螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

市ヶ谷駅でSuicaタッチするたびに思い出す

東京駅開業100周年限定Suicaが話題になっておりますが(当然、東京駅フェチの時野さんは申し込み済)
Suicaが誕生してもう15年にもなるんですよね。
そして、

Suicaと言えばヒカルの碁ですよね(笑)

2期OPでヒカル達院生がSuicaをピッとタッチして走り出すシーンが衝撃的だったなぁと。
当時の最先端技術ですから。
確かJR東日本がスポンサーだったんでしたよね。CMほとんどJRだった記憶が。

先日、仕事で市ヶ谷に行ったとき、日本棋院の前を通ってテンション上がってしまったのもあって、
久々に「ヒカルの碁主題歌集」を引っ張り出したら、作業用BGMにならなくて困り果ててる(笑)
本当神曲しかないじゃないか・・・・・・
さっきから鳥肌と涙が止まらない・・・・・・・

実家から完全版持ってこようかな・・・無性に読み返したい。

佐為が消えてから、秀策の棋譜を見て
「佐為に打たせてやれば良かった・・・」「神様、お願いだ、時間を戻して!」
と絶叫するヒカルに何度も涙腺崩壊させられたものです。

それから碁を打つことから逃げてたヒカルが断りきれず対局して、
「佐為がいた・・・どこを探してもいなかったあいつが俺の中にいた、俺が打つ碁の中に」
で再び号泣。

本当、この2シーンはマジで神すぎる。


他にもいろいろ好きなシーンはありますが、
アニメオリジナルなら、プロ試験に落ちた本田さんがバスの運転手さんに「来年もあるさ」と励まされるシーンが好きすぎて困る(笑)

伊角さんは別格で好きです(笑)
螺旋運命ブログ「五大気合入りすぎて読者をドン引きさせた記事」の一つですからね、「今週の伊角さん」記事(苦笑)

昔ゴミ箱にこっそり書いてたヒカ碁未来編。
久々に妄想膨らませてみようかな・・・・・・

スポンサーサイト

PageTop

伊角さんが主役で塔矢がヒロインですね

ジャンプアニメBD化作品傑作選。
今日から第二弾「いちご100%」傑作選が始まります。

伊角さんが主役で塔矢がヒロインですね(時野さんはさつき推しw)

てことで、先週でヒカ碁傑作選が終わったわけですが、
厳選された4話は一体何が放送されたのか、ご報告いたします。


1回目:第一局「永遠のライバル」
まずは第一話。
コミカルだけど引きつける、そして終生のライバルとの出会い。
1話でこれだけ盛り込めたら上等ですよね。


2回目:第十四局「三度目の対局」
葉瀬中VS海王戦キタァァァァ\(^o^)/
「俺は三将で出るんだ」というヒカルと対局する為に、幾多の嫌がらせを乗り越えてやっと辿り着いたヒカルとの対局・・・だが相手は自分が知るヒカルではなく怒りを露わにするアキラ。
「うわ、怒ってる、怒ってるよ・・・可哀想・・・グス」とか言いながら見てました。
だって、嫌みや目隠し碁、大将から降りるなどなりふり構わずやって来た結果がこれですよ。そりゃアキラの身になったらね・・・
それにしても岸本さんはイケメンである。さすがブラックコーヒーを飲む中学生。(それイケメンと関係あんの?)


3回目:第四十六局「プロ試験最終日」
ちょwwwまさかの伊角回wwwwwwwwww
いや、ヒカルVS越智戦はこの前の回がメインじゃないっすか。
この回はどっちかというと、和谷とヒカルの結果を固唾を飲んで待つ伊角さんの回じゃないw
そして雨の中、幕張本郷駅前の立橋を女子高生に避けられながら歩く伊角さん・・・
いやーこの後消息不明になった彼が番組乗っ取ることになるとは思いもしなかったものだぜ。
「伊角の碁」はマジで味噌汁噴いたからなw


最終回:第五十六局「千年の答え」
さて、最終回は何が来るか?
っとワクワクしてたんですが、ほー「佐為VS塔矢名人」で来ましたか・・・
これ、最後にヒカルが「ほらここ、こうすれば佐為の負けだろ?」って言うのがね!ああああああ、もうせつないね!


結論。
ヒカ碁を4話セレクトなんて無理だということがよく分かりました。
だってほとんど神回だもん。どの話も神だもん。たった4話に絞れるわけがない!キリッ!

ヒカルの碁は名作!
本当はBD全巻買いたいよ!でもさすがに全巻はきついよな・・・
BOX3:院生編(#28~47)  
BOX5:プロ棋士編②(#60~75)(TVスペシャル)
は買うな。多分(苦笑)

ギブミーマネー!そしてギブミータイム!(買っても見る時間がない! 苦笑)

PageTop

BD化ジャンプアニメ4作品の傑作選

「ヒカルの碁傑作選」観てます。

1月にBD化されるジャンプアニメ4作品の傑作選を放送するよっという企画。
「ヒカルの碁」
「いちご100%」
「天上天下」
「クレイモア」
の4作品がBD化するそうです。

ヒカ碁BD化マジ嬉しいです。さすがに全巻買うのは厳しそうなんですが、院生編とプロ編は買ってそうです(苦笑)
いちご100%懐かしいなwww見てましたよwwwあえて言おう、さつき派であると!
アニメでもさつき派だったし、本誌の連載が終わってから短編描いてましたよね、確か。あの時のさつきがめがっさ可愛かったように記憶している・・・(笑)
クレイモアは見てなかったけど凄い人気でしたよね。

で、まずはヒカ碁傑作選が放送されているのですが、もうヒカルがしゃべってるだけで泣ける。
もうこのお声が聞けないのかと思うと・・・もう胸が張り裂けそう。
ヒカ碁のアニメは本当よくできてる。こんなによくできたアニメ他に知らない。
なにより脚本と演出と音楽が素晴らしかった。原作の良さを引き出す能力に関してはこれを抜けるアニメを私は知りません。音楽を聞いてるだけで碁盤の戦況が分かるって。素晴らしすぎる。

傑作選は4週のみということで、まず1週目は第一話。
さて残り3週は何が放送されるのでしょう?
「佐為がいた・・・どこを探してもいなかった佐為が俺の打つ碁の中にいた」はやってほしいな。
中学生だった私が、大号泣したシーンです。ホント、ヒカ碁は名作や・・・。

PageTop

ゴミ箱にヒカ碁部屋参上

ゴミ箱更新しましたー。
ついに、ヒカ碁部屋オープンですー。

未来編の試作品と登場人物紹介になります。
棋士のタイトルが出てきますが、時野さんも素人なので、結構イメージ的なものも先行してます、すみません。
とりあえず、現代最強棋士は緒方さん設定。
倉田さんは消息不明。海外で武者修行中とかだとカッコイイ?
門脇さんも活躍させたいが、まだ脳内設定ではいいポジションが見つかっておりません(汗)
緒方さんの娘さんは意外なキャラ設定?
人物紹介は、主人公二人(大地と彩)より、ヒカルの方が充実している謎(笑)

緒方さんが「新たな波」と称したとおり、ヒカル達の世代は粒ぞろいで、「囲碁界戦国時代」と呼ばれる世代。タイトルホルダー(保持者)は少なく、とったりとられたりが常に繰り広げられています。

ヒカルの奥さんは、時野の願望丸出しで、あかりちゃんです。
アキラの奥さんは、謎につつまれてる設定で。ただ、口調的には、市河さんぽい(笑)
絶対年上だと思う。年上の色香に惑わされたに1票(お前はアキラをなんだと思っているw)

奈瀬の設定が酷い。でも本編には絡みやすくなりました。絶賛、婚活中(?)
奈瀬も超絡めたい。彩ちゃんと仲良しだと面白い!

本田さんとか、微妙なラインも何らかの形で出したい。真柴さんとか。
院生の先生は誰にしようかな。白川先生とかどうでしょう?年齢的に行けそうな気がする。
あ、ヒカル(とあかり)が通ってた囲碁教室の先生です。森下門下の。

こんな感じで好き勝手やってます。

PageTop

ヒカ碁未来版のアンケートのご協力を

日付も変わらない内に、さっそくヒカ碁未来編書いてみた。(書いてるうちに日付変わったけど)

既に2千字ってどーゆーこと(笑)

かなり前から構想自体はあったのですが、実際に字に書き起こしたことはありませんでした。
脳内でもそこまで広がりを見せておらず、冒頭だけ書いてみようとワードに向き合ったら、どんどん筆が進んで(指が動いて)気が付いたらこうなってたっていう。
・・・・・・どうしてレポート2千字はあんなに苦痛なのに、妄想だと行けちゃうんだろうか。

しかも私って、セリフと情景が思い浮かんでて、まずセリフだけ一気に書き上げて、それから読者の人にも分かるように描写を足してくっていう方式なので、現在まだセリフとごく簡単な描写しかないんですけどね。
近々、ゴミ箱の方で、プロトタイプ版としてお試し掲載してみようと思います。
・・・とりあえず、想像以上にヒカルが娘バカになりました。親バカにもほどがある。
あ、主人公はアキラの息子です。名前は「ダイチ君」になりました。塔矢大地。

ヒカルは碁盤のことを「無限の宇宙」と言っていたので、
宇宙の逆ってなんだ?と考えたら「大地」でした。

めざせ!スラムダンク的ヒカ碁!(何)
なので、本当、碁を始める動機が酷いです。もう何年もスラダン見てないけど、ここまで酷くなかったよね。ゴリ、そこまで妹バカじゃなかった・・・よね?あれ?
久々にスラダンが読みたくなった時野でした。アニメでも可(笑)



んで、ヒカルの娘(彩)は女流名人に憧れてるって設定なんですが、誰を女流名人にするか悩んでます。
まず真っ先に浮かんだのは奈瀬ですが、「彼女はちょっと棋力が足りない惜しいある意味リアリティのある存在」なので、女流名人はないかなって。棋院の売店とか事務室で働いてそう(爆)

次に浮かんだのが桜野さん。
いや無難に桜野さんかな~って。
でも、桜野さんと言った所で、
桜野さんがどんなキャラか覚えてる読者の方が絶対少ないよなっと(笑)
皆さん、分かりますか?
九星会(伊角さんのいる研究会)のボンキュボンの女性です(他に表現はなかったのか)

桜野さんもなんかピントこない。
でもここでオリジナルキャラを出しては、未来編の旨みが減る。
っとここで、時野閃いた!

誰かの奥さんにすればいいんじゃね?

夫婦そろってプロ棋士です的な。なんかかっこいくない?彩ちゃんも憧れそうじゃない?
よくもまぁ、次から次へと都合のいい展開が浮かぶこって。
私の脳みそ、ホントどうなってるんですか。ヤバくないですか(今更気付いたか!)

ということで、皆さんにアンケート。
女流名人、誰がいいですか?


1.女性既存キャラ、桜野さん
2.ここは無難に伊角さんの奥さん
3.穴場を狙って芦原さんの奥さん


さぁどれだ!(なんだこの三択!!www)


PageTop

踏むなぁ~それ以上踏むなぁ~!

今度はミラー番

またやってしまった・・・管理人のクセにキリ番踏んだっていう・・・orz

あと、既に18日も終わりかけてますが、今日は伊角さんの誕生日おめでとうございます!
すみません、時間がなくって、お祝い記事用意できませんでした・・・
プロフィール画像も伊角さんだし(苦笑)

さーて、完全版読んでこようかな!
ちなみに「踏むなぁ~それ以上踏むなぁ~!」は「食うなぁ~それ以上食うなぁ~!」のパロです。
碁会所荒らしの帰りに寿司おごった時のアレです。

PageTop

何度見ても飽きない名作

気になったら調べないと気が済まないぜ!
ってことで、家中ひっくり返して、「ヒカルの碁 北斗杯への道」のビデオを発掘!
うっかり最初から最後まで見てしまった。

やっぱ、ヒカルVSゴキソ七段はアニメでやってないですよね!
ヒカルが睨みきかせてるシーンしかないですよね!
多分、どこかで見たことあった気がしたのは、本誌読んでたからだと思う。
この頃は本誌読んでたんで。

しかし北斗杯への道。憎いなぁ~と思ったのは、回想でもなんでも一切、佐為をしゃべらせない所ですかね。
原作で出てこないという所を忠実に演出でも再現してるのが憎い。まぁ、姿は映ったけど。
で、佐為役の千葉進歩さんをヒカルの父親役で出すのがね!最終回でも父役で鼻歌歌ってたけど!(笑)
EDで「ヒカルの父」役でクレジットされてるのが、なんとも不思議な感覚になるんだぜ!

それにしても、大人になったな、ヒカルもアキラも。
作画の描き分けもしっかりしてるし、中の人の演技もちゃんと変わってるんですよね。

こっちが原作の話ですが、18巻をリビングに置きっぱなしにしてたんですよ。
で、母が興味を示したらしく、パラパラ読んでみたんだとか。

「ヒカルくんが凄い大人っぽくなってたけど、あれアニメの続きなの?」

っと聞いてきましたよ。思わずニヤリ。
小畑先生の描き分けも凄いよなぁ。小畑先生の絵のタッチ自体が変わったてのもありますが(ここら辺、大人陣の絵から察することができる)、初期の丸々したヒカルとアキラはいかにも「小学生」というカンジだし、北斗杯編のシャープなタッチはまさに「青年」ですからね。
しかも何が凄いって、徐々に徐々にタッチが変わって行くこと。
たとえば「あれから4年後、●●編」のように、時間が空いたことで変わった絵ではなく(デスノで言えばL編→メロニア編)、あくまで時が流れるのと同時にタッチが変わって行ったんですよね。
小学生のヒカル、プロ試験編のヒカル、プロになってからのヒカル、北斗杯編でのヒカル。
違和感なく、でも確実に大人っぽくなっていくのがなぁ!アニメでも最後のOP映像でヒカルの成長が描かれてたけど、本当、ヒカ碁は「成長物語」なんだなぁって思います。

ああもう、もっとヒカルの成長が見たいよ・・・
マジで連載再開しないかな!だって、やっぱ負けた所からが再スタートじゃん、成長の。

あとね、ヒカ碁が面白いのは、やはり「明確なライバルがいる」ってことなんだと思います。
しかも、ヒカルが一方的にアキラを追いかけるのではなく、アキラもまた、佐為という名の「ヒカル」を追いかけてる所がね。お互いがライバルと認めることで、高みに登るみたいなね!痺れます。

一人の天才がいても、名局は生まれない。二人いなければ碁は打てない。
ほんと、何度読んでも飽きないぜ、ヒカ碁。
連載再開、もうSP読みきりでもいい!新作読んでみたいです!


PageTop