螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

あといくつ伏線回収するつもりなのか

はぁ・・・うるっと来てしまった。

直虎の「もうあんな想いはしたくない!」という涙の訴えと瀬名の固く揺らがない母の決意的な・・・
最近は「すっかり万千代が主人公になってしまって、直虎の出番ないよな」と思ってたけど、今回の為に今までが描かれてきたんではなかろうかっというぐらいいい回だった。

あと、家康が本当にイイ。阿部サダヲの演技に震えてる。
なんて言ったらいいのか分からないが、表情で魅せる演技が素晴らしい。
震えると言えば、海老蔵の信長にも震えているが(苦笑)こえーよ、信長。第六天魔王どころじゃないよ。

そして今週も秀逸な脚本でしたな・・・・・・多分途中から見た視聴者には「スイーツ大河」にしか見えないと思うのだが、1話から欠かさず見てるととんでもない伏線回収してたりするから鳥肌モノです。
万千代が碁盤を崩した時に、家康が思わず「瀬名!」って呼ぶ所とか・・・・・・瀬名様と言えば何かにつけて碁を崩してたからな・・・・・・・これは初期から見てる視聴者は思わず「うわぁっ!」って声が出るほど凄い伏線回収ですよね。このたった一言に鳥肌立った。

先週ラスト、すべてを掻っ攫っていった太守様(氏真)も、結果間に合わなかったけどカッコよかった。
瀬名様は幼い頃氏真の妻になることを夢見ていて、結果売れ残り、お互い今川で残ってたぼんやり殿(家康)と結婚することになったんだったよなーっと。瀬名様が憧れてた蹴鞠小僧が瀬名様の窮地を救おうと奔走してたことが視聴者的にはたまらんですな・・・・・・
本当、幼少期パートから伏線張ってるのね・・・・・・

この大河ドラマは、歴史上「悪人」と呼ばれている人達にスポットを当て、その人達にもドラマがあって、結果「後世、悪人にせざるを得なかった」と持っていくのがテーマなのかなと思いますね。
今の所、救いようのない悪役として描かれてるのは武田信玄だけな気がする(苦笑)
「ババア(寿桂尼)が死んだ!(小躍り)」⇒最期は寿桂尼様の悪夢を見ながら死んでいく信玄。
あれか、後世ヒーロー扱いだからあえての救いなし設定なのかもなwちなみに、武田の暗躍の後ろには真田パッパがいるんだよなと思うと、いやらしい戦略も愛おしく思える不思議(笑)
信長もこのままだったらそんな扱いだけど、まだ存命なので保留。

残り1か月か・・・・・・
この感じだと、最終回で万千代に家督譲って終わり・・・みたいな展開になりそう?
ねぇ、ガチでこのキャスト陣で井伊直政のドラマやろうよ!この先が見たいんじゃ・・・!

スポンサーサイト

PageTop

プリライ6th STAGEシネライ参加しました。

 
「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 6th STAGE」シネマライブ参加してきました。

5月に開催されたプリライの映像上映会に参加してきました。姫里ちゃんと。
今回上映された映像(BD)は12月29日発売。・・・・・・真斗さんの誕生日か(笑)
年末年始はどうせテレビもつまらないし、母親と一緒にプリライ満喫してきます。

HE★VENS初参戦の本ライブ。ライブ自体も5thが2016年1月で、今回の6thが2017年5月末ですから約1年半ぶり。そして今回の映像化にさらに半年。
5thに参加した時野さん的には約2年ぶりのプリライでした。(間に2017年3月のQN単独ライブのライビュは挟んだけど)
というか5thが2年前・・・・・・「年明け早々あまりにも幸せすぎて今年(2016年)は不吉なことが起きそう!」と震えてたら本当に2週間後に救急車で運ばれてたという思い出(苦笑)

毎回怒涛の勢いで進化していくプリライが怖い・・・・・・
今回は初のドーム公演ということで、今まで出来なかったような演出も多くて感動しました。
今回は「魅せる」ステージというよりは、「みんなで楽しもう」的な演出が多かった印象ですね。
毎回言ってるけど、この人達本業アイドルじゃないからね・・・・・・本当ありがとうございます。

各ユニットもそれぞれ絆が出来上がってて、最高でした。各ユニットのキャスト陣の印象。
●ST☆RISH
本当に心から楽しそう。ライブを満喫しまくってて見てて微笑ましかった。

●QUARTET NIGHT
4人の本気が凄い。本当に嶺二・蘭丸・藍・カミュがそこにいる。見た目的な意味でも(爆)

●HE★VENS
お前ら可愛すぎないか!?リーダーを筆頭に皆可愛すぎてヘブンズゲートを開いてしまった。(成仏しろ)


そんな素敵ライブでした。
BDで何度もじっくり楽しみたい。BD発売が楽しみです。

ちなみに、どの曲も趣向を凝らした演出がされてて最高だったのですが、特に印象的だったものを挙げると。(ネタバレ注意)
Melting of snow(カミュ)⇒完全に時野の息の根を止めに来てた(震)
BE PROUD(蘭丸)⇒初めて聞いた時に「なんという曲だ!」と衝撃が走った曲ですが、ライブで聞いたらもはやどうしていいか分からなくなった。ありがとうとしかもう言えない。素晴らしすぎる熱唱だった。泣きそうだった。
NIGHT DREAM(寒色系5人)⇒センターの御仁がカッコよすぎて死にそうだった。一緒に参戦してた姫里ちゃんと「この曲ヤバかったですよね。思わず時野さんの顔を見てしまった」「うん、長年ファンやってるけど、惚れ直しました・・・」という会話が繰り広げられた。
Brilliant Days(音也)⇒これは本当素晴らしい演出。見てて心温まった。
NEXT DOOR(音也・瑛一)⇒噂に聞いていたが、笑わない音也(てらしー)って恐いを超えて辛い。思わず「うわぁぁ」と軽い悲鳴が上げてしまった。完全に音也になってて鳥肌でした。
God's S.T.A.R.(QN)⇒アニメシーンを完全再現する4人の本気が凄すぎて・・・・・・・。カルライBDの特典座談会でも話題に出てたけど、想像以上だった・・・・・・。
不滅のインフェルノ(ヘブンズ)⇒みんな可愛い。すっごい楽しそう。最高。
WE ARE ST☆RISH!!(スタリ)⇒マジ神曲ですな・・・・・・。

他にも色々書きたいが、そうすると全曲になりそうなので(苦笑)
とにかく最高でした。ありがとうございました!

PageTop

2年越しのダンデビFD!

発表時にブログに書けず1週間以上経ってしまったけど……

ゲーム「Dance with Devils」のファンディスク発売が発表されましたね!!
2018年3月22日発売!無印発売から丁度2年ですね。


いやー良かった。FDもう出ないかもしれないと軽く覚悟決めてた所だった(苦笑)
ゲームとしては結構売れたそうですが、なにせ広告代わりに先にアニメをやってたので、その割にはちょっと普通な売り上げだったのでヤバイみたいな言われ方してたので。
ダンデビのゲームかなり面白かったですよ。そういえば、レム様感想で力尽きて本命のリンド感想が途中までしか書けてないんだよな(苦笑)

2年越しのFDですが、ゲームパッケージの堕天使ズルすぎないかwww
でも正直FDで一番やりたいのはシキだよな。
あ、もちろん無印ヒトルート基準のその後が見れるならだが!むしろアクマルートの続きがあったらどんな話になんねん!(苦笑)
シキのヒトエンドはマジで涙で画面が霞んだからな・・・・・・・いい話だった。

映画も見に行きたいのですが・・・・・・
本当は仕事終わりにリンド回を見に行こうと画策してたのですが、その日に限って定時後に臨時の他社との打ち合わせやることになりお流れに・・・・・・チケット買ってなくて良かった。嫌な予感したから当日券買おうと思って正解だった。
果たして時野さんは映画を見に行くことができるのか!?

FDでは、アズナルートが出来てるといいな!(何)
思わず百合ルートが欲しくなるほどアズナさん大好きです。

PageTop

相変わらず上げて落とす脚本よ

最後鳥肌立った。

太守様カッコよすぎて痺れた・・・!

おいおいおい、未だかつてこんなカッコイイ今川氏真が描かれたことありました?
先日の、信長からの蹴鞠オファーに「戦ばかりが仇の取り方ではあるまい」とか言ってたのも痺れたが、今週のラスト何よあれ。

この作品の面白さは、敵方だった人物も魅力的に描かれることなのかもしれない。
井伊から見た今川は「今川憎しー!」なんだけど、今川には今川のドラマがあって、特に今川家滅亡後の氏真の描かれ方は素晴らしい。
あと、魅力的というと、近藤殿もですよね。「おいコラ近藤絶許!」だった近藤殿がチョロすぎてw先日も感想で「猿もおだてりゃ木を植える」とか言われてて腹筋崩壊したwwww

っとまぁ、ラストに太守様がかっさらった感ありますが、本筋に戻って。
もう、信康が・・・・・・見てて辛い。でも、こんな殿の元なら「俺が腹を切るー!」の家臣団大合唱が起きるよね。それを諌める信康が・・・・・・

その前の、大方様と家康の話し合いも凄く良かった。ここちょっとうるっと来た。
「それは通らないのです、竹千代」っていうところが。

そして今回の騒動をすべて目の当たりにしている万千代。
先週、直虎と意見が真っ向対立した万千代ですが、織田と徳川を通して今川と井伊の関係性、井伊が辿ってきた辛さ・悲しみを理解していくのかなとか。そーゆー話になるのかなと。
そして直虎と万千代が和解して、家督を譲ってもらって、大河ドラマ「家なし城主 直政」が完結するのかなと(コラ)


はあああ、来週見るのが辛いのですが・・・・・・早く続き見たい・・・・・・でも辛い・・・・・・・
最近平和なエピソードが続いてましたからね、余計に胃に来ますね・・・・・・ここまで辛い展開は気賀のアレ以来やないか?辛いよぉ。

PageTop

まさかと思うがやはりこの人の血を引いていた?

やっちまった。
これまでもいくつかのアニメを母に勧めてハマらせて来た私ですが。

ついに、
母を「Free!」好きに仕立て上げたぜ・・・!(爆)


先週、書類手続きの関係で実家に戻ってたんですが、娯楽がない実家はもう苦痛でして。
木曜夜に会社から直行し。どうしても日曜日までいなくてはならない事情があり。
金・土・日と三連休暇すぎるぅぅぅぅぅぅぅ!
ってことで、「Free!」でも見るかと。どうせ母親も暇だろうから一緒に見てみる?と誘ってみたら。

「続きが気になる・・・・・・・!」
となって、結局2日間で1期(12話)完走しました(爆)

今度実家に帰る時は、2期のBD持っていくことなりました。年末年始はFree!祭りしてそうです。
これで、来年の3期はリアルタイムで見れるね!(笑)

母は基本的にギャグシーンとかに笑っていたのですが、一か所気になる所が・・・・・・・
真琴が溺れて遙が人工呼吸未遂のシーンで母の結構リアクション大きかったのですが・・・・・・
あれ、私やっぱりこの人の血を受け継いでましたか・・・・・・?ちょっと反応が気になってしまったシーンでした。いやいや・・・・・・

しかし改めて1話から見ると本当面白いな。
そして真琴はやっぱり天使だと再認識しました・・・・・・。まこちゃん尊すぎ・・・・・・

PageTop

全編アニメ画のシュタゲゲームだと?

まだ情報拾い切れていないのですが、
シュタインズ・ゲートのフルアニメゲームが発売されるそうな・・・?

「STEINS;GATE ELITE」公開プレイ動画(PV動画)


2018年春発売とのことで。スイッチ、PS4、PSVitaで発売のようですね。
・・・・・・続報次第だが、買ってみようかな。というのも、PC版でプレイしたので、実家の古いPC(あと3年でサポートが切れるwindows7)にインストールしてるのでね。

でだ。
全編アニメ画っということで。TVアニメにあったシーンはそのまま流用しているようですが。
つまり、TVアニメでは流れなかったシーンは新規作画ってことですよね!?
つまり、TVアニメではかなりマイルド化された萌郁とのあのシーンが新規作画されるってことですよね!(黙れ変態)
つまり、時野さんにトラウマを植え付けた新御茶ノ水駅のあのシーンが新規作画されるってことですよね!(トラウマスイッチ発動ガクブル!)
つまり、あの怖すぎるゲル・・・・・・・おっと誰か来たようだ。


色々トラウマも抉られそうですが、全編アニメ画で動くって面白いなと。
鈴羽はバトルシーンというか、立ち回りが多いキャラだから動いたら面白いだろうなーとか。
俺の嫁ことフェイリスタンとイッチャイチャなオカリンが拝めるってことでFA?

久々にシュタゲやりたいなと思ってたところでの吉報に心が踊りましたよ。
私がプレイしたのは2011年の夏(アニメと同時期)だったので、もう6年以上経過してるんだな・・・
続報楽しみにしています。

PageTop

Fate/stay night [Heaven's Feel] 第一章見たよ。

見てきました。

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]
I.presage flower」


とにかく描写が丁寧かつ作画がクレイジー(いい意味で)
読者の人的には「え!?時野さん、映画見に行くほどFate好きだったっけ?」と思われてそうですが、劇場版決まってからずっと楽しみにしてました。何年待たせるんだよ。
何故って。セイバー、凛、桜の三ヒロインで誰が一番気になるかってそりゃ桜だからですよ!(笑)

とはいえ。
時野さん、原作ゲームはプレイしてないし、ディーン版は見てはいたけど全話欠かさず真剣に見ていたわけではないですけどね。おおよその流れは覚えてる程度。ZeroとUBWは全部見たっという感じ。
でも、ディーン版の頃から桜が気になって仕方がなかった人間なので、今回劇場で拝めるというのでとても嬉しいです。
あと、主題歌の歌詞がとても意味深ぽかったので、途中で考えることをやめました(苦笑)
最後まで見たら改めて曲の歌詞を見て、考えようと思う・・・・・・

それと、サブタイトルの「presage」ってどんな意味なのかとググったら・・・・・・
「前兆、虫の知らせ、予感」
虫 の 知 ら せ !ガクブル

まぁ、まだ第一章ですし、原作やってない人間なので考察とか、感想はあまり書かないつもりですが。
とりあえず、

今晩の夕飯は麻婆豆腐になりました・・・・・・。


PageTop

そういえばまだこのネタ使ってなかったね感

次回
「井伊谷のばら」

もうここまで来ると、逆に「そういえばまだこのネタ使ってなかったねw」感すら感じる。
これ、最終回のサブタイとか期待していいのかな?これまでも重要回のタイトルは凝ってたから。

本編は、まー今週もようできた話でしたな・・・・・・。
金がかかると普請を渋る近藤を「未来の為に」と説き伏せるおとわ。
対して、未来の為に今川を厚遇する家康。この近藤と家康の対比が面白かった。
そして近藤を完全に操ってるおとわ様・・・・・・かのご家老殿を彷彿とさせますなぁwww
首の角度は、政次は上から斜め45度だったけど、直虎は下から斜め45度攻め・・・どっちも怖いw

つか、家康様素敵上司すぎませんか。さすが天下取る男は違うわ。
先週も書いたけど、あんな素敵上司だったら付いていきたいわ。理想の上司すぎるだろ。
でもまだ伊賀越えしてないのよね・・・うわああああああああ!(笑)
本作のキャストで伊賀越え見てみたいわ・・・・・・

昨年は武田サイド(真田)から見た徳川だったけど、
今年は徳川サイド(井伊)から見た武田なんだよなぁーっと。
登場人物が被っているのも面白いし、視点を変えると同じものも違うように見えるから面白い。
そして本多正信は「直虎⇒真田丸」でそのまま行ける感ハンパない(笑)
家康も、阿部家康⇒(伊賀越え前)内野家康⇒内野家康も繋がる感あるよね。

結局、毎週感想を書いてしまってるよな、今年の大河。
中盤まで「大河らしくないが、乙女ゲーム大河として面白い」と思っていたのが、デスノート⇒槍ドン辺りからかなりヘビーになり、直政編になりようやく正統派大河になってきたので、面白くて面白くて。
そして序盤から張っていた伏線が毎週のように回収されていくので、見ていて本当に楽しい。
あのホームドラマで少女漫画で乙女ゲームだった頃の話があるからこそ、今に活きてる。
あと、話の面白さで言うと、最後は直政のサクセスストーリーだっというのも安心して観れる所ですよね。
家を潰された子から家名を取り戻し、草履番から小姓に上がり、最終的には徳川四天王になるわけでしょ。こんなに見てて楽しいサクセスストーリーはなかなかないでしょう。

ラスト2か月。
今回、また月日が経ちましたし。(4年ぐらい動いたよね?)
来週も面白そうな予告だったので楽しみです。

PS
ネットでさっそく「Excel万千代」というフレーズが爆誕してて吹いた。
いや、私も見てて「それ、Excelやないか」と思ったけどwwwwwwww
万千代くん、時代を先取りしすぎや・・・・・・そういえば、「表」って日本ではいつぐらいから使われだしたんですかね?やはり明治以降の西洋文化が入ってからなのかな?それとも実はメジャーではないにしろもうこの時代にあったりして?「星取表」って言葉ができたのはいつできたのかしら。

PageTop

13年の時空を超え、巡り会う人よ~♪

期間限定で
アニメ「遙かなる時空の中で~八葉抄~」の無料配信来ましたね。

ああああ、懐かしい。
元祖・乙女ゲーム原作アニメですからね。(だよね?)
放送されたのは2004年だったのか。私も全話見てたわけじゃないけど、OVAとかも放送されたてからちょいちょい見てたな。
天真君が好きだったなー。第1話の天真君だけで惚れ直した(笑)

それにしても、声優陣が豪華。2004年というかゲーム発売の2000年時点で既に豪華すぎるキャスト集めてますよね。
そして、主人公のあかねちゃんを川上とも子さんが演じてたので、声聞いただけで涙が出てくるっていうね・・・・・・・もうこの声が聞けないのかと思うと・・・・・・・

ヒロインが川上とも子。
八葉が三木眞一郎、関智一、高橋直純、宮田幸季、中原茂、井上和彦、保志総一朗、石田彰。
そのほか、置鮎龍太郎、大谷育江、浅川悠、桑島法子やぞ・・・!

OPとEDも懐かしい。どっちも大好きでしたね。
EDとか懐かしすぎて今EDパートをリピート再生しながらこの記事書いてるわ!(笑)
あとOPは今でもたまにカラオケで歌います。

今は第1話だけですが、
11月6日から2話~13話、
11月28日から14話~26話が配信されるそうです。
公式サイトからYoutubeの配信ページに飛べますよ。
昔見てた人も、見たこともない人も、いい意味で2000年代初期感があるアニメが見れますので、見てみては如何でしょうか。


記事タイトルはOPの歌いだしパロです。

PageTop

草履番トリオ最高か

今回も面白かったな。
ということで、今週の「おんな城主 直虎」感想。

もうさ、毎週毎週どんどん面白くなってるじゃないか。例年、この時期の大河は主要人物がどんどん老いて亡くなっていき、寂しさを感じる頃合いなのですが、今年は今が一番面白い気がする。やっと大河ドラマらしくなったとも言えるが。でもその面白さの基礎になってるのは序盤のホームドラマ要素なんだよなとも思う。脚本の伏線の張り方・緻密さは近年稀に見る巧さだと思う。

今回、凄くいいストーリーだったなと思った。
まずは、ノブ。
逆上する万千代を止めて、諌めるノブ。ここ凄く良かった。

そして、
ノブ「潰れた家の子であることを強みにしてはいかがですか?」
万福「面白いのぉ~ノブは!」
万千代「ではノブは、さすがは裏切り者と言わせる働きをするというのか!?」
ノブ「もちろんそのつもり!裏切り者・恥知らず・だからこそできる働きをいずれお目に掛けるつもり!」

ここ凄く良かったな。いやはや、こうして六角ノブは近藤ノブになるのですね(爆)
最近、真田丸の時代に近づいてきたからか、「これが後のあれに繋がるのか!」的な見方も出来て非常に面白いです。ちなみに、この頃の信繁さんは8歳だそうです(笑)確か15歳スタートだったからもうすぐ真田丸の時代と被るな!立地も近いし、面白い。
あと勝頼のシーンは、真田丸の1話を思い出して辛くなるのぉ・・・・・・

さて、話は本作に戻して。
万千代・万福・ノブの草履番トリオが凄く好きです。万千代とノブの二人では多分こんな分かり合うことはなく、間に入る万福がいてこそなんだろうなと。
なんかこう、万福ってやっぱり玄蕃となつさんの子だなって感じしますよね。

そしてついに来た、問題のシーン。
でも、万千代の陰の努力をちゃんと見抜いていた家康様。これは惚れる!
家康「そなたのことじゃ、日ノ本一の留守居と言われたら、日ノ本一の留守居を本気でやろうと思ったのではないか?」
万千代「・・・・・・誰も、気づいてなど下さらぬと・・・・・・」
やっと努力が認められ、目を潤ませる万千代の表情も凄く良かったな。感動のシーンだった。
からのwwwwwwwwwテンポ神だったな。

あと2か月で終わってしまうとかマジかいな・・・・・・このまま井伊直政主人公で最後まで描こうよ。


さて、次回はまた辛い話になりそうな・・・?
でもそうよね、木を500本を切れば、がけ崩れ起きるわな。
久々に竜宮小僧も出てきたし。さてはて、竜宮小僧とは何者なんですかねー。

PageTop