螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

宇宙人とエリート達の日常


ザシュニナ「・・・もしもし?」

の破壊力wwwwwwww
シュールだけど可愛い・・・?なんかよく分からない感覚に陥った。これが異方か。

思わず吹いたシーンが全世界配信されてしまったツカイさんもお調子者(だけど一応エリートだよこの人)な花森君も可愛かったですね。リラックスしてる真道さんも凄く良かった。今週は「みんな可愛い」回か。

対して、夏目さんから不穏なオーラ出てますけど。これ、ツカイさんと一悶着ありそうですけど、公式サイト見たら、やっぱり真道さんと大学の同期設定なのね。浅野さんも同期か。

正統派にSFしてて面白いですね、「正解するカド」。
主人公が頭のいい交渉官なので、話がポンポンスムーズに進むのも見てて気持ちいいかも。
国のお偉いさんたちが物分り良すぎる所もSFというかファンタジーに感じますが(コラ)
まぁ、いきなり未知の宇宙人が現れたら物分り良くならざるを得ないかな(笑)

そんなエリートと宇宙人の邂逅がもたらす(?)世界改造物語・・・?
これ、1クールなのか、2クールなのか。
先の展開が読めなくて楽しい。今後も楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

創造主様、頼みますよ。

レクリエイターズ面白いやんけ!

1話も面白かったが、2話めっちゃ面白い。
というか、この世界観というか設定は無限に面白いエピソード作れるじゃん。この設定を生かすも殺すも脚本次第やな。創造主様、そこんとこ頼みますよ、本当。

キャラクターの個性というか、色んな作品の持ち味が出せるというのが凄い面白い。
元ネタがまどマギ+日曜朝アニメなまみかさん最高でしたwww「お友達には内緒だよ☆」

謎の軍服少女の正体は、主人公が未来で創作する作品のキャラなのかな。という予想は誰でもしてると思うので、もう一捻り、面白設定だといいなー。

そしてお披露目されたED。
原作者の登場率の高さw創造主、お主メインキャラなのかwwwww確かに順応力高かったな。

本当、脚本家の腕次第な設定アニメだなと思いました。今後が勝負。
そして澤野BGM絶好調やなw

3話が楽しみです。

PageTop

選択肢はdボタンで選べるんですよね

前回の記事でネタにはしたけど、
本当に乙女ゲームの様相を呈してきたぞ、直虎wwwwww

第15話が完全に乙女ゲーだった件。
選択肢フラグが画面に映ってたよね。dボタン押せばルートが変わるんですよね?
今週は直之ルートに入ってたけど、選択肢次第では政次ルートと傑山ルートに行けたよねw
どこまでテキスト巻き戻しすればいいですか。「リセット」!!したら3日前に戻れますか!!・・・あ、セーブしてなかった?(笑)

いやはや、なんだかもう、今週の話は見てて、凄い懐かしい気持ちが蘇ってきたわ。
なんかもう薄桜鬼をプレイしてた頃の気持ちを思い出したわwww

あとは、もう、なつさんが女神過ぎて・・・・・・この作品の良心。
ある意味、直親&直虎に振り回され闇落ちした可哀想な姉と義兄の唯一の理解者だよねw

さてと。乙女モードの時野さん的には大満足なのですが、そろそろ燃える合戦シーンとか見たいですね・・・桶狭間もほとんど描かれなかったし。
あと、ここ最近、井伊家と今川家で話が完結してしまっているので、そろそろ家康とかちょこっと出てきませんかね・・・

大河ドラマとしてではないが、今週も面白かったな。

PageTop

あなたは亀派?鶴派?それとも武闘派僧侶?

先日の記事で「おんな城主 直虎」で時野は誰派かという話題を出しましたね。

①井伊直親(亀之丞)
②小野政次(鶴丸)
③傑山

正解は

もちろん、政次(鶴)
決まってるであろうがぁぁぁぁぁぁ!


うん、大河見てる読者さんなら絶対分かってただろうけど(笑)
もうなんなのかな・・・・・・政次が不憫過ぎるだろ。貧乏くじどころじゃない。そりゃ、闇落ちするわ。
闇落ちしつつも、それでも直虎が転んだところで思わず反応するとか・・・え、なにこれ少女漫画?にしてはドロドロしてるから乙女ゲームかな(笑)
オトメイトとかならこーゆーゲーム作りそう(笑)

井伊直虎(おとわ)
主人公。井伊家当主・直盛の一人娘。
お転婆娘だが、色々あって10歳で出家。以降、次郎法師(尼)として領民に慕われる。

井伊直親(亀之丞)
正統派イケメン王子。
子供の頃は病弱な上、父親の謀反により亡命していたが、立派な好青年になって帰還した主人公の元許婚。
おとわと結婚することを糧に亡命生活を乗り切った一途なおとわ大好き王子。
超然爽やかの好青年だが、天然故に周囲の人間を追い詰めていく。(主な被害者:政次、しの)

小野但馬守政次(鶴丸)
THE不幸体質の周囲に振り回らされ・誤解される系ダークヒーロー。
おとわ・亀之丞とは幼馴染だが、父親(井伊家家老)は井伊家から疎まれており、引け目を感じている。
幼少期からおとわが好きだったが、想いは封印し、亀と幸せになることを願ってる姿が切ない。
その後、亀の父の謀反によりおとわと亀の縁談は破談。父の暗躍で政次がおとわの許婚になることになったが、おとわに「亀と夫婦になれないなら出家してやる」と破談される鶴丸少年あまりにも不憫であるw
井伊を貶めようとする父親を良く思っていなかったが、死に際「お前は私と同じ道を歩むことになる」ともはや呪いの言葉を残されるw
仲の良い弟は桶狭間の戦いで戦死。弟の妻・なつ&その息子を実家(井伊家重臣・奥山家)に返せと言われたものの、なつ自身から「小野家に残りたい」と言われ、そのことを奥山に伝えに言ったら、「娘たちを人質にするのか!」といきなり斬りつけられ・反動で奥山を殺してしまう。
その後、おとわとなつのお蔭でなんとかなったが、より一層、井伊家から疎まれることに・・・。
直親には、井伊家を守るためとはいえ、土壇場で汚れ役をやらされたり、極めつけは直親が今川家の罠にハマり、井伊家の重臣が次々と戦死していった結果、おとわに裏切り者だと思われ、完全に敵対する二人。まぁ、この辺りから政次もダークヒーローチックになってきたので何とも言えないのですが。本当に裏切ったのか、それともまだ井伊のためを思っているのか。ここら辺が読めないのが魅力ですよね。どんどん「ああはならない」と思っていた父親に似てきているところもたまらんね。
新章では、このいびつな殿(直虎)と家老(政次)の関係性が楽しみですw

傑山
THE筋肉!筋肉が美しすぎるマッチョ系武闘派僧侶。
彼の魅力は筋肉!ですが(笑)あのなんとも言えない表情ですよね。
笑顔なんだけど怖いというか。でも、やっぱりそこは僧侶なんで、理不尽な死に直面すると悔しさを滲ませたり。
あと、立ち位置が次郎(おとわ)が僧侶としての道を踏み外さないか心配しているお兄さん的なね。
武闘派僧侶なので戦ってるシーンもカッコイイですよね。まさかのダークホースの傑山です。

奥山しの
乙女ゲームでは必須の主人公のライバル女子枠。
直親の妻。良くも悪くも嫉妬深いTHE女子。
長年子供が出来なかったこと、直親が未だにおとわを想っていることにメンタルをやられてしまったある意味被害者でもある。
いや、直親さん・・・いくら天然とはいえ、それは酷いよな・・・と(苦笑)
まぁ、直親の気持ちも分かるけど、しのの暴走はまぁ、仕方がないと言えば仕方がない。
そして、そんなしのに理不尽に攻撃される直虎も可哀想である。
あと結果的に父親を殺した政次への敵対心も凄い。まぁ、元々小野は疎まれていて、そんな家に妹が嫁いだわけなので。唯一の良心である妹のなつの存在が救いですよね・・・。

瀬名
こちらも乙女ゲーム必須である主人公の親友女子枠。
今川家の家臣の娘で主人公の文通仲間。家康の正妻。
ゲーム終盤ではきっと色々活躍してくれる・・・はず。


なんかもう、ちょっと設定弄れば本当にゲーム作れそうだぞ。
ちなみに、公式でこんなおふざけ動画も配信しているというw

女子会編1
女子会編2

これ結構笑ったw第一弾の方はモノマネがちょいちょい似てますよね。
但馬守(政直)と大じじ様(直平)が秀逸すぎるwwwwww

そんなこんなで、スイーツ要素もうっかり面白いおんな城主 直虎。
この間も書いたけど、大河としてのストーリーも結構面白い。
ちなみに、時野的好きな大河ドラマ(2001年以降)はこんな感じです。

1位「真田丸」(2016年)
2位「軍師官兵衛」(2014年)
3位「篤姫」(2008年)※ただし、大河ドラマというよりホームドラマだと思っている
4位「龍馬伝」(2010年)

ここまでが全話見た作品かな。
全話は見てないけど、面白かったのは
「利家とまつ」(2002年)
「新選組!」(2004年)
「功名が辻」(2006年)
「八重の桜」(2013年)

・・・・・・意外と女性主人公モノも好きだった時野さん。
逆に苦手な大河も「江」と「冴えない志士<イケメン>の育て方花燃ゆ」だったりしますけど。
あと、「武蔵」な。「天地人」はOP詐欺だったよな・・・・・・。
つまりは、男だろうが女だろうが、話が面白ければいいんだよ!

今のところ、直虎は4位の龍馬伝と同位ぐらいのポジションにいる。
このまま面白さをキープできれば上位も夢じゃない。今後次第かな。

とにかく今後の展開次第!
楽しみです。

PageTop

2017年春アニメがスタート!

今期ダークホースになりそうな作品が来たと聞いて。

新年度になりましたね。
年度末に愚痴ったダメダメ先輩が残した仕事の処理が結局終わってません。
いや、かなり頑張ってなんとか上層部にギリギリ報告できるレベルにはしたのでなんとか収まってるけど。
そんなこんなんで相変わらず残業ライフな1週間でした。

てなわけで、新番組もいくつか録画してるけど1つも見てません。
読者の方からは「アリスと蔵六」をオススメされたので、見てみようかな。
バンダイチャンネルの期間限定無料放送なら間に合う・・・よね・・・?

そして。ネットの評判だと「正解するカド」がなかなか面白いようですね。
1話の感想とか少し見たけど、確かに面白そう。時野さんは好きそうな感じがする。
そして「BSフジ」放送ならまだ間に合う・・・!ということで早速録画予約してきました。
放送が楽しみです。

PageTop

視聴番組表を更新してみたのだけど・・・

4月になりましたね。
春アニメも開始!なわけですが・・・・
え、えーと・・・・・・・今期、本気で見たいと思うものがないのだけど・・・
現時点の視聴番組はコレ。

2017年春視聴番組

ヒーローアカデミア二期と大河しかない件。
これ、ただのリサーチ不足かな?そうでありたいのですが。
いや、面白そうな新作がないならないで、過去の名作漁るからいいんですけど。
まだ見てないガンダムシリーズ見るのもいいし。他にも「見てみればよかったなー」と思ってる作品もいくつかあるのでチャンスかなとも。
普段時間がなくて断念してるライトノベル読むのもありかな。漫画も社会人になってからあまり読んでないし、話題作は読んでみようかなー。あとは昔読んでた作品の続き買うかな。青エク、おお振り、銀魂はかれこれ4年近くまともに読んでないなと。うん、見るアニメ少ないってのも悪くはないのかもな。

とはいえ!
「これだけは外せない、絶対時野好みだよ!」という作品があったら至急教えてください(笑)
急いで予約します。
早い作品は昨日から放送してるけど、大体、水曜辺りから新作始まるからね。それまでに間に合えば万々歳。

ヒーローアカデミアは早速見ましたよ!
まさかの局変更ですが。番組表に「新作」マークついてなかったけど、昨日から二期でいいんだよ・・・ね?先週からやってましたとかないよ・・・・ね・・・?

やっぱり面白いな。嫌味がない作品で見てて気持ちいい。
こーゆー王道ジャンプ感大好きです。


そして!
あまり期待していなかった大河ドラマ「おんな城主 直虎」
これ、結構面白い。
幼馴染の三角関係的なスイーツな要素もありつつも、それはそれで脚本が上手いのか面白いし。
意外とストーリー自体は硬派・・・というわけではないが、そこそこしっかりしてて。
まぁ、井伊直虎は謎に包まれている人物でもあるので、ほとんど脚色なんでしょうけど、違和感なく楽しめてます。
ようやく「おんな城主 直虎」が誕生しましたが、この後どんな展開が待ってるのか。
今のところ、時野の中の評価はそこそこ高い。この面白さがこのまま続けばいいけどなぁ。どうなんでしょうかね。

ちなみに。
世の女性たちは
「直親(亀)」派「政次(鶴)」派とまさかのダークホース「傑山」派
の三陣営に分かれて楽しんでいるそうですが(笑)

時野さんが誰派かは、皆さんお分かりですよね。
あんなん時野のドストライクやんけ!
「大河ドラマは骨太でないと!スイーツ要素はいらねんだよぉ!」派の時野さんですら、スイーツにさせる魅惑の男。いやいや、あんなん堪らないですよね・・・

ということで、大河見てる皆さんなら分かるよね?


そんなこんなんで、春になりましたね。
今年度も頑張っていきましょう!

PageTop

藤田麻衣子念願のオーケストラコンサート


藤田麻衣子オーケストラコンサート2017
に行ってきましたー!最高でしたーー!!!

麻衣子さんの夢だったオーケストラコンサート。
その夢が叶う瞬間に立ち会えて感動しかない・・・・・・。

途中、涙で視界がぼやけて大変でした。でも隣の席の人も号泣してたし、公演後も「あの曲で泣いたー」と言ってる人がかなりいて、やっぱり泣くよね、そうだよねっと妙に嬉しくなりました(笑)

素敵なコンサートでした。早速DVD予約しました(笑)

最後に時野が泣いた曲のネタ晴らし(セットリストを知りたくない人は読まないでね☆)

涙が止まらないのは」が本当オケとの相性が良すぎて文字通り涙が出かかったけどなんとか堪えたのだけど、中盤の「あなたは幸せになる」で本当に涙が止まらなくなり、続いて「手紙~愛するあなたへ~」が来て、もうほとんど視界見えてなかったです。でも隣の人も大号泣してたので遠慮せず時野さんも号泣しました。見ず知らずの人だけど一緒に鼻すすった仲間意識が芽生えた(笑)

麻衣子さんの曲はピアノベースの曲が多いので、オーケストラアレンジがとても新鮮でした。
あと、元々ストリングベースの曲である「涙が止まらないのは」と「高鳴る」は歌うだろうなと予想してたけど、想像以上の迫力でした。

あとオーケストラってやっぱりいいなっとも思いました。
最近忙しくてオーケストラコンサートに全然行ってなかったけど、今年はどこか聞きに行こうかな。

本当に素敵なコンサートでした。ありがとうございました!

PageTop

愚痴ってるだけで、何も生産性のない記事です。


終わらない終わらない終わらない終わらない・・・

今年度中に作成すると無理矢理宣言させられた成果物が終わらない・・・・・・
本当は半年以上前にはもう無理だと、この人数じゃ無理なんだよ、人増やせと上層部に訴えようとしたら、丁度異動してきた「自称、俺仕事できる」先輩が「時野は2カ月も掛かってるらしいけど、俺なら3日で終わりますよ。人員補充いらないッス」とかほざくせいで、計画修正できなかった結果、3日どころか半年掛かってもお前1つも完成してないじゃないか。時野が自分のノルマ+お前の尻拭いしてんだぞ、ざけんなよ!!(激怒)
というかほとんど奴の尻拭いやんけ。自分のノルマ分は終わってんだよクソがぁぁぁ。

自称、俺できる先輩。実は無能の極みだったという。あまりの無能っぷりに半年で部署異動させられてやんの。ざまぁ。まぁ、隣の部署で同じフロアなんですけれども(苦笑)
しかし、奴のせいでもうさぁぁぁぁぁぁぁぁっぁあぁぁ。大体戦力にならなかったどころか、社内サイトのページレイアウトぶっ壊すわ、社外の人にビックリメール送るわ、社内とはいえそれなりのポジションの人激怒させるメール送るとか毎日毎日カーニバルか!
むしろ業務でほとんど関わってないはずの人から「あの子なんなの!」とヘイト集められるって天才か。
それでも俺仕事できるアピールしてくるのが凄いよね。そのメンタル見習いたい・・・・と一瞬思ったけど、やっぱそんなメンタルいらないわw

うわぁぁぁぁ、今週で2016年度終わるぅぅぅぅぅ。
しかも、なんで土曜日が1日なんだ!最終奥義☆休日出勤CHOJIRIAWASE!もできないじゃないか。金曜日までに完成させろと?この数を?
いや、それでも先週末の段階では終わりそうだったんだよ。まさかの木金に外出予定が入るってね。しかも木曜日歓送迎会で残業できないとか・・・・・・明日とかもうこの仕事しかしないからね。他の仕事一切引き受けないからね?

あまりにも疲れ果てて、汚い言葉遣いが乱舞しておりますが、大目に見て頂けると幸いです。
頑張っても頑張らなくても、色んな意味で今週ですべてが終わる。年明けからずっと走ってきた2017年。4月に入ればやっと落ちつける・・・はず。
4月になったら友人とBL合宿するんだ!(爆)

PageTop

週末は京都をエンジョイしてください、小野寺さん。

昨年末、鬼編集長の誕生日を祝ったので、
彼も祝わないとですね。

我らがツンデレ王子
小野寺律さん、誕生日おめでとうございます!


昨年~今年は作中と同じカレンダーですからね。
今晩は飲み会で、今週末は京都旅行ですか・・・・・・(´v`)ニヤニヤ
とりあえず時野さんは東京大神宮で夜桜見物でもしてきますかね・・・・・・

今年こそ小野寺さんが素直になりますように。


それにしても、セカロマキャラは3月が誕生日ラッシュですよねw
3月 3日(ひなまつり)  ⇒宇佐見秋彦(純情ロマンチカ)
3月14日(ホワイトデー)⇒木佐翔太(世界一初恋)
3月27日(さくらの日)  ⇒小野寺律(世界一初恋)

実はこっそりウサギさんと木佐さんの誕生日も祝ってました。
といっても漫画読むぐらいしかできなかったけど。

そんなこんなで、もうキャラクターの誕生日は祝わないぜ・・・と思ってた時野さんも思わず今年のカレンダー見たら祝わずにはいられなかった高野さん&小野寺さん。
本当生まれてきてありがとう・・・・・・そしていい加減くっつけ!(苦笑)

時野さんがセカコイに出会ってしまってもうすぐ1年。(純ロマは1年経過したw)
俺様編集長(だけど実は繊細ガラスハート)とツンデレ新米編集者(だけど根は素直なお坊ちゃま)のこじれまくった初恋を応援していきたいと思います。

律っちゃん、おたんじょーび、おめでとーございます!

PageTop

久々に震える作品だった

昭和元禄落語心中
終わってしまいましたね。

もう、なんなのこれ、素晴らしすぎる・・・・・・!

八代目八雲師匠が亡くなって16年後。
時代は2011~2年頃・・・かな?

成長した信ちゃん、高校生になった小雪ちゃん兄妹が微笑ましい。
ちなみに、時野さんは信ちゃんと恐らく同い年ぐらいの設定だと思うので、自分の2011年頃を思い浮かべるとニヤニヤしますなぁ。

そして確定はしてないけどほぼ確定な衝撃的な事実w
菊比古を襲名しているのもいいが、大舞台の前に小心者になってるところとか、佇まいとか、師匠そっくりやないかw親分さんそっくりと思われた天パーは隔世遺伝だったのか(笑)

それにしても、このアニメ。ストーリーも演出も、ここぞと掛かる噺の選定も素晴らしいが、何が凄いって演じてる人たちの落語ですよね。落語好きの声優さんがやっているというのもあるが、そのキャラクターの年齢や背景・性格・心情をこれでもかと的確に表現しているのが、本当に凄い。もちろん噺の中の演じ分けもあるわけで。声優の本気を見たなと久々に震える作品でした。凄い。

こりゃ、一期から見返すとまた違った楽しみ方が出来そうだ。
昭和元禄落語心中。素敵な作品をありがとう!!

PageTop