逃げろwwwwww

政次「『やる』と言う殿に『やるな』と申し上げるのは無駄にございます故」
直虎「分かってくれてありがたい。鶴!恩に着る!!」
政次「・・・・・・・・・・いえ・・・・・・」

久々に鶴と呼ばれて嬉しさが隠しきれない政次wwwwwwwwwwww
なにこれ。先週の和解を経て、政次デレ期が到来してるwwwwwwwwwwwww
やっと、領主と家老らしくなってきましたね。直虎と直之・六左衛門とも絶対的な信頼関係が出来てきたし、ようやく安心して見れるようになってきましたね。
来週は犬猿の仲であるしのとも、共通の敵ができて同盟結びそうですし(?)。
ようやく井伊谷が落ち着く感じですね。まぁ、一時の平和なんでしょうけども。

それにしても、手習い組が無邪気なスパイすぎて笑えるw
亥之助は鉄砲玉を見つけてくるし、直久は殿に告げてしまうしwww

そして最後はコレw

直虎「これでは我が阿呆みたいではないかぁ!」
政次「自業自得にございましょう」

いいオチだったw
でも、六左衛門が見張り代わった時点でオチは読めてたけどな!(笑)
六左衛門の扱いの酷さに定評がある「おんな城主 直虎」。
武田が動き出してようやく情勢が大河ドラマらしくなってきましたね。ここから大河らしく盛り上がってくれればいいのですが。
しかし、来週はコメディ回になりそうだな。

しの「首を洗って待っておられませー!」
直虎「無うなったの我の美しい思い出じゃ!」

大河ドラマだと思わなければ、こんなに面白い時代劇はないんだがなぁw

PageTop

乙女ゲーム大河の発売はまだですか?

あああああああもうなにこれ・・・・・・・

今週の「おんな城主 直虎」

「今更嫁に貰ってほしいと言っても手遅れだからな」とか、本音が空ぶって冗談だと取り繕う政次www冷静な時だったらもっと嫌味な返しが出来たろうに、動揺しすぎて本音ポロっと言っちゃったら全力でかわされ、「女だから守らなきゃとかお門違いだ。私は自分の意志で直親の代わりになると決めたんじゃ」と最後まで希望ザックザクに打ち砕かれる政次が不憫で大好きです(爆)
まだ放送見た直後だけど。えっと、もう一回録画見てくるわ・・・・・・

本作。時野さんは完全に「乙女ゲーム大河」だと思ってます。
大河ドラマとしてはどうなのかと思うけど、時代劇ホームドラマ(もしくは朝ドラ)だと思ったらめっちゃ面白い奴や(苦笑)
正直、一週間で一番ワックワクでTVの前に座ってるかもしれん・・・・・・

先週の放送後、直虎記事を書いてたんですが、あまりの中身のない感想すぎてお蔵入りしていました(笑)
だが、今週の放送見たらやっぱりUPするしかねぇ(笑)

ということで、以下、先週の放送直後に書いた記事です。
↓↓↓

----------------------------------------------------------
直虎「六左は、但馬に迫られるとすぐ話してしまうから駄目じゃ」

と言われてて、ちょっと可哀想だった、今週のおんな城主直虎。
六左だってな!最初は粘ったんだよ?でも、政次(@高橋一生)に不気味な笑いを張りつけたまま、ボロ雑巾(@ついさっきまで床掃除に使ってた)で顔の冷汗を拭われ、頭に載せられたらそりゃ隠し事も吐くよね。仕方ないよ(苦笑)

さて、今回は子役たちが大活躍な回でしたが。
虎松VS亥之助が図らずしも直虎(後見人)VS政次(叔父上)になってて面白かった。
でだ。毎週、ライバル視して張り合ってた二人ですが、ようやく次週、話をしようと来ましたな。大河乙女ゲー、政次ルートのセーブポイントキタァァァ!(コラ)

大河乙女ゲーム「おんな城主 直虎」
攻略対象が増えてきましたね。これはなかなかの良ゲーの予感。

①井伊直親:正統派メインヒーロー。現時点で既に亡くなってますが、そこは、変若水的なものでw
②小野政次:THEダークヒーロー。でも行動原理が実は主人公の為とかいう憎めない奴。
③傑山:THE筋肉。主人公見守り系兄貴。 ※ただし、この方、僧侶なので結婚できませんがw
④中野直之:キャンキャン噛みつき系ワンコ。中身はTHE・漢のユキちゃん。
⑤瀬戸方久:カンカン金の臭いに噛みつき系ワンコ。金は正義!
⑥謎の旅の男:2週目以降攻略できる隠れキャラ。ワイルド系流浪人。
⑦奥山六左衛門:ちょっと頼りないが、心優しい系家臣。ファンディスクが出たら攻略できる枠w

主人公のライバルが「奥山しの」(直親ルートでは全力で嫌われます)
主人公の味方が「奥山なつ」(政次ルートにおけるキーパーソン)
・・・・・・奥山の存在感ぱねぇ!(苦笑)

てな感じで本当にゲーム作れそうだから笑える。
乙女ゲー妄想楽しいです。

PageTop

選択肢はdボタンで選べるんですよね

前回の記事でネタにはしたけど、
本当に乙女ゲームの様相を呈してきたぞ、直虎wwwwww

第15話が完全に乙女ゲーだった件。
選択肢フラグが画面に映ってたよね。dボタン押せばルートが変わるんですよね?
今週は直之ルートに入ってたけど、選択肢次第では政次ルートと傑山ルートに行けたよねw
どこまでテキスト巻き戻しすればいいですか。「リセット」!!したら3日前に戻れますか!!・・・あ、セーブしてなかった?(笑)

いやはや、なんだかもう、今週の話は見てて、凄い懐かしい気持ちが蘇ってきたわ。
なんかもう薄桜鬼をプレイしてた頃の気持ちを思い出したわwww

あとは、もう、なつさんが女神過ぎて・・・・・・この作品の良心。
ある意味、直親&直虎に振り回され闇落ちした可哀想な姉と義兄の唯一の理解者だよねw

さてと。乙女モードの時野さん的には大満足なのですが、そろそろ燃える合戦シーンとか見たいですね・・・桶狭間もほとんど描かれなかったし。
あと、ここ最近、井伊家と今川家で話が完結してしまっているので、そろそろ家康とかちょこっと出てきませんかね・・・

大河ドラマとしてではないが、今週も面白かったな。

PageTop