螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

空っぽだった録画予約に光が射した~♪


「一パイロットからやり直すか、オレンジ畑を耕すかだ!」

やっぱり面白い!
「コードギアス 反逆のルルーシュ」の再放送見てます。
毎週2話ごとなので、6話まで観ました。

11年ぶりのギアス。当時、時野さんの家にはDVDレコーダーどころか、ハイビジョンTV(16:9)すら無く、ビデオテープに録画してたので、本当に11年ぶりに見ました(笑)当時は4:3のテレビで見てたんだぜ。端っこ切れてたんだぜ。

改めて見るとやっぱり面白いなと思うし、私が感じる最後の「アニメオタク全員が見てたアニメ」的な作品だった気がします。
今は放送作品数も激増し、自分好みの作品を厳選して観ることができる時代ですが、ギアス以前は今ほど作品数も多くなかったし、「みんな共通して見てる作品」っていうのは必ずあったような気がしますね。

でだ。やっぱりギアス面白い。これが11年前の作品とか。
まぁ、時野的にR2の中盤は中だるみしたなーっと思っているんですが、「無印は文句なく面白い・・・けどそれも思い出補正かな~っ」とちょっと思ってたけど、やっぱり今見ても面白いや(笑)

ユフィってもっと後半に出てきたイメージだったんですが、5話で出てきてたのね。10話ぐらいかと思ってた。まぁ、出会わないとスザクが学園に入学できないわけだけど。逆にC.C.は3話ぐらいにはルルーシュと再会してたような気がしてたけど、これも5話だったのですな。

今でこそ、「頭脳派嫌味役」を極めた感ある福山潤ですが、当時はルルーシュみたいな役はほとんどなく、凄い意外性があったなーと懐かしく思ったり。当時のじゅんじゅんと言えば、THE好青年が多かったですからね。昨今は好青年役やると「何か裏がありそう」とか言われてるのが面白いなとw
放送前は、ルルーシュとスザク、福山と櫻井逆じゃね?と言われてましたもんね。私も言ってたわ(笑)
確かに今聞くと、ちょっと慣れてない感もするけど、ルルーシュというキャラにいい感じにハマってる声なんですよね。
そんな当時の思い出も蘇ってきて、再放送めちゃくちゃ楽しいです。
今期、新作が時野的不作なので、ギアス再放送が凄い楽しみになってるかも。

BS11では日曜日に再放送中。
ギアスの前後には大河の放送(早虎、本虎)もあるし、深夜は「コード:リアライズ」もあるし(笑)
今期は日曜夜が一番楽しみです。

記事タイトルは、OP「COLORS」の歌詞パロです。

スポンサーサイト

PageTop

まさか逆算して描かれてきたのか・・・?

虎松改め万千代(井伊直政)編になってから面白さが段違いなんですが・・・めっちゃ面白いやんけ・・・
この間、「子役似過ぎ」記事書いたけど、脚本の恐ろしさに震えてる。
というか、今回の大河登場人物で一番資料が残ってるのが井伊直政で間違いないと思うわけですが、伝承に近い直政像を描きつつ、その直政が「これまで出てきた登場人物の影響受けまくってるハイブリットキャラやんけ!っということは、直政から逆算して直親、しの様、直虎、政次達が描かれてきたというのか・・・・!」という第一話から張っていたのであろう伏線に震えている・・・

一見爽やかな好青年を装う辺りはスケコマシ直親(父親)譲りだし、
あの般若顔はどう考えてもしの様(母親)譲りです・・・ついでに大じじ様。
諦めの悪さ・頑固さは育ての「父」である直虎譲り、
狡猾さもある頭の回転の速さ(+六左衛門の脅し方)は碁を指南していた政次譲りと言った所ですかね。

万千代(虎松)と万福(亥之助)の幼馴染感ハンパない主従関係もいいよね。虎松の気性の荒さに対する対処法が適切過ぎる。亥之助、心得すぎワロタw

そして「私たちは幼く、戦う前に終わってしまった」と言ってたのが印象的。それ去年も聞いた気がする。あと、去年は幼馴染に「何のために生まれてきたの!?あなたの人生それでいいの!?」と尻叩きされてたけど、今回は自分から奮起してる虎松様さすがっスw
そんな若者達の活躍が今後も楽しみです。


あとは、氏真様がいい味出しすぎてて・・・・・・ついに、京で遊び呆けているとは・・・余生楽しみすぎだろ・・・と思ってたら信長からの蹴鞠披露しろと言われて、「これで懐に入れれば。仇の取り方は戦だけはない」とか言ってて、カッコイイだろ太守様・・・!と唸りました。

そして松下様が聖人すぎて・・・・・・・我が子のように大事に育ててきた養子がいきなり元の家を再興する!と上司に宣言して、怒る前にショックで寝込んで・・・最終的には我が子の選んだ道を許してあげるとか・・・聖人や!
後々、その息子の家老になるんか・・・・・・

最後に。
ここ最近、ますますサブタイトルの遊びに磨きがかかりすぎじゃないですかねwwwww
「天正の草履番」の次は「この玄関の片隅で」だとぉ!(大爆笑)
元ネタは恐らく「天皇の料理番」と「この世界の片隅で」ですね・・・。

時野的5大「オイw」サブタイ
1位 第16回「綿毛の案」(これは酷い※褒め言葉です)
2位 第33回「嫌われ政次の一生」(前代未聞の俳優の名前にも掛けましたという渾身のネタ)
3位 第21回「ぬしの名は」(しかもこれが後々ちゃんと伏線になっているという・・・)
4位 第38回「井伊を共に去りぬ」(「去りぬ」だと意味が真逆な気もするが?)
5位 第28回「死の帳面」(と書いて「デスノート」と読む。作中、本当にデスノートが登場するから怖いw)

あと、
第11話「さらば愛しき人よ」(直親暗殺回)
第18話「あるいは裏切という名の鶴」(政次の真意が明かされる回)
第39話「虎松の野望」(虎松が井伊家再興する宣言する回)
とか好きですね。
第37話「武田が来たりて火を放つ」(武田に井伊谷が焼かれる回)も地味に好き。

ということで、今年も残り10話ですかね。
ここ最近、敗戦主人公が多かったので、終盤が近づくと胃が痛くなったものですが、今回はむしろここから直政の快進撃が始まると思うとワクワクするよね。今まで辛い展開が続いたから、最後はスカッとしたい。
井伊に幸あれ!

PS
草履投げるシーンにビックリしたんだが、あれは正しい作法だそうですね。
つまり、平成の草履番になるためには、エアホッケーをマスターすればいい・・・?いや、エアホッケーはちょっと違うか?ボーリング?輪投げ??

PageTop

2017夏完結アニメプチ感想

夏アニメ、全話見終わりました。
春から継続アニメが多かった夏アニメ。ちょこっと感想をば。
年末ランキング予想の参考にどうぞ。


■サクラクエスト
途中、挫折しそうになりましたが、丑松会長の高校時代話辺りから少しずつ面白くなってきたなという印象。
この面白さを1クール目から発揮してほしかったのだが・・・・・・
でも、最終回は意外性もあっていいオチだったなと思いました。


■捏造トラップ−NTR−
いやーなんというか、残酷な人間関係でしたなぁ~という感想(苦笑)
ユマ⇒やってること結構残酷w
ほたる⇒酷い
藤原⇒クズ
武田⇒聖職者

武田君だけが良心でしたね。てゆーかマジで武田君いい人過ぎて・・・大丈夫君ならもっといい人と付き合えるよ(号泣)ユマちゃんも同情はするんだけど、ほたるに対しても、武田に対しても結構酷いことしてるんだよなーっと。藤原君は清々しいほどのクズで最高でした。ここまで突き抜けてるクズは一周まわってイイ。話のスパイスになってたなと思います。

でだ。話はまぁ、そこそこ面白かったし。私好みの百合CPだったので、なんだかんだ楽しんでましたが、毎回CMがさ!
百合雑誌のCMを野郎2人でやるとか、誰得なんだよ!(大爆笑)
そんなCMも面白かった百合アニメでした。やっぱり百合はええなぁ!

※なお、こちらの作品は10分アニメですので、年末ランキングには含めない予定です。


■最遊記RELOADBLAST
思い出補正なんかなんのその!というか思い出より面白かったRB。
早く続きが見たい!けど、原作に追い付いてしまったそうで。終盤はコミックス追い越してたそうで。
この続きが見れるのはいつなのか・・・・・・
「アニメ20周年」か「原作25周年」にまたアニメ化してほしいなと思いました。
それにしても、キャスト変更なしでやってくれたの本当嬉しかったです。
封神演義もキャスト変わるそうですし。Dグレですら変更になったわけだし。(まぁ、Dグレは伯爵もブックマンも・・・なので、それならすべて変えてしまおう的な発想もあったんだとは思うけど)
このご時世、貴重な神キャスティング続行でしたね。ありがとうございました。


■僕のヒーローアカデミア二期
二期めっちゃ面白かった・・・一期も良かったけど、二期は段違いで面白かった。
体育祭編も良かったし、職場体験編も良かった。こーゆー「THEジャンプ」な作品大好きです。
三期も決まりましたし、今後の展開が楽しみです。


■Re:CREATORS
なんというか、総集編は結構工夫凝らしてたからいいけど、特番+早めに終了・・・・・・これ2クールでやる必要あったのだろうか・・・?とかちょっと思ってしまった・・・・・・
なんというか、設定とかは凄い面白かったんだけど、肝心の「チャンバーフェスのアニメ」があまり面白いと思えなくて・・・・・・私があの会場にいてあのアニメ見させられたらキレてた自信あるんだが・・・・・・
セツナを生み出した颯太きゅん凄いみたいになってたけど、あれってシマザキさんをそのままトレースしただけなのでは・・・?つまり颯太君はシマザキさんのことをちゃんと理解してて、完璧なシマザキさんを描いたからアルタイルも納得したんだよってことですか・・・?なんかこう、クリエイトしている感じには思えなかったんですが・・・・・・と、終盤が残念でしたが、1クール目は本当面白くて。春アニメで一番ワクワクして見てましたね。


■Fate/Apocrypha
挫折しました。


■活撃 刀剣乱舞
後半は凄く面白かったが、なぜそれを序盤でやらなかった?感が強かったです。
あと、シリアス路線を希望していたのは確かなので、ある程度登場キャラを絞るだろうなとは思ってたけど、いくらなんでも絞りすぎじゃね?
第二部隊、第一部隊の12振り以外で登場した(しゃべった)のって、小狐丸(三日月のお茶仲間)と燭台切光忠&大倶利伽羅(鶴丸と同じ伊達組)だけじゃね?
60キャラを超えているわけですし・・・もうちょっと話をコンパクトにすれば、第三部隊の話とか作れたような気がしてならない・・・・・・
第二部隊の活躍、次は劇場版で!ということですが・・・あれ?劇場版予告に堀川君いた・・・?いなかったような・・・・・・どゆことw

とりあえず、欲望に忠実な感想を言うと、「ufoクオリティの山姥切国広が拝めて最高でした。見た目ただのセイバーだったけど!(爆)」
戦闘ソーンカッコイイし、なおかつ面倒くさいコンプレックス丸出しなシーンも拝めて、合掌しました。
花丸だと、天然キャラ色強いほんわかキャラだったので。ありがたや。


■ひとりじめマイヒーロー
ちょいちょい苦手な所があったけど、支倉様一本釣りで最後まで見れました。
なんだろうね、支倉を応援したくて仕方がない。
とりあえず、
「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」
はBL史に残る名言の一つになると僕は思いました(笑)
思わずお茶噴いたわwwwwwwwww


以上が夏に完結アニメのプチ感想でした。
今年も残り1シーズン。今年の1位はどの作品になるのか。こうご期待。

PageTop

未だかつてないほど観たいと思うものがない

今日から10月ですね。
新アニメの時期ですね。

・・・・・・今期、何見ればいいの・・・・・・?

マジで「Code:Realize~創世の姫君~」ぐらいしか予約してないんですが・・・・・
コドリアはゲームも面白かったし、何より既にアニメ全話完成しているらしいので。

というのも、そもそもアニメ化が発表されたのが、2015年とかだったと思うのですが。
本当かどうかは知りませんが、「中の人たちが忙しすぎてスケジュール抑えられない」みたいなことで、ずっと延び延びになっていたとか。(友人談)
まぁ、早見沙織、前野智昭、諏訪部順一、柿原徹也、森久保祥太郎、平川大輔、梶裕貴、小山力也ですし仕方ない(笑)

そしてもう一つの期待ポイントはシナリオ監修に「一ジョー」さんの名前があることやね。原作ゲームのディレクターさんですね。ゲームを一番分かってる人がちゃんと監修に名前連ねてるのは安心するなと。
コドリアは元々ストーリーが一本通ってて、各ルートの謎が最終ルートで明かされる系の話なので、アニメにしやすいと思うし。

とはいえ、ルパンルートをそのままやってたらゲームの楽しみ(販促)がなくなってしまう気がするので、ルパンルートを基本にアニメ独自展開とかになったらいいなとか。「緋色の欠片」アニメみたいに、「ゲームでは実現しなかった6人全員覚醒\(^o^)/」的なお祭りアニメでもいいと思うんだよね。

さてはて、どこまでアニメでやれるのかが気になりますが、コドリア楽しみです。


DE・DA!
他のアニメですよ・・・・・・何見ればいいんですか。
一応、新作アニメ一覧見たけど、惹かれる作品がほとんどなくて・・・・・・一応、戦国ナイトブレッドは一応予約したけど。なんかこう!燃える熱い作品とか!ミステリアスで引き込まれる作品とか!そーゆーワックワクする奴はどれなのか!!
継続アニメもないし・・・・(Fate/Apocryphaは挫折しました。劇場版のHFは見たいけど)
これはゲーム全振りクールになるかもな・・・・・・・その前にVita充電器見つけないとだけど。(まだ見つかってないのか!)

個人的に2017年にアニメは不作傾向なんだよな・・・・・・夏アニメも終わったし今年のランキング作り出したけど、かなり悲しいことになってる・・・・・・「最初は良かったのに最後ェ・・・・・・」作品多すぎじゃないですかね(苦笑)

仕事で疲れて帰ってきた時の癒しは、夕飯食べながら見るアニメなのよ。
あーでも、こうなったら久々にドラマ見るのもありかな。
「番宣で面白そうだから見ようか悩んだけど結局見なくて激しく後悔した『カルテット』」と
「この間の特別編見たらかなり面白かったな『校閲ガール』」を見るチャンスかなと(笑)

そんなこんなダラダラ書いてきましたが。
皆さまからオススメアニメお待ちしております。あとコドリア見ようぜ!主人公のカルディアちゃんマジ可愛い。彼女自身の設定が特殊ですが、慣れればそれ含めて健気で萌えると思うので。
乙女ゲー系ヒロイン好きの男性陣には是非オススメしたい(笑)

今年も残り3か月。

PageTop

子役がクリソツすぎて腹筋痛い

前から思ってたけど、
おんな城主直虎の子役達が本当クリソツすぎて驚かされる。

みんな、「確かに面影ある・・・!」みたいな配役で。
最新話で虎松・亥之助・直久が出てきましたけど、みんなそのまんま過ぎて。
特に直久なんて、最初、子役の子がそのままやってるのかと思ったよ。最初から14歳ぐらいだったし。いやでもやっぱちょっと違うよね?人代わってるよねって思わずウィキってしまったわ!(爆)
亥之助も面影あるし、そして虎松ですよ。
「いやいや、菅田将暉と心君じゃ全然顔違うだろ」
と思ってたら、元服前演技のおかげで「虎松や!面影あるやん!」となって腹筋痛くなった。

あと、次回予告で「ん?」と思ったけど、高瀬も変わってるのね。でも似てる。
まぁ、子役と大人が似てるは分かるけど、このドラマ最大のよく分からない凄さは、「高橋一生が吹越満に見えてくる現象」ですよね(笑)インタビューで「吹越さん(父親役)に似せるように意識した」と言ってたけどさ。あれは謎現象だったわ。
本当キャスティングが神ってるドラマだなぁオイ。
「龍馬伝で龍臣君と福山雅治似てる!」以来の衝撃でした。


でだ。
先週、サブタイトルで久々に「ちょwww」となった「井伊を共に去りぬ」(笑)
頭との別れのシーン、ちょっとうるっと来た。頭がいい男過ぎてこれは惚れる。
井伊に未練があるおとわに「ババア」と突き放し。でも思わず本当に突き放しちゃって転倒したおとわを心底心配する頭マジイケメンすぎないか・・・・・・
これで龍雲丸ルートも終わりですかね。この二人のなんとも言えない信頼感というか。見ててほっこりした数週間でした。

そして次回から虎松こと直政ルートの始まりですかね。
六左衛門はまた雑巾で顔拭かれるんかwww来週、このシーンが一番楽しみです(爆)


そうだ、最近、忙しすぎて大河感想書いてなかったけど、井伊を再興しないと決めた時の直之がめっちゃ良かったですよね。
「ずっとついていこうと思っていたのに!」てのがね。
最初はさ、「女子には無理だ」と反発してた直之がさ・・・・・・なんか「うわぁぁ」と来るものがあった。
本当さ、この大河、乙女ゲームにしましょうよ。直之ルート超やりたい・・・・・・

そんなこんなで、政次ロス後も楽しんでますよ(笑)
寿桂尼様が死んだとき踊ってた信玄が寿桂尼様の悪夢を見ながら死んでいくのがなんとも言えないシーンだった(苦笑)あと、氏真がどんどん面白キャラになってるし。
残り3か月。どうなるか楽しみです。

PageTop

最期まで須らく観ろ

いつまでも愚痴をトップに載せておくのも・・・なので。

最遊記RBが本当面白すぎて困る。
放送前は、「最遊記新作楽しみだけど、思い出補正強いかもだし、楽しめるかな」なんて思ってたけど、思い出補正どころか今までで一番面白いわ。
外伝も引き込まれたし、三蔵一行も紅孩児達も懐かしいし、独角に震えたし、なにより紗烙三蔵カッコよすぎて惚れる(爆)
いや、紗烙様カッコよすぎじゃね?何なのアレ。あんなん惚れるに決まってるがな・・・・・・マジイケメンすぎるだろ、紗烙様ァ!ハサンさん、ちょっとそこ俺と変わろうか。
1話のモブ梶も3話の登場時から怪しさ満点だった津田健も最高でしたな。でもあの話めっちゃ好き。

1クールだけとか・・・来週で最終回とか・・・・・・いやもうコミックス追い越してしまったらしいけどさ。やっぱり最遊記は面白いなと改めて思いましたね。

OP明けの一迅社のCMも最高ですよね。来週で関俊の癒しボイスが聞けなくなるとか・・・・・・(寂)
最終回も須らく観ます。


PageTop

ずっと仕事の愚痴です・・・不快記事ですみません

仕事の愚痴です。
ご注意を。

あああああああああああああああああああああああああああああ
ムカツクううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう

本当腹立つことが多いのだけど、今日は本気でブチって来た。
むーかーつーくーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

仲がいい女性の方ではあるんだけどさ、なんつーかちょいちょい抜けてるというか。抜けてるというか、「最後にチェックしろよ」みたいなミスが多い方なんですが。(転職組とはいえ時野より一回り上の社会人20年選手)
まぁ、おっちょこちょいはね、仕方がない所もあるのかなと。イラっとすることはあってもずっと耐えてきたよ。でもさ!今日の奴はさ!うっかりとかじゃなくて、考えなし炸裂されて、その上私がミスったような誤解をされるっていうのがね。さすがにカチンと来たわ。で、腹が立った結果、ちょっと上の先輩とバトってしまった・・・反省。
まぁ、正直言うと、女性の暴走+先輩の確認不足が原因のミスで私が誤解されたわけでね。

簡単に言うと、議事録(ではないけど、議事録を思い浮かべると分かりやすい)を書いてた女性が、本来なら1日で終わるような内容を5日ぐらい掛けてたわけです。
まぁ、女性にとっては初めての作業でもあったので、時野は何度か「大丈夫ですか?手伝いますよ」とか「分からない所があれば言ってください」ってずっと毎日声掛けしてたわけですよ。
でも向こうは「大丈夫、なんとかなりそう」と言ってたわけで。私も仲がいいとはいえ、一応一回り年上の社会人ですよ。それ以上何も言えないですよね。
で、私、先週の金曜日が終日外出だったんです。なので、彼女も「自信がないから木曜日までに完成させるから時野も見てね」って言ってたわけですよ。まぁ、結局木曜日に完成せず・・・・・・途中相談もなかったし、議事録作るより簡単なコピペに近い仕事なのでさすがに大丈夫だろうと。
木曜日の帰り際、彼女も「金曜日に先輩君に見てもらうから大丈夫」と言ってたわけで。で、金曜日は終日外出してた私。
で、月曜日。今度は彼女がお休み(月・火)。で、先輩さんから「金曜日に彼女さんから提出されて、俺もチェックしたけど、一応時野さんもチェックしておいて」ってことだったので、私もチェックしましたよ。誤字脱字諸々ありましたよ、直しましたよ。
で、先輩さんから「じゃあ皆に議事録メールしておいて」と頼まれ、私の名前で発信したさ。
そしたらさ?

議事録なのに彼女の恣意的な取捨選択・誤解釈がふんだんに入った内容となっており、上層部激おこ。

というか、会議で決まったこと(データ)をフォーマットにコピペすればいいだけなのに、なんでお前の判断で重要な内容がごっそり消えてるんだよ!
しかもあなた事務職で技術的知識ほとんどないだろ、なんで上司なりに相談しないのか。
普通、自分がまとめてて「不要な部分では?」と思ったら上司に「ここ不要だと思うのですが、残すべきでしょうか?」って相談なり提案なりすると思うのですが・・・・・・
技術職5年目の私ですら判断付かない内容なのに、なんで君が判断できるんですかね。

そもそも、会議で決まったデータをコピペすればいいよとお願いしている業務を、彼女の勝手な判断で変えられて・・・・・・それでも私のチェック不足だと言われるものなの?膨大なデータ(本来は変わっていないはずの内容)を、すべて元データと照らし合わせてすべて私がチェックしろと?なら私が一人で仕事した方が何倍も速いわ(激怒)
新入社員じゃねーんだぞ。社会人20年選手だぞ。ざけんな!
早急に火消しの必要があったけど、彼女が不在(お休み・夏バカンス中)なので、しぶしぶ議事録をメールした私が罪を被る形に・・・・・・

かと言って「この業務は私ではなく●●さんがやりました」と触れ回るわけにもいかず。
まぁ、今日その女性は休みだったっということもあり、先輩が謝りに行くのかと思えば私に謝罪メール出しとけとか言ってくるから、さすがにカチンと来てバトりました・・・ああ、大人げない。
私もさ、怒りすぎだとは自覚してるんだけどさ、まだまだ他人のミス被らされて冷静に対処できるほど人間できてないです。あと、これは私の私怨も入ってしまってるのかもだけど、いかんせん入社1~2年目の職場で理不尽な目にあって来たが故に、甘い考え方の社員にイラァっと来るのもあるんだと思います。
私からしたら今の部署はそりゃ雰囲気も良く、仕事がやりやすい最高の職場で、1~2年の頃とは比べ物にならない天国なのですが、基本ウチの会社はぬるい部署が多いので、むしろ今の部署は全社的に仕事に厳しい部署らしい。だから、ウチに異動して来た人たちは甘い考え方から抜け出せない人も多くてね・・・・・・時野さんの怒りゲージがMAXになるわけです。

あとですね、時野さんが異動して来た頃は、関連会社出向という時野とは比べ物にならない超ハードミッションをクリアしてきた戦士が心の休息の為にいるような部署でもありました(苦笑)
新卒1年目で優秀だった社員を、2~3年目に出向されるっという感じで。ただ、あまりにもハードだし、若手過ぎてあまり出向経験が活かされない・・・ということで、時野の1つ上の代からはもう少し経験積んだ社員が出向するようになったわけです。

で、超ハードだけど、クリアした戦士たちは出世が決まってるエリートですよ。まぁ、若干疲れ気味とはいえ、そりゃ有能な人達ばかりですからね。
1言えば4~5返ってくるような職場だったんですよね。すっごい仕事やりやすかった。
逆にいうと、私も戦士達から仕事教えてもらう時は、1しか教わってないわけで。まぁ、時野さんも3ぐらいは返せてたので特に問題なかったのですが・・・・・・

まぁ、そんな出向制度が変わったこともあり、最近ウチの部署に来る方は、どうも考え方が甘い人が多くてね・・・
ある意味、1年目の職場も、2年目の職場も、今の職場も自分よりレベルが高い人しかいない部署だったので、逆にどうしてそんなミスをするのかとか、周りの影響考えない仕事の仕方をするのか・・・理解に苦しんでます・・・
今までは、優秀すぎる人に囲まれて自分の無能さに打ちひしがれていたので、考えなしな甘ちゃん達の発想が理解できないとです・・・・・・
自分も「1」しか教わっていないわけで。その教え方では通用しないのは分かるけど、じゃあどうすればええのよっていう。

いやね、その甘ちゃんもさ。部下とか、後輩ならいいんだよ。それなら色々指導なり誘導なりして教育するわ。
でもさ、今まで私をイライラさせてきた数多の甘ちゃん達はみんな会社の序列的には時野より上の人達ばかりなんですよ。というか、ウチの部署で一番下っ端なの私だからね。
入社が数年上の先輩とか、今回ブチ切れさせた女性は転職組で入社したのは2年前だけど私より一回り上だからな。社会人としての経験は比べ物にならないわけですよ。
だからやんわり軌道修正をするけど、教育する立場にはないわけ。そこが歯がゆい。
他にも、30年以上事務職をしてきた大ベテラン女性に技術的な知識を必要とする業務の手伝いをお願いしたり・・・教えるのは私なわけで、気を使いすぎてもう疲れたよ・・・・・・それでなくても会社の上層部に伺いを立てることが多くて気疲れする業務なのに。

もう疲れた・・・・・・時野が細かすぎるんですか?でも会社の上層部だったり全国の支店長とかに情報発信するのにミスしちゃまずいのってあたりまえじゃないの?
ブログは誤字脱字だらけだけどさ!仕事は金貰ってんだからチェックしろよと。
ちょっと考えれば、それやったらどんな影響出るか予想つくじゃん?って思ってしまうのもいけないのかな・・・
つくづく、時野さんはリーダーとかに向かないなと思ってしまった・・・・・・ハァ。自己嫌悪。

あ、一つフォローすると、時野とバトった先輩は出向組ではないけど普通に仕事できる先輩だし、普段は凄く温厚な人です。というか温厚すぎて後輩に厳しくできないから、後輩(時野から見たら先輩)が調子に乗ってくるので時野がキレるの図ができるわけですが(苦笑)

最近、資格試験の勉強してて。結構難易度高めのやつ。
毎日、仕事終わりに勉強してるわけですよ。それで結構疲れてる所もあってね。
さすがにイライラがMAX超えてヤバイ状態だったので、
今日は勉強を諦め一人カラオケに行ってきました\(^o^)/
一人カラオケ・・・大学生の時以来や・・・・・・大学時代は平日の空いてる時間帯にカラオケ行けたので、一人でも特攻しやすかった。
久々のヒトカラなので、友人と居る時には歌えない曲(BL作品曲だったり、難曲で人にお聞かせするには絶えない曲)を熱唱して大分落ち着きました。
まぁ、大分落ち着いても↑の怒涛の愚痴ですからね。カラオケ行かずにブログ書いてたらマジでヤバイ内容になってた気がするぜ・・・・・・それぐらい今日はヤバかった。

さーて、明日は彼女さんが出勤してくるが・・・・・・普通に接せるように頑張ります・・・・・・忘れろ・・・怒りを忘れるんだ時野・・・その為に関係ない読者さん巻き込んで愚痴全世界発信したわけだしな・・・・・・冷静に!冷静にだぞ・・・!

ということで、長々と愚痴ばかり垂れてすみませんでした。

PageTop

闇落ちお手の物!

活撃 刀剣乱舞。
つらい展開よのぉ・・・

「闇落ち・暗殺・お手の物!」

になってる堀川君・・・
※ゲームの堀川国広のキメ台詞は「闇討ち・暗殺・お手の物!」です(苦笑)
※新選組関係の刀剣男士は皆クセが強く、一番常識人(男士)っぽい堀川君ですが、このキメ台詞を聞いたとき、「ああ、やっぱ堀川君も新選組の刀だなw」と思った思い出(笑)

まさか兼さん大好きすぎる堀川君と兼さんが仲違いするとは・・・(驚)
お互い元主である土方さんを想ってこそのすれ違いなのが辛いですね。
そして土方さんの最期を見届けられなかった兼さんと、最期まで一緒だった堀川君の違いね・・・どっちも辛いよな・・・でも堀川君が危うすぎる。歴史が変わっても生き延びたとしてもそれが幸せに繋がるとは限らないんだよな・・・・・・

そして次回は箱館戦争だとぉ!?
ってさすがに2年間江戸に逗留するわけじゃないだろうから、一度本丸に帰還しないにしても主による転送はするとは思うのですが。本来なら堀川君を外すはずですが・・・・・・さてはて。

函館へ旅行したのが7年前の夏。
五稜郭も、箱館奉行所(復元)も、一本木関門も行ったさ・・・・・・ああ、懐かしいなぁ~。

話を戻して。
堀川君は、第二部隊はどうなってしまうのか。あんな所で終わるとか1週間ドキドキです・・・


PageTop

エアオトパ2017!

オトメイトパーティ、エア参戦!(=家で思いを馳せる)
新作情報にニマニマしてました。時野です。
2018年は面白そうなゲーム目白押し!毎日クタクタだが、頑張って来年まで生きる!!

まずは、続編から。

「Collar×Malice」ファンディスクキタァァァァ\(^o^)/

待ってた。待ってました。早くやりたい。
白石さんを一刻も早く幸せにしてあげたいぃぃぃぃぃぃ!!!!
白石さんはハッピーエンドという名のビターエンドだったので。それもそれで凄く味があっていいのだが。でも!幸せにしたい。早く!白石さんを・・・!
笹塚さんにドM心をくすぐられ、柳さんにドS心をくすぐられた本作ですが、白石さんもめっちゃ好きです。あのなんとも言えない・・・・・・!とりあえずFDでは真っ先にプレイして救ってあげたい人です。そして白石ルートの市香ちゃん(主人公)が一番好きかもしれない。市香ちゃん、早く景之を幸せにしてあげてくれ・・・!

それにしてもFDは楽しみだが、怖い所もあるよな。
特に柳さんな。あの人、FDではドロッドロの甘っ甘になるに違いない・・・・・・本編ではみんなのお父さんでしたが、この手のキャラは一度スイッチ入ったら開き直って凄いことになるって相場は決まってるんだぜ!
峰雄君は変わらずネタキャラになってるんだろうな。峰雄君は変わらなくていいからね(笑顔)
岡崎さんも変わらずメンドクサイキャラでいてくれることを祈ってます。
そしてFDでも笹塚さんに罵られることを期待しています。(文面だけ見るとただの変態や)

2018年の発売が楽しみです。しかし2018年か・・・
柳さんどころか白石さんも年下になってしまうとか・・・・・・ハァ・・・orz


二作目。
昨年もちょろっと発表されてたけど、PVに滾ったのが、「真紅の焔 真田忍法帳」ですね。
総監督に藤澤さんとか・・・薄桜鬼のプロデューサーさんですよね。
キャストもガチすぎやろ・・・・・・諏訪部、杉田、興津、鈴村、保志って・・・・・・(涎)
薄桜鬼はかなり史実に沿わせてたけど、今回はある程度パラレル要素強いのかな・・・?
九度山に幽閉されてる所からスタートとか、この時の史実の信繁さんの年齢・・・ゲフンゲフン。
続報が楽しみな作品です。

そして三作目。
いやこれね、PVのクオリティというかノリというかテンポが最高すぎて。

VARIABLE BARRICADE


イケメン・高スペック
全・員・無・職


が面白すぎてwwwwwこのテンポwwwwwPVの大勝利すぎるwwwwwww
あと、主人公が「ツンデレお嬢様」という、乙女ゲームの主人公としてはなかなか異色な設定なのも惹かれてしまった・・・・・・なにこれ面白そう(笑)

そんなこんなでエアオトパ楽しかったです(爆)
ふぅ・・・頑張って2018年まで生きるぜ・・・・・・心の糧!


PageTop

必ず俺達が止めてやる!

寺田屋事件(1866年)から数日後。
時間遡行軍から坂本龍馬護衛ミッション中に土方歳三とすれ違う和泉守兼定。

「嬉しいだよ、土方さんに会えて・・・・・・あの人、これから大変な日々が待っているっていうのに、あんなにも・・・あんなにも精悍な顔して・・・たまんねぇーよ・・・」

「おまん、どうする気じゃ?」

「どうするって・・・・・・俺達は歴史を守る為にここにいる。だから、あの人の人生にどんな不幸が訪れようと、そうなるように戦うだけだ。俺は土方さんから龍馬を守る。歴史を守る。」

「お前らが新選組を助けようってんなら、必ず俺達が止めてやる!」

兼さんんんんんんんん!
やばい、これは鳥肌立った。兼さんマジ第二部隊の隊長だわ・・・・・・
ちなみに、赤文字が土方歳三の愛刀「和泉守兼定」のセリフ、青文字が坂本龍馬の愛刀「陸奥守吉行」のセリフです。

そうして割り切れた和泉守に対し、割り切れないもう一つの土方さんの愛刀「堀川国広」・・・

「龍馬さんがここで死ぬことになったら、土方さんの未来が変わるかもしれないって・・・・・・」「どうして大切な人を助けることもできないの?兼さん・・・・・・」

兼さんと逆方向に歩き出す堀川君・・・・・・なにこれ辛い・・・そして次回予告が不穏。
サブタイトルが「鉄の掟」だから、これは来週は新選組回かな。

それにしても、寺田屋事件が1866年。大政奉還(≒龍馬暗殺)まであと2年。
陸奥守も辛いが、この頃の新選組って一番の隆盛期なんだよね。
そんな時の元主を見てしまった和泉守と堀川も辛いよな・・・・・・

時野さん歴史好きと言っても幕末はそんなに詳しくないのですが、
大学生の時に「竜馬がゆく」を読み、「薄桜鬼」にドハマリしたので、龍馬絡みと新選組絡みの事件は任せろ!(苦笑)

まぁ、司馬遼太郎の創作も多いから、「竜馬がゆく」はあまりアテにはならんのだがな。それこそ、司馬の寺田屋事件は新選組が出てくるし。史実では大筋否定されてますよね。龍馬の歩んだ歴史の大枠を掴むのにはピッタリですが。
薄桜鬼はゲームだけだとそんなに詳しくならんかもだが、いかんせん、時野さんは「山崎ルートを捏造」する為に色々年表を調べたもんさ。ハッハッハ!(笑)

とうらぶに話を戻して。
兼さんの決意に震えた回でした。
来週の堀川君が怖いですが・・・これは第一部隊にメンタル鍛えてもらった方が良いのでは・・・三日月(最年長・みんなのおじいちゃん)、山姥切(国広兄弟)、骨喰(今の堀川君に近かった)辺りで説き伏せてくれていいと思うのよね。

次回がドキドキです。

PageTop