FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

エンディングはヒロイン枠

やっぱりSAOはワクワクしますなぁ。

OPのテロップがスタイリッシュすぎて吹いた。なんじゃこのカッコイイテロップ。最高か!
でも、サブタイは変わらずダサいままで安心した(笑)サブタイは変えちゃアカン。それ分かってるスタッフ&新監督ありがとございます。
OPについて、先週の感想ではあまり触れませんでしたが、サビの所のキリトとユージオが整合騎士と戦ってるシーン、めちゃくちゃ滾りますよね。「瞬間、心、重ねて」かよ(笑)思わずコマ送り再生してしまった。
コマ送りで見ると、ちゃんと目線とかが違って、キリトは下、ユージオは上見てるんだよな。
あと、先週はテロップのせいでよく見えなかったMORE DEBAN組達もよく見えて良かったです。先週のGGOでのリズとシリカのアバター可愛かったですよね。そしてシリカさんが笑顔で重火器ぶっ放してるの恐かっ最高でした(笑)よくよく考えたら小学生で仮想世界にどっぷり浸かってしまったシリカさんって一番心理的影響度が心配だよな・・・・・・(真顔)

そしてEDw
歌詞と映像から察するに、ユージオの心情を歌ってる曲なんだろうなは原作未読組でも察せるわけですが。というか、ユージオさんヒロイン枠かよwww
というのも、歴代のED思い出してみてよ

【1期】アインクラッド編    ⇒キリトとアスナ+歌もアスナ
【1期】フェアリィ・ダンス編  ⇒直葉の周りを飛ぶ妖精(リーファ)
【2期】ファントム・バレット編 ⇒詩乃(シノン)
【2期】キャリバー編      ⇒みんなでワイワイ=ヒロイン不在
【2期】マザーズ・ロザリオ編 ⇒ユウキ目線のユウキとアスナ
【3期】アリシゼーション編  ⇒ユージオ目線の幼馴染組

間違いなくヒロイン枠だな。

本編はまだ説明回ですしね。パンを食べるシーンはアインクラッド思い出したりもしましたが。
さてさて今後の展開が楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

平成最後の秋が始まった

秋アニメハジマッタ!!

来週以降スタート作品もありますが、現時点で見たアニメはどれもなかなか面白かった。
ということでプチ感想。


■抱かれたい男1位に脅されています。
今期、新アニメ第一号はまさかのコレでした。最初から濃いよ!(苦笑)
原作第1話(アニメのAパート)は読んでいましたが、「こんなシーン追加になってる。さすがにこれはNGですよね分かります」といい塩梅に構成されなおしてて良かったなと思います。何より高人さんがめっちゃ好きです。そしてチョロイw
あとポエムOPに笑ったし、EDは踊んなwww抱かれたい男1位と2位のデュエット&ダンスw
しかし、これは地上波で流して大丈夫かレベルのガチBLなので、BL耐性がない方にはオススメしません(苦笑)
「時野が面白いと言ってたから見たらなんちゅーもんを」と恨まれるのも嫌なのでw
よく、金曜日の24時という深夜アニメの中でもゴールデンタイムもぎ取ったな・・・・・・禁書と逆でも良かったんじゃね?時野的にはありがたいですが。


■寄宿学校のジュリエット
これは期待通りの時野好みのラブコメ来たな・・・!(嬉)
敵対する2か国の生徒が通う学校で繰り広げられるラブコメ。
ロミオもジュリエットも可愛いな。この二人は応援したい。
第1話は王道中の王道展開でしたね。2話以降、どうなっていくのか楽しみです。
女の子達がみんな可愛くてニヨニヨしますなぁ。しかしOPで一人、ちょっとおかしなキャラいるよねw


■はたらく細胞(再放送)
前期、完全に乗り遅れたはたらく細胞の再放送マジありがたいです。
1話から確かにこれは面白いwwwwwそして凄く勉強になる。
時野さん、高校で生物やってなかったから余計勉強になるわw(化学と物理だったので)
そして第1話のテーマが肺炎球菌だったのも時野的には面白かった。なぜって?数年前に肺炎になったからだよ!(苦笑)いやーあれ、マジ死ぬかと思ったわ。免疫力落ちてた時(資格試験勉強3日追い込みしてフラフラで試験受けた翌日)に友人からガッツリ移されたのでね。白血球もキラーT細胞も取り逃がしてしまったのね・・・・・・取り逃がすと半月会社行けなくなるので気を付けてね・・・体力的にも社会的にも死ぬぜ・・・・・・ハハッ・・・・・・時野さんの体内がブラック職場で申し訳ない・・・・orz
それにしても赤血球ちゃんも可愛いが、噂の血小板ちゃんくっそ可愛すぎじゃないですか・・・・・・(涎)
第2話が超楽しみです。


■ソードアート・オンライン アリシゼーション編
待ってました。ついにSAO新章、そして4クールにわたるアニメが始まりましたね・・・
ぶっ続け4クールなのか、2クール+2クールかは分かりませんが、少なくとも1年以上のお付き合いになるわけですよね。
それにしても、ゲームにユージオとアリスが出ることになって、キャスト発表された時から思ってたけど(たぶんみんな思ってることだけど)

ユージオ 島﨑信長
アリス   茅野愛衣

チーム松岡すぎるだろオイwwwwwwwwwwwwwww
あの松岡君を一番理解している男性声優は間違いなく信長君だし、女性声優ではかやのんだよな。
ここまで大笑いしたキャスティングはそうそうない。でも1話見る限り、キャラクターに凄いマッチしてるから無理矢理キャストではなくて正当で妥当なキャストなんだよなぁ。
さて、ここから長丁場になりますが、チーム松岡の演技を楽しみに、今後の展開が楽しみです。
ちなみにネタバレは拾っていないけど、キリトがラフコフのメンバーに襲われるっという所まではネタバレ踏んでしまっていたので1話は付いていけました(笑)


今日現在の新作アニメは以上ですかね。
まだ1週間以内なら無料配信で追いつけたりするので、何かオススメ作品があれば教えてください。

PageTop

2018夏アニメ終了・そして秋が始まる

夏アニメ。
時野視聴作品は全て終了しました。

Free!は続きは2020年とか・・・・・・いや、オリンピックイヤーにやるとは思ったけど、来年もやると思ってた。というか正直なこと言っていい?「2年待たせて本当に大丈夫なのか・・・?」余計なお世話かもしれんが心配になったw
時野さんは穏健派ですが、正直今回の3期で冷めてしまったファン結構いると思うで・・・・・・まぁ昨年の映画も大盛況だったしガッポリマネーあるとは思うけどさ。
後半(というか終盤)が面白かっただけに、中盤まではなんだったのかと。
なんというか、日和くんって凄い可能性のあるポジションのキャラだったと思うんですよね。それにハイスピにも出てきていないキャラならそれは自由なキャラ造形ができるだろうし。
私が脚本家だったら、郁弥の浮上(成長)にスポットを当てて、日和は遙達と再会することで郁弥が明るくなっていくことが嬉しい反面、寂しく思っていて。やはり人魚姫は王子様に気づかれないんだと心を閉ざしそうになってた所で郁弥がちゃんと日和に気づいてくれて。そして遙達と泳いで心開くみたいなね!そんなキャラだったら時野さん大号泣してた自信あるんだけど・・・・・・
そして終盤の新編に入ったら郁弥と日和さん空気ですやん。もう何だったんだよ!(苦笑)
あと台詞にもちょいちょい違和感あったり?ミハイルが東コーチに「選手(遙)を育ててるんだろ?」と聞かれて「なんで知ってる」とか答えてたけど、いや、あなた先週、凛に「フリー(に出る)の選手か」「ミハイルって知ってるか?」と聞いてましたよね?なんか回と回が繋がってない感もすごく感じた3期でした。
まぁいいや。2020年まで大人しく待ちましょう(笑)
すまぬ、Free!最終回感想が書けなかったので長文になってしまった。

シュタゲゼロは先日感想書いた通り。物凄い最終回でしたね。
鳳凰院凶真が復活した時の「フーハッハッハ」が中の人が凄い楽しそうでほっこりしたw
しかし、ゲーム未プレイ組としては一つ気になるのだが、結局、かがりがクリス似なのは何か理由があるの?
アニメだけ見たら「クリスとは似てるだけの全く関係ないキャラ」と思えるのですが、3年前の改変23話の翌週、ゼロ発売直前の特番があったじゃないですか。中の人たちが出てくる番組。
あの時、かがりの中の人が「あの『見た目』ですよ!?」とインタビューで言ってたから、何かしらの関係があるんだろうなと思っていたのですが・・・・・・ゲームでは明かされているのでしょうか・・・?そこだけ気になりました。
本当よく出来たアニメだったけど、フブキちゃんとか、色々伏線は残りまくってますからアニメ見た後でもゲーム楽しめそうですね。
本当、よーできたアニメでした。半年間めっちゃ楽しかったです。ありがとうございました!

ヒロアカは3期も面白かった。
また新キャラが出てきた所で終わるし・・・・・・ああ、4期も楽しみです!

P5は、最後が凄かったですね・・・・・・黒幕がP4のキャベツより意外性があってよかった。
(でも正直、最終回のOP映像観た時点で「あ、これは・・・」と勘付いてしまったけど?苦笑)
・・・・・・そして主人公・・・え?ん?いやいや・・・・・・え?
続きは年末の特番でっということで。劇場版とかではない分、凄く良心的だなと思いました。

はねバド!
・・・あ、これは今晩が最終回でしたっけ。まだ最新話見てないですが・・・
正直言っていい?
ここまで登場人物誰一人も共感できないスポーツアニメは初めて見た気がする・・・・
いや、なんかここまで来たら最後まで見ようとは思うけど、いやー、なんか凄いね。ビックリした。
皆が「いい作品」っていうから放送前から楽しみにしてたのに。原作好きな人には申し訳ないが、何一つ共感できないっていう。唯一共感できるかなっていうのは逗子総合の子かな。あれはさすがに気の毒だったし、振り切った時は「良かったね」と素直に思えたけどあとはwwwwww
まぁ、あとはいい意味での「中の人の新人感」満載な感じは見てて応援したくはなった。最近、新人でも化け物みたいな凄い演技する人が多い中、いい意味で「ああ、新人さんやな~」感がポヤポヤしてて、そこはちょっと微笑ましくて、応援しながら見てた感はあります。CMのナレーションとか、十数年前にタイムスリップしたような感覚になる。
まぁ、新人感あふれるとは言ったけど、決して演技は下手ではない。ここ十数年でやはり新人のレベルの底上げぱねぇなと改めて思いました。昔の新人さんは本当に棒演技だったからなー。正直、ゼーガペイン見てて、数年後に彼女が天下取るなんて誰が想像できたか!(コラァ)
この新人さん達の奮闘っぷりがなかったら絶対途中で切ってたなと思います(笑)
キャラではなく中の人に共感してた作品でした。まぁ、最終回までちゃんと見るよ。


・・・・・・すみません、なんか凄く辛口気味の感想になってしまいましたね・・・・・・
ちょっと最近お疲れ気味で。ストレス発散のアニメで消化不良起こしてたのでより憎しみが全面に出てしまった感(苦笑)
まぁ、最後まで見てる時点でそれなりに楽しんでますから。

でだ。
来期もね・・・・・・あまり見たいと思う作品がなくてね・・・・・・
SAOは見ますけど。あとはどうしようかなーっと。
だかいち(抱かれたい男~)は見ようかなと思うけど(爆)1話立ち読みしたことあるけど、結構面白かったし(何)
ツルネはどうしようかな・・・・という感じ。まぁ、NHKだし、見るかな・・・?
あとは、本当何を見たら・・・状態なんですが、「寄宿学校のジュリエット」はちょっと面白そう・・・かな・・・?とか思ってたり。

あ、そうだ、あと今期完全に乗り遅れた「はたらく細胞」の再放送は既に予約しました!(笑)
めっちゃ面白そうですよね・・・再放送ありがたやーありがたやー

読者の方からもオススメ作品があれば教えてください。よろしくおねがいしまーす。

PageTop

これが運命石の扉へ至る物語

夏アニメも最終回を迎えましたね。

シュタインズ・ゲート ゼロ
最終回凄かったですね・・・・・・


本っっっっ当によくできたストーリーでした。
それこそ無印の頃から思ってた「執念オカリンはどうやってSG世界線を見つけたんだろう。どうやってこれまで生きてきたんだろ」という想像(妄想)をしてたけど、私なんかが思いつく以上に過酷でそして納得のいく展開でした。

私の解釈違いがあったら申し訳ないですが、ビデオメールを送ることで世界は再構築されるはずなので、まゆりも鈴羽も助けに行く必要はないと思うんですよね。それでも助けに行くのがオカリンなんだよなぁとオカリンの男気に号泣しました。全ては約束を果たす為。さすが私たちの鳳凰院凶真だ・・・・・・!オカリンがもっと好きになったシュタゲゼロでした。

そして本編と見間違えるほど自然に食い込んできたエリートのCMワロタw上手い、うますぎるwww
これはエリートやりたくなってしまうではないか!Vita版買っちゃおうかな・・・・・・(悩)
というのも、原作はPC版でプレイしたので実家のPCの中だし、いかんせんボリュームが凄まじいゲームなので実は1回しかプレイしてないんですよね。とにかくエネルギーを使うゲームなので。何回マジで大号泣したと思っている。
あと途中のワクワク感がハンパないゲームなので、記憶喪失になってもう一度プレイしたいゲームですよねw
あれから7年・・・・・・再プレイするには丁度いい頃かもしれないなぁ。

ああああ、アニメ24話以降が観たい・・・!
改変23話再放送組なのでぇ・・・!24話と25話を見させてください。(※ネット配信で見たことはありますが、今!今!テレビ画面で見たいんだぁぁぁ!)

アニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」最高でした。
エル・プサイ・コングルゥ

PageTop

薄桜鬼誕生10周年おめでとう!

本当は当日に記事書いてたけど間に合わなかったので数日遅れで失礼します・・・・


ついにこの時が来てしまいましたね・・・

PS2ゲーム「薄桜鬼」
発売10周年おめでとうございます!


2008年9月18日発売。薄桜鬼が誕生して10年だそうです。
10年って凄いな・・・・・・。ちなみに時野さんがプレイしたのはアニメの1期と2期の間となる2010年の7月。8年前になります。8年でもなかなかですよね・・・・・・薄桜鬼に私のオタク人生結構狂わされましたからね。斎藤さんマジ許すまじ。今でも大好きです。

この作品の何が凄いって「乙女ゲームなのに甘くない」所でしょうか?(笑)
時野のような乙女ゲーム初心者にも取っ付き易い糖度な所も良かったと思います。
そして何よりストーリーが本当によく出来てて面白かった。ファンタジー要素もありながらも、史実で起こった出来事はそのまま踏襲するというのが、歴史を知っているからこそ「この事件をそう持ってくの!?凄い!!」と楽しめた作品でした。
逆に歴史に全く興味がない友人曰く「勉強になる」と言ってましたね。逆に「え、これって本当にあった出来事なの?」みたいな反応もありましたね。
歴史を知ってる人も、知らない人も楽しめる歴史ゲームだったなと思います。もちろん「これはさすがにちょwww」となったものもあるけどね。基本は史実に忠実で本当に面白かった。

そしてキャラクターもまた魅力的でした。
主人公の千鶴ちゃんが健気で前に出しゃばらないけど芯は強い女の子という共感しやすいキャラだったのが何よりの好ポイントかな。私もいくつか乙女ゲームをプレイしたけど、主人公に共感できないゲームはどんなに攻略対象キャラが魅力的でも面白くないと思うので。

土方さんは厳しい中にも優しさが滲んでいるキャラだったなと思います。
他のルートをプレイしてる時は「なんて頼りになる人なんだ」と思ったものですが、土方ルートはそんな土方さんの「弱い所」も見るというか、千鶴ちゃんが精神的に支えてる感があって凄く好きでした。
好きなシーンは近藤さんを新政府軍に投降させてしまった後の「てめーだけ生き残って!」と自責するシーンが本当切ないですよね。

沖田さんは、衝撃的でしたよね。従来の沖田像を壊すかのごとくの設定でしたので。え、これ銀魂じゃないよね?みたいなね(笑)
正直に言うと、最初プレイした時はあまりよくキャラが掴めなかった印象があります。でも何度もプレイして行くうちに沖田さんをなんとなく理解できるようになったというか。
薄桜鬼の沖田さんにとって大事なこととは何か。それを理解できてからもう一度プレイすると涙なしにはできない、そんな魅力があるキャラクターだったなと思います。
好きなセリフは「僕が、君を殺してあげる。君が前に進むことまで諦めるつもりなら、どこにも行けないように僕が終わらせてあげる」ですね。セリフだけ見ると物騒極まりないですが、これが沖田さんの優しさ溢れる名台詞ですよね。

斎藤さんは乙女ゲームを鼻で笑ってた時野さんを仕留めた恐ろしいキャラでした(笑)
薄桜鬼で最初にプレイしたルートは斎藤ルート。ゲームを購入する前にシナリオブックで前半のストーリーを把握してたこともあり、「前半の時点では斎藤さんが一番しっくりくるなぁ。それにるろ剣の斎藤さんも好きだし最初は斎藤さんにするか」ぐらいの気持ちでプレイしたらまあ恐ろしいほど時野好みでしたね。そして自分の父親に要素が似ていることに気づいたときはショックを受けたものです(苦笑)
薄桜鬼の斎藤さんは冷静で大人っぽいようで実は要所要所「若ぇーなw」と思わせる所もあって、なんともいい塩梅のキャラだったなと思います。最年少幹部平助君と実は同い年なんだよなぁ。
好きなシーンは江戸の雪村家に一人戻った千鶴を探しに来てくれた所が凄い好きです。ツンデレの極みみたいなシーンですよね(笑)
好きなセリフはブログの自己紹介文にも使ってますが、「何も、見苦しい姿をわざわざ晒す必要はあるまい。このまま別れるのがいい。行け。俺は、本当の俺の姿など、お前に見せたくはない」ですね。TV画面の前で悶絶したものです。懐かしい思い出。
ちなみに、吸血シーンが一番面白い人だとも思います。耳フェチなのも笑ったけど、他のキャラより吸血シーンのバリエーションが豊富でしたよねw

平助君は「お友達カップル」というほのぼのカップルでありながらストーリーが一番重いドシリアスな所が大好きです。重い。とにかく重い。でもその先に掴み取る幸せに泣いて、そしてきゅんきゅんさせる最強夫婦だと思います。ええ。
平助ルートをプレイしてて思ったのは、よくこんな物語思いついたなーと。感心しました。
だって、藤堂平助って慶応3年に亡くなってる人ですからね。物語を作る上で、ある意味自由である意味制限が強いポジションなわけで。表の歴史には残せないけど、こんな活躍したんですよっと描くのは相当大変だと思います。
それがまた切なくて切なくて。でも最後は切ない中の希望があって。あと、風間さんとお千ちゃんが本当に大好きです(笑)
好きなセリフは「黄昏が夜明けに見える!月が太陽に見える!人の血を浴びるのが気持ちいいんだよ!!」ですかね。ここ本当、鳥肌立つぐらい泣けるんですよ。
あと終盤に向けて、徐々に「生きたい」という気持ちが強くなる平助君が好きです。

原田さんはとにかく優しい、包容力のあるキャラでしたよね。
女は守る。女には戦わせないと言うだけでなく、実行する有言実行男なイメージですね。
ま、時野さんはどちらかというと「女だてら一緒に戦いたい」派なので、原田さんはあまり刺さらなかったのですがwやっぱり女性は守られたい願望が強いですので、そーゆー人にはたまらないキャラだなと思います。友人は原田さん大好きでしたね。
あと、場の空気が一番読めるお兄さんというか。原田さんがいなかったらどうなっていたことか・・・という、結構重要なポジションを担ってたのが薄桜鬼の原田さんではないかと。多分、土方さんを一番理解してたのも原田さんじゃないかな。
唯一、羅刹にはならない人間のままの原田さん。その代り、続編でおまけスチルとして「羅刹化+吸血シーンスチル」が追加された超美味しい男ですよね。さすが1番の勝ち組キャラやで・・・!(笑)
ちなみに、史実では維新の際、上野の寛永寺でお亡くなりになっている原田さんですが、一説に大陸に渡って生き延びた説があるんですよね。薄桜鬼の原田さんはその説を採用していて、羅刹化せず、最後は大陸で千鶴ちゃんと仲睦ましく生活してのが、凄くいいですよね。

風間さんは、もう少し本編が欲しかったなというのが正直なところですよね。
風間さん、実は優しくて、魅力あるキャラなのですが、いかんせんルートが短い!もっと二人のエピソードが欲しかったのよぉぉぉ!ということで、真改はプレイしてませんが、真改では出番が増えてるといいなと思う風間好きでした。
まあ風間さんは敵役なので、ルートによって印象が異なるというか、まぁ、どうしようもない悪役ルートも存在しますが(苦笑)各ルートにおける風間さんの印象w

原田ルート:空気
沖田ルート:ほとんど空気。そんなに悪い人じゃない。
平助ルート:風間さんが好きになる、風間に優しいルート。
土方ルート:ラスボス。最後はお互いを認め合う何とも言えないライバル。
斎藤ルート:救いようのないラスボスw風間さんの目的が目的なんで、これは1ミリも同情できないんだよなwTHE悪役ルート。

ですかねwいや、ちー様は本当いいキャラですよね。憎めないキャラで大好きです。


ということで、改めて薄桜鬼を振り返ってみて、なんか凄く懐かしい気持ちになれました。
久々に薄桜鬼プレイしようかなー。Vita版も結局まだ全クリしてないし。

とにもかくにも、時野のオタク人生の分岐点の一つである「薄桜鬼」
発売10周年本当におめでとうございます!そしてありがとうございます!

これからも展開は続いていくのでしょうか?15周年もお祝いできるよう頑張ってください。
薄桜鬼に出会わせてくれて本当にありがとうございました!

PageTop

内容が濃過ぎたFree!DF第10話感想

あと1時間で最新話が始まってしまう・・・!
全員が東京に集結する前にUPせねば・・・!
ということで、先週の「Free!」感想です。
簡単に概要を書くと

宗介良かったねぇぇぇぇぇぇぇ凛ちゃん可愛すぎるさすがヒロイン(コラ)からの怒涛の真琴回マジ天使すぎて時野のライフはゼロなんだよ、そして熱い遙とかもう・・・あざーーーーーす!岬君と夏目君で5期でも6期でも7期でも行けるね!そして次回予告ぐああああああああ(もちつけ)

といった感じの内容を延々と綴っております。予めご了承ください(笑)
では、第10話の感想です↓↓↓

まず、先週のアルベルトとの勝負のその後から・・・・・・
アルベルトさんは「水泳界のオーディン」とな。「日本海のラッコ」「玄界灘のカジキマグロ」「オホーツク海のキングサーモン」etcとは次元が違ぇ・・・

OP明け早々、待ちに待った凛と宗介の再会!!!!!
凛のお土産センスぅ!でも、買ってきた理由が本当最高でした。
で、本題の宗介の手術の結果を聞いて泣いちゃう凛がもう・・・

「成功だ・・・」
「良かった、その言葉を待ってた」
「泣いたか?」
「泣くわけねーだろ」
「やっとスタートラインに立てた気分だ。俺が行くまで世界で戦ってろよ、凛」
「生意気言ってんじゃね。俺は待ってる暇なんてない。その先へ進んでいくんだよ、水平線の彼方へな」
「またポエムか?」
「こんな時くらいいいだろ?」
からのコツン。
もうこの親友コンビが大好きです。ああ、全力の宗介と凛が勝負するところが早く見たいです。

一方、真琴は。遙と連絡が取れず心配しながらアルバイト。
尚先輩の「遙の事『知り合い』から聞いた」というセリフが気になる所。もう3期の「世界は狭いよFee!だよ」状態を見れば、尚先輩もまた誰かと繋がってるんだろうなと。伏線な気がしてならない。

そんな尚先輩の「トレーナーに向いてるんじゃないか?」と新たな道を示される真琴。
ハイスピ(中学生)の時もそうでしたが、普段皆を支える・見守ることの多い真琴を導くのは尚先輩なんだなぁっと。真琴って一見優柔不断だけど、意外と頑固・・・というのは違うけど、視点が固まりがちなんですよね。「こうだからこうしなきゃ」みたいな。そーゆーのが強いキャラだなっと思うんですよ。で、遙はそれを否定しないし、凛は真琴と立場が違いすぎるから真琴目線に立ちづらい。後輩たちも「真琴先輩は正しい」って盲目じゃないけど、それが当たり前って思ってて。そこに「こーゆー見方があるんじゃない?」と真琴の中の常識に一石を投じれる存在が、物事を俯瞰して見れる尚先輩な気がしますね。

そんな自分の中の常識に一石を投じられた真琴に掛かってくる渚たちからの電話。
怜ちゃんのことを真っ先に報告する渚・・・!自分より怜ちゃんっていう。ここ凄く好きなシーンです。
で、「苦節三年って短くないですか?」と言われる例ですが、3年てか実質2年間ですよね。
元々スポーツ万能な怜ちゃんではありますが、これは怜ちゃんも大学で競泳続けるフラグなのでは・・・?あれ、怜ちゃんも東京来ちゃう?燈鷹大来ちゃう??遙と御子柴先輩はもちろん、おそらく次回再会するであろう旭もいるんだぞ。十分ありるよね。
渚はあの親の感じだと大学の水泳部に入るというのは難しそうですが、むしろ普通に東京の難関大に進学しそうですよね。
慶応ボーイと噂される真琴と同じ大学来ちゃう?来ちゃう?来ちゃう???(笑)
※真琴の大学の外観モデルが慶応三田キャンパスのため。
多分、次回の放送で怜と渚の進路に触れると思われますが、二人とも東京に来そうだなと。

と妄想はそこまでにして本編に戻って。
バッタの霊ってwwwww蝶じゃなくてバッタ(昆虫)の霊に聞こえるわwそれともバッタの怜?
そしてまたしても聞き捨てならないセリフ。
静流くんの「PKH大好評」発言。「ウチのじっちゃん」・・・・・・まさか・・・?
・PKH東は岩鳶高校水泳部OB
・PKH東はミハイルのライバルだった
・ミハイルは似鳥君の親せき
・・・・・・導き出される結論は(cv遠野日和)

さてまた舞台は東京へ戻り。ここから怒涛の真琴のターンが始まる!
「泳ぐ姿が、地面の臭いを嗅ぎながら歩く犬に似ているからイヌザメって名前が付いたんだってー」
なにこの子(18)
そして宗介の手術結果を聞いて嬉しそうにする真琴・・・・・・天使にもほどがあるわ。

そして遙がアルベルトに負けたことを知った凛さん。
「行くぞ真琴」「どこへ?」「ハルんとこだ」「今から!?」
さすが凛さん。ハルに対しての行動力パネェっす。

Aパートだけでも濃かったわ・・・
そしてBパート。東コーチと遙w面白いなこの二人。

そしてそして、真琴さんのスーパースキル発動のコレですよ。

「鯖を捌く時にはさ、まず包丁をきちんと研ぐでしょ?」
「おい、何の話……」
「ああ、そうじゃないと鯖をうまく捌けないからな」
「だから、美味しい鯖を食べるには、ハル自身もきちんと研がれた状態になることが大事なんじゃないかな。きっと東コーチの話も同じことだと思うよ」
「最初から聞こう」


なんだこの通訳、凄いwwwwww
そしてようやく凛も来てることを知る遙wああ、すごくうれしそうだw
「初めての感覚だった」「泳いでいるのに泳いでる気がしなかった」
「変わってない所があるとしたら『ハル、お前と泳ぎたいという気持ちだけだ』」
もうこの二人のライバル関係、本当に大好きです。凛にとって遙って宗介とはまた違うライバルなんだよな。

そんな世界を目指す二人を見て、自問自答を始める真琴。
今期特にちょいちょい自販機と真琴を並べるシーン多くないですかw183cmネタ自重wwwと考えるとPKH東の背たっか!さすがパーフェクト筋肉ハンサムや・・・

「ハルも凛も世界を目指している。俺は何が出来るんだろ」
「お前、なかなかやるな。選手の懐に入りこむのが上手いってことだよ」
「ハルとは付き合いが長いので」「長くても意外と難しいんだよ。いい選手ほど頑固で我が強いからな」
はっ!

尚先輩の問いかけのヒントを得た真琴。
そして東コーチの回想ktkr!

「フリーにこだわり、フリーしか泳がない?なんてふざけた奴だ。でもそのこだわりが一流の選手には必要なんだよ。気分屋の俺には欠けてた部分だ。とんだ掘り出しもんを見つけたと思ったよ」
「あいつならいつか、俺が見たことのない『次元』まで行けるはずだ」

もう「景色」ではなく「次元」なんだね。
東コーチがなぜ遙を鍛えるのか。すごく納得いく回想でした。東コーチ好きになって来た。面白いし、最高だね。

でだ。小学生組の大会回!(本当盛りだくさんだな、おい)
岬君と夏目君は凛と遙なんだよなwww
そんな遙と凛を見てきた真琴だからこその言葉。
「夏目君との繋がりを大事にして」

これ、4期どころか5期、6期できますね・・・・・・5年後ぐらい?遙達がオリンピックとかに出るほど世界的に活躍している頃、それに憧れ水泳に没頭する高校生の物語が始まるんでしょ?
燈鷹大附属高校の倉本岬VS鯨津高校の夏目薫の話ですよね。知ってる。
何せ、「男なのに女みたいな名前」の二人ですし。これ、あわよくばやろうと考えてますよね、京アニさん・・・・・・

岬君の言葉で完全に決意を固める真琴。
「尚先輩、この間のトレーナーの話、詳しく聞かせてもらってもいいですか?」
「真琴・・・!」
「俺、世界で目指す競泳選手のサポートに付きたいです。ハルだけじゃなくて、世界で戦う選手の助けになりたいんです!」
このテントウムシが飛ぶ演出いいですね。

最後に岩鳶組!
発車まで1分wまぁ、東京駅だったら100%間に合いませんが、意外と地方の新幹線乗り場は改札からすぐホーム行けたりしますしね・・・・・・急げ岩鳶!

はああああ本当内容の濃い30分だったと思ったのもつかの間!

次回予告
怜と旭がすれ違ってるぅぅぅぅぅっぅうついに再会してしまうのね!???
先日、ようやく「タイムレスメドレー」見ましたけど、この時もすれ違ってるんですよね。
あああああ、本当次回が楽しみすぎる。とこんな感想書いてる今、放送12分前なんだけどね!(苦笑)


ということで、ダーっと書いてきましたが、とにかく内容盛りだくさんでした!30分が濃い!濃過ぎる!!
そして放送まであと10分なので。もう推敲とかやってられないわ。とにかく10話最高でした。
ということでこれから11話楽しんできます!!!!!!

PageTop

今週は幼馴染神回連発

夏アニメも佳境。
だが、それにしても今週はどれも良すぎる。
とりあえず

かっちゃんんんんんんんんんんんん!!!!!

Free!とシュタゲの感想書いてる途中だったけど、それどころじゃなかった。
かっちゃんの本音というか、かっちゃんも少年だったんだねっていうのが・・・オールマイトへの思いとか、もうかっちゃんに泣かされた。リアルで画面歪んで見えた・・・・・・轟君回やオールマイト回ですら涙は堪えたのにかっちゃんで泣かされるとか・・・・・・かっちゃんんんん。
そしてデクの!かっちゃんへの憧れとか、もうなんかもう凄かった。凄かったしか言えない語彙力のなさが悔やまれる・・・・・・でも本当なんかもう良かった。それしか言えない。
はあ、ヒロアカ最高や・・・・・・

かっちゃんは好きだったけど、今日の話観てもっと好きになった。
デクと対等というか、ライバルになったという感じで。今後のかっちゃん、そしてデクの成長が超楽しみです。
4期、やってくれるよね・・・?

夏アニメも佳境。
とりあえず、水曜アニメも凄かった。
宗介ぇぇぇぇっぇあああああ凛んんんんんんんんんん、凛可愛すぎて死ぬ・・・・!かーらーのーまさかの真琴回だったとかああああああああ、何この天使ぐは・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてシュタゲはあああああああああああああああああああああああああああ
おかえり鳳凰院凶真ァァァァッァァァァァフゥーハハハ!!!!!!!!ゲホゲホ

そういえば、この3作品。今週は凄い「幼馴染」回でもあったですよね。
ヒロアカはまさにデクとかっちゃんという複雑な幼馴染のケンカという気持ちの整理回だったし、
Free!は幼馴染の通訳をキッカケに新たな夢を見つける回だったし、
シュタゲは幼馴染の表情を見ただけで彦星様が戻ってきたことを悟ったわけですよ。
なにこれしゅごい回・しゅごい週だった。ありがとう。ありがとう、幼馴染たちよ・・・・・・

PageTop

こんな展開が観たかったんだ!×2作品

Free!DF第9話&シュタゲゼロ第20話
良作品とも面白すぎて興奮しました・・・。そうそうそう!これ!これが観たかったんだよ!!!な展開に熱くなりました。

まずはFree!
これは新章突入ということでいいのかな?
(先週の次回予告(ED)で、目覚まし時計の時間がかなり進んでたし)

あああああああ、そう!これ!これが観たかったんだよ!!!
郁弥はもちろん、日和もすっかり馴染んでて良かったです。
正直言うと、もう少し早い話数で分かり合えてても良かった気がしますが。
日和君の気持ちはよ~~~く分かるし、これまでも1期は凛、2期は宗介と遙の成長物語だったと感じており、Free!あるある展開ではあるのですが、いかんせん3期は登場人物が多すぎて!しかも舞台が3か所(東京・オーストラリア・岩鳶)で飛び飛びになるので、あまり日和だけに時間を割くということができなかった。・・・なのであれば、もうちょっとマイルドな性格にしておいて、郁弥浮上だけに焦点を当てればよかったんじゃないかな・・・とか思ってしまう今日この頃。

そんな風に感じてた8話までを吹っ飛ばす超絶面白展開が来て時野さん大満足!
これまで「泳げればいい。俺はフリーしか泳がない」だった遙が、世界の舞台で泳ぐという夢を見つけ、タイムと結果に拘り、「練習ではフリー以外も泳ぐ」⇒郁弥との約束を果たすために個人メドレー(バッタ・バック・ブレ)を泳ぐようになって初めてぶつかった世界という壁。
これまでは遙が皆を魅せて来たけど、今度は遙が魅せられる番。3期に入って人間的にも成長著しい遙の新たな一面がまた見られるんじゃないかと、ワクワクが止まりません。

新キャラもワクワクしますね。とりあえず御子柴妹(であり姉でもある)五十鈴ちゃんクッソ可愛い。ボーイッシュだけどめっちゃ可愛い。さすが京アニ。ありがとうございます!!!!!
しかし、五十鈴ちゃん、女子ではかなり強いのでは?兄の清十郎と弟の百太郎は地元の強豪校だけど、五十鈴ちゃんはおそらく東京の高校だよね?鮫柄も全寮制だけど、女の子東京に行かせるってこれ御子柴家ではかなり期待されているのでは?っとか妄想してしまったwあ、でも鮫柄は男子校だっけ?地元に強豪校がないからいっそ東京でなのかもね。
しかし、男達は「江く~ん(さ~ん)」だったが、五十鈴ちゃんは「七瀬さ~ん」でワロタw遺伝子強すぎないか、御子柴家。あ、でも凛と出会ったら「松岡さ~ん」化するのもありだな。遙に対してはあくまで「泳ぎが」と言ってたし。恋の相手は凛でいんじゃないかな!五十鈴ちゃんと筋肉談義で盛り上がりながらも、お兄ちゃんを取られないか心配な江ちゃんをください。そして御子柴兄弟に「江はやらない」とシスコン全開の凛をください(既に映画で実現してるけどw)
そんな御子柴家と松岡家が見たいです!!(笑)

五十鈴ちゃんについて妄想しすぎた。
でだ、今回ついに出てきた「アルベルト」さん。世界記録保持者ということで、圧倒的でしたね!
あれだろ?イアンソープみたいな感じでイメージしてればいいんでしょ?
遙の一切英語を使わないコミュニケーション。でもお互い理解しあえてるのすごく良かった。お箸に苦戦するアルベルトにフォークとスプーン持って行ってあげる優しさ。だが、その間にお箸マスターしているアルベルトさんさすがガチゲーマーや(笑)
てか、9話のアバン、最初別のアニメ始まったかと思ったわ。「え?これ、Free!だよね?OPとか違和感しかないんですけど!」状態でした。

新キャラも出てきましたが、いやこれ絶対4期か映画ありますよね。続かないわけがないよね。というか続かないと困るんですけど。
次回はどんな話になるのか。次回予告で凛と真琴が水族館にいたの超気になる。なんというか、私、凛と真琴のコンビって結構好きなんですよね。お互い遙に思い入れが強い分、遙がいない時の二人ってすごく「素」というか、「本音を言い合える友人」という感じがして。
次回めっちゃ楽しみです!!!!!

PS.
橘コーチがイケメンすぎて死ぬかと思った・・・・・・初恋泥棒いい加減にしろよ!!(理不尽な怒り)
いやだって、もう、岬君への諭し方(?)というか、もう、もう・・・・・・・・ありがとうございました。



Free!の激熱展開の1時間後、「シュタインズゲート・ゼロ」第20話。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああこれええええええええええええええええええええええええええええええええ!これだよ、これが「シュタゲ」だよねえええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!
凄い鳥肌が立った。これ!これが観たかった感ハンパなかったです。

だってもう、もう、もうね・・・・・・しゅごい。しゅごいとしか言えないしゅごい。
これまで鈴羽から伝え聞いてた25年後がどうなっているか。こーゆーことかぁぁぁぁというのが。もう何も言えねぇ(そこだけ水泳ひっぱるなw)

この後どうなってしまうのか、本当に楽しみで仕方がないのですが、もう予想もつかないので、感想としてはみんなの25年後への感想にしようと思うw
ダルはやだカッコイイ、修羅場くぐってきた大人の男やわ。でも合言葉がひどいwwwwwww娘に真顔で何言わせてんじゃ。さすがダル、歪みねぇ。
ルカ子はなんやこのイケメン兄さん・・・・・・・これは「ルカ兄さん」だわ。今まで「鈴羽さん、「兄さん」はひどいんじゃないか?」と思ってたがこれは兄さんだわ。そしてずっと自分はラボメンじゃないと思ってたんだね。ここ凄く切なくなった。オカリンはルカ子だけは巻き込みたくなかったからタイムマシンに関わることを教えなかったのに。それが疎外感に繋がってしまっていたというのは辛い。
そしてフェイリスタン美魔女すぎてwwwえっと、フェイリスさん、40超えてますよね・・・25年前と何一つ変わってないじゃないか・・・真帆タンですらちょっと大人っぽい顔つきになったのに!最高か!

噂によると、原作の2つのルートをミックスさせた(繋げた)超展開になってるそうですね。
でも、設定に違和感ないし、本当よく出来てるよこのアニメ。
最後はどうなってしまうのか?めちゃくちゃ楽しみです!!!!!!!!!


はああ。先週の水曜アニメ最高ですた・・・・・・・

PageTop

時野のタイピングレベルは忍者でござる

以前(約1年前に)ご紹介した
無料タイピングサイト「e-typing」

前回挑戦した時は「347点:Thunder(タイパー初心者。勘違いし始めるレベル)」だったと紹介しましたが。
前回挑戦した際の記事

結局あの後はたまーにしかやってなかったのですが。
久々にタイピングやろうかーと思い、挑戦してみた結果、新記録が出たぞ!!

タイピングNinja

363点:Ninja
WPM(1分間当たりの入力文字数/入力時間):363.48

忍者!といっても前回の「Thunder」の1つ上のレベルなだけですが。
ネット曰く「350~400 【タイパー初級者】タイピングをすれば友人に化け物と言われるレベル」だそうです。
まぁ、ノーミスだから成せた結果であり、その直前にチャレンジした時は画像右側の通り「Good」ですから。悔しくて本気だしたら新記録が出たという。あと、今回挑戦したお題が「ビジネルメール」という、普段使い慣れてるお題だったというのもあるかもね。
大体平均すると時野のレベルは「300~324のFast」率が高いですかね。

ちなみに、ネット曰く、レベル分けはこんな感じになってるそうです。
↓↓ニコニコ大百科参照

000~100 【一般初心者】
練習あるのみ、パソコン買ったばかりでキーボードのキーを目で探してるレベル

100~150 【一般初級者】
キーの位置を覚えて、目で追いながら指一本で打っているレベル

150~200 【一般中級者】
キーの位置を覚えて、目で追いながらも指を数本使い始めるレベル

200~250 【一般上級者】
キーの位置を覚えて十分な速度を手に入れて、俺速いんじゃないかと思い始めるレベル

250~300 【一般最上級者】
指を数本使い、自己流タイプで周りの人間にタイピング速いねと言われるレベル

----------------------------- 一般人の壁 -----------------------------

300~350 【タイパー初心者】
タイピングでは周りに敵無し、タイピングの世界に入っても十分やっていけると勘違いし始めるレベル

350~400 【タイパー初級者】
タイピングをすれば友人に化け物と言われるレベル

400~450 【タイパー中級者】
タイピング、ここまでくれば一人前の中堅タイパーレベル

450~500 【タイパー上級者】
タイピング界でも十分な実力を手に入れたレベル、だが先は長い

500~550 【タイパー最上級者】
ここまでくればタイピングも相当の者、一般の人に対して極めたと言い張っても良いレベル

----------------------------- タイパーの壁 -----------------------------

550~600 【変態パー初心者】
もうあれだ、タイピング極めました、タイピング界でもまともな対戦相手すら見つかりにくいレベル

600~650 【変態パー初級者】
世界は広かった、変態になりタイピングへの情熱を注がなければ届かないそんな世界を垣間見たレベル

650~700 【変態パー中級者】
笑ったら良いと思うよ、変態への道を歩み始めるそんな変態のレベル

700~750 【変態パー上級者】
どこまでも空は禍々しく、そして艶やかに煌びやかにVIPクオリティさえ包括するレベル

750~800 【変態パー最上級者】
さぁ現状数人しかいない、タイピング界の歴史に名を残す天才レベル。

800~850 【変態パー絶対神】
タイピング界に降臨せし現■神、存在自体がもはや宗教


800とかどうやったら出せるのかw
私これ以上は無理だわ・・・・・・ニンニン、ドロンでござる。
昔、人差し指だけでタイピングしてた頃(中学生の頃)ならもっと上に行けたかもしれないが(爆)

まぁ、私、タイピングは早い方だと思うけど、実はキーボード見ながら打ってるらしい。
画面ずっと見てたら絶対ミスる。恐らく、キーボード見ないで打てるようにならないとこれ以上は上達はしないんだろうな。
キーボードを見てしまっているから、問題文を見誤る=打ちミスをするという(苦笑)
ブログとか、チャットとか、メールとか、自分の頭の中にある文章を打つ分には最強なんでしょうね。

そんな分析をしてしまった時野のタイピング自慢でした(笑)
皆さんも是非挑戦してみて下さい~。めざせ変態!

PageTop

この実写なら確かに及第点かもしれない

基本、漫画の実写版は反対派ですが、話題の銀魂、昨年の映画&ミツバ編ドラマの放送見ました。

映画第一弾は途中から見たんですけどね。カブトムシ回の終盤からなんで、紅桜編パートは最初から見ました。
映画公開前にビジュアルが公開された時点で「コスプレの完成度ィ高ぇーなオイ」とは思ってましたけど、ビジュアルは本当似せてますね。動いても違和感なかった。
ただ、セリフ回しとか、そーゆーのも悪くないけど、いかんせんアニメのクオリティが高杉だったので。実写化する意味なくね?みたいな感じで見てました。
というか紅桜編とかアニメが放送されたの10年以上前なのにセリフほぼ完ぺきに覚えてる自分にビックリしたわ(苦笑)まぁ、映画でも紅桜やったけど。それでも何年経ってるんだという話。鬼兵隊のクオリティ高杉じゃね?また子とか完璧すぎワロタ。

まぁ、そんなわけで、紅桜は「漫画実写としてはかなり頑張ってるけど、これ実写化する意味あんのかな?」と思って観てました。でだ、昨晩放送された特別ドラマ「ミツバ編」観ました。

これは実写化ありだな・・・てかかなり面白いし、キャストも完璧。ギャグテンポもいい。何より、打ち合いのシーンはなかなか見ごたえがあってこれは実写ならではの臨場感!
というわけで、ミツバ編凄く良かった。元々話もいい話ですし。真選組のキャストもかなりいいですよね。沖田さんはイメージ通りだし、土方さんもキャスト発表されたときは「うーん?」と思ったけど、動いてるの見たらマジ土方さんに見えてくるから凄い。ちょっと劇場でトッシーが観たくなった。
山崎と原田は本当面白かった。実写でこのギャグテンポ保てるの凄いわ。近藤さんは体のラインが細いからどうなのかと思ったけど、演技力でねじ伏せてくれたなと。さすがや。この近藤さん好きだわ。

漫画実写にはかなり厳しい時野さんですが、銀魂はかなり頑張ってるなと。原作リスペクトも強いし。
ちょっと柳楽トッシー見たさに映画館行きたくなって来たからね。まぁ、行く時間ないけど。観る時間があったらまずは「ヒロアカ」見に行くけどな!(笑)
でも、再放送は見てもいいなと思えましたね。漫画実写の中ではかなり頑張ってると思う。

漫画実写ね。
るろ剣も2はちょこっと放送見たけど、まぁ、悪くはないけど、まぁ、頑張ってる方だよねという評価だったので、純粋に「結構面白いじゃん」となった銀魂はかなり面白かったんだろうなと。
ちなみに、漫画実写で好きなのは「図書館戦争」です(笑)厳密に言うと原作は小説ですが。
まぁ、アニメ見たのがかなり前だというのもあったんだろうけど。思い出補正壊されなかったし、むしろドハマリしたぐらいですからね。あとあれはガチで自衛隊協力のかなり本格アクションだったというのも大きい。実写化の「意味」があったよね。
何よりメイン二人のキャスティングが完璧でしたからね。

とまぁ、漫画実写は本当成功するのが難しいわけですが。
相当頑張らないとファンには受け入れられないですよね。個人的にはもう漫画を実写で荒らしてほしくはないのだが・・・

銀魂ミツバ編はなかなか良かった。見てよかったです。

PageTop